CoinPostで今最も読まれています

インド政府は仮想通貨を禁止せず、証券ではなくコモディティ(商品)として認定か

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

インド政府は仮想通貨取引をどう規制するか
これまでにインド国内での仮想通貨の全面禁止が囁かれていたが、関係者の情報によると、現在のところ全面禁止を行う予定はないようだ。また、インド財務省内の仮想通貨パネルの関係者から得られた情報によると、仮想通貨が”コモディティ(商品)”として見なされる可能性がある。

インド政府は仮想通貨取引をどう規制するか

インド政府の仮想通貨規制については、これまでに多くのFUD(恐怖、不安、疑念に関する噂)が飛び交っていましたが、結局のところ仮想通貨を全面的には禁止しない意向であるようです。

また、財務省内に設けられた仮想通貨の有識者パネルは、仮想通貨を証券ではなく”コモディティ(商品)“とみなす可能性を示唆しています。

同パネルの議論に参加した匿名のインド政府高官は米メディアのQuartzの取材に応え、以下のように語っています。

政府の関係者の多くが仮想通貨の全面禁止を計画しているとは考えておらず、むしろトレードの規制や資金の流入元の特定に注力するべきだと考えている。仮想通貨を商品として認定することで、我々はより合理的な取引規制を課すことができる。

6月には、経済局の長官であり仮想通貨パネルの委員長を務めるSubhash Chandra Garg氏がインドのTVニュース番組「ET Now」に出演し、現在の規制の草案が7月上旬のうちにまとまる予定であると発言しました。

同委員会は2017年の12月に設立され、インドの中央銀行や取引委員会の高官などが参画しています。

同委員会が現在最も重要だと位置付けている懸念点は、投資家の資金移動の追跡とマネーロンダリング、非合法的な経済活動であると同氏は述べています。

トレードは決して法律で罰せられる行為ではなく、我々の多くが株式市場で様々な資産を取引している。これは仮想通貨のトレードと何ら変わりはない。

よって、最も考慮されるべき点は購入に充てられている資金の健全性を確かめることであり、資金源を追跡することが何よりも重要だ。

インドの仮想通貨企業の対応

インド政府の懸念点に対応するべく、インドの仮想通貨企業はすでに政府の調査に応じる意向を示しています。

企業の多くでKYCやマネーロンダリング対策に関するガイドラインがすでに整備されており、彼らは様々な助言を受け入れる意思も示しています。

インドの仮想通貨取引所Coindeltaの共同設立者であるShubham Yadav氏は、

我々は政府と協力し、規制の枠組みを作成する手助けの準備も整ってきた。特に、全取引のブロックチェーンをモニタリングするシステムなどを提供することで政府に協力できると考えている。

と述べています。

CoinPostの関連記事

インド中央銀行:銀行業者の仮想通貨取扱い禁止措置・期限は7月5日
インドの中央銀行であるRBIは4/6、同機関に登録されている銀行業者の仮想通貨の取扱いを禁止すると発表しました。禁止令が施行される日時が目前に迫っており、いくつかの取引所は顧客に資金を出金するよう呼びかけています。
インド:中央銀行の規制発表後も仮想通貨取引高は増加|原因と今後の動向
インド準備銀行は4月上旬に国内銀行に仮想通貨関連企業との関係を断つことを要求する規制を発表しましたが、国内の取引高は増加しています。規制の実効までの猶予期間を利用した国内投資家の「駆け込み需要」が原因と考えられます。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/02 木曜日
16:53
プロトレーダー向けNFT市場「Blur」の戦略とは
イーサリアムのNFT経済圏では、プロトレーダー向け NFTマーケットプレイス「Blur」のシェアが急拡大している。2月1日時点でBlurの出来高は7,248 ETH(15億5900万円)でOpenSeaを上回った。
16:35
平議員「なぜ日本の政策にweb3が必要なのか」 岸田総理は前向きな答弁
自民党web3 PT座長の平将明議員は、衆院予算委員会にてデジタル分野における国家課題(政府のweb3政策)について質問を行い、岸田総理は前向きな見解を示した。web3には暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン、NFT、メタバース、DAOなどが含まれる。
12:35
テザーCTO、セルシウスからの借入を否定 破産報告書に反論
テザー社のPaolo Ardoino最高技術責任者は、破綻した暗号資産(仮想通貨)融資企業セルシウスの破産報告書で指摘された融資内容について強く否定した。
12:20
ChatGPT、サブスクプランを発表
米OpenAIが、世界各国で流行するAI言語モデル「ChatGPT」の月額20ドルのサブスクリプションプラン「ChatGPT Plus」を発表した。ChatGPT無料版は引き続き提供し、ユーザー獲得に結びつける方針だ。
12:03
FOMC好感でビットコイン24000ドル台に上昇、イーサリアムは前日比5%超
警戒されていたFOMCおよびパウエル議長会見内容が市場に好感され株や暗号資産(仮想通貨)が反発。ビットコインが24000ドルを回復したほか、Shanghai(上海)アップグレードを控えるイーサリアム(ETH)が上昇した。
11:40
Stargate Finance、STGトークン再発行を提案
Stargate Financeは1日、すべてのSTGトークン再発行を提案した。アラメダリサーチのウォレットから資金が不正流出していることをリスクとして指摘している。
11:15
CoinbaseNFTの事業再編計画
米大手仮想通貨取引所コインベースのNFT電子市場「CoinbaseNFT」について、事業再編の中でクリエイタードロップ機能を停止することが明らかになった。CPOを務めたSurojit Chatterjee氏は2月3日に退社予定だ。
10:25
米メタ社、VRフィットネスアプリWithin買収に一歩前進=報道
米メタ社は、VRアプリメーカーWithinの買収に向けて一歩前進した。米地裁がFTCによる買収阻止の申し立てを却下した形だ。2022年第4四半期の決算報告も行った。
10:05
BTCの投げ銭が可能なSNS「Damus」が提供開始
分散型SNSアプリDamusは、アップル社のApp Storeで入手が可能になったことを発表。Damusはツイッターキラーとも呼ばれ、仮想通貨ビットコインの投げ銭もできる。
08:15
BNBチェーン、分散型ストレージを発表
BNBチェーンは、分散型ストレージBNB Greenfieldのホワイトペーパーを公開。バイナンスのCZ氏は、仮想通貨BNBの実用性が拡大するとコメントしている。
07:05
NYダウ・仮想通貨関連株全面高 FOMCで利上げ幅縮小を受け|2日
2/2(木)朝の相場動向(前日比) 伝統金融 NYダウ:34,092ドル +0.02% ナスダック:11,816ドル +2% 日経平均:27,346円 +0.07% 米ドル/円…
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア