ビットコイン採掘難度は前回比-5%(3連続下落)、ETH/BTCでは潮目の変化も

仮想通貨市況

21日の米株式市場ではダウが前日比162ドル(0.5%)高となり3日続伸。懸念されていた米企業の決算シーズンにおいて、発表された業績が市場予想を上回ることが多く、景気後退への警戒感が和らいだ。

また、今月下旬に控える米連邦公開市場委員会(FOMC)で、1.00%の大幅利上げ観測が後退したことも投資家心理の改善につながっている。

21日時点で、米上場企業におけるマイニング関連銘柄の株価が上昇。Riot Blockchainが前日比8.55%高となったほか、Marathonが8.18%高、Hut 8 Mining Corpが5.61%が高と続いた。

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比+0.58%の316万円(22,997ドル)となった。

BTC/USD日足

下落トレンドの最中にして一時的に上げ足を強めたことから戻り売り圧力にさらされやすく、昨日の決算発表で明かされたテスラ社の保有するBTC大量売り報告もネガティブに捉えられた。一方、現時点では6月中旬以降のレンジ上限22,000ドルのサポートを割り込んでおらず、昨日は米国時間に押し目買いが入った。

The Merge(ザ・マージ)を控えるイーサリアム(ETH)は、BTC建てのETH/BTCで急反発するなどより強い。

ETH/BTC 日足

DeFi(分散型金融)市場の大混乱が一旦終息に向かったことで、”潮目の変化”が浮き彫りとなったと言える。

関連:FTXサムCEO、「最悪の事態は過ぎ去った」

デリバティブ(金融派生商品)市場では、オフショアプレミアムが2%超の水準に達した。

Arcane Research

主要取引所におけるビットコイン先物の年間ベーシスは2.06%に。先週はバイナンスが2.44%、FTXが2.06%となっている。

オンチェーン分析

オンチェーン分析企業Santimentは19日早朝、BTCクジラ(大口投資家)の活動が活性化したことを伝えた。100万ドル(1.37兆円)規模のアドレスの取引量が過去1ヶ月で最大レベルまで急増した。

このような動きは、トレンド転換の前触れとして発生することがあるという。

BTC価格が19,000ドル台にあった13日には、2万ドルを割り込み相場の不確実性が極端に高まった6月中旬に減少していたクジラの数が、過去30日間で1.12%増に転じたことを報告している。

マイナー情勢

昨日行われたビットコインのディフィカルティー(採掘難易度)調整は、過去1年で最大の下落となる前回比-5.01%となった。

btc.com

BitInfoCharts.comのデータによると、過去1週間の移動平均ハッシュレート(採掘速度)は7%以上低下し、200EH/sを割り込んだ。

マイナーの収益率を算出・指標化した「Puell Multiple(プエル倍数)」は、6月中旬の暴落時点で過去最低水準の0.35まで低下した。比較対象として、1BTC=3,300ドル台まで下落した18年12月の大底ではプエル倍数0.30、20年3月のコロナ・ショック時には0.37を付けている。

lookintobitcoin.com

ビットコインマイナーは過去2か月間、手許資金確保と事業コスト捻出のため、採掘量よりも多くのBTCを売却せざるを得なかったとされる。今年6月には採掘量3,900BTCに対し、売却量は14,600BTCに及んだ。

一方、大手マイナーが抱えた在庫分を放出すれば売り圧力は減少する。Hash Ribbons(ハッシュリボン)インジケーター点灯前との観測もあり、事業存続が難しくなったマイナーの降伏シグナル及び淘汰の兆候は、相場の底が近いことを示唆する。

Glassnode

前週までのBTC大幅反発に伴いビットコインマイニングの収益性は前週比13%上昇した。マイナーの推定収益は平均1,770万ドルほどと見られる。この値は、昨年11月のBTC相場のピークから60%以上減少している。

bitinfocharts.com

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します