スリーアローズの債務は4,800億円、債権者リストが明らかに

27社に合計約4,800億円の債務

暗号資産(仮想通貨)ヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)の清算人は18日、裁判資料を公開。破産した3ACが、27の仮想通貨企業に合計約4,800億円(35億ドル)の借金を負っていたことが明らかになった。

関連初心者でもわかる仮想通貨ヘッジファンド「Three Arrows Capital」とは|企業の特徴や運用実態を解説

最大の債権者は、デジタルカレンシーグループ(DCG)のブローカー子会社に属するGenesis Asia Pacificであり、3ACに23億ドルを貸し出していた形だ。ジェネシスのマイケル・モロCEOは最近、DCGがGenesisの負債の一部を引き受けたと述べている。

DCGの広報担当者は「DCGとGenesisのバランスシートはともに健全な状態を維持」していると話した。3ACに影響を受ける資産は残っていないため、Genesisは引き続き十分な資本を有しており、その事業も通常通り行われているという。

3ACに融資した額が、DCGに引き続き多かったのは、Voyager Digitalだった。ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の形で、3ACに6億8,500万ドル以上を貸し出していた。

Voyagerは、3ACの破綻により不良債権を抱え、5日に米連邦破産法11条の適用を申請している。

米連邦破産法11条(チャプターイレブン)とは

日本の民事再生法に似た再建型の倒産法制度。経営を継続しながら負債の削減などを実施し、企業再建を行う。申請後に債権取り立てが停止され、債務者は負債の整理に取り組み、原則120日以内に再建プランを策定する。

▶️仮想通貨用語集

関連再建に取り組むVoyager、顧客資産500億円の出金許可を裁判所に要請

この他、3ACの有名な債権者としては、仮想通貨取引所Deribitの親会社DRB Panama、Celsius Network(約7,500万ドルを貸付)、CoinList Services(3,500万ドル)およびFalconX(6,500万ドル)などが挙げられた。

Celsius Networkも今月、チャプターイレブンにより破産申請を行ったが、約11億9,000万ドルの赤字が判明したところだ。

関連破産申請したセルシウス、1,600億円の赤字が判明

債権者のコメント

FalconXの、執行業務・パートナーシップ責任者Kushagra Shrivastava氏は、コインポストの提携メディアThe Blockに対し「重大なエクスポージャー(3ACに影響を受ける資産)や損失はない」と述べた。同プラットフォームの平均担保率は160%以上であるという。

Coinlistの広報担当者は、同社が現在、3ACに融資した資産を回収するために法的手続きを行っているところだとコメントした。また、3ACの債務不履行は、ユーザー資金には影響しないと続けている。

Coinlistは、2021年10月にシリーズAラウンドで1億ドルを調達しており、万が一資産を回収できない場合でも、何年も事業を続けるゆとりがあるとも述べた。

債権者委員会結成

3ACの債権者委員会は、5人構成で結成されたと伝えられる。関係筋によると、DCG、Voyager、Coinlist、Blockchain.com、 Matrixportの代表者が参加する形だ。

3ACの清算人である米コンサルティング企業Teneoは、シンガポールの裁判所に、英領ヴァージン諸島の清算手続きを認めるよう申し立てたところである。

3ACは、仮想通貨業界最大のヘッジファンドの1つに成長していたが、5月に無担保型ステーブルコインUSTのディペッグと、それに続くTerraエコシステム崩壊などにより大きな損失を被り、破産に至っている。

関連スリーアローズ清算人、シンガポールで権限申立てる

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します