CoinPostで今最も読まれています

ICOとは?/仮想通貨クラウドセールについて詳しく解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ICOとIPO(新規上場株式)を比較しながら解説
IPOでは新規株式が報酬ですが、ICOでは新規仮想通貨が配られます。投資家から現金で集めるか仮想通貨で集めるか、という違いもあります。
メリットとデメリット
ICOは投資後の伸び率が10,000%以上になる場合もありますが、最初から開発する気のない事業者が集金目的でICOを行うといった詐欺もあります。
ICO参加の流れ
通貨によって参加方法は違いますが、共通しやすい流れがありますので紹介します。注意点としては取引所からではなく専用ウォレットから送金してICO参加する場合が多いです。
目次
  1. 概要
  2. ICOの流れ
  3. ICOのメリット
  4. ICOのデメリット
  5. ICOの参加方法
  6. まとめ

概要

ICOとは、仮想通貨やトークンのクラウドセールのことです。取引所に上場していない新規の仮想通貨を発行し、販売することで開発費や研究費を調達する、という仕組みです。

取引所に上場後の価格上昇率が高い仮想通貨業界において、ICOの人気は年々上がっています。

ICOの流れ

ICOの流れを理解するには、株式の新規上場の流れと比較すると分かりやすいと思います。

上場前の会社が株式を発行し購入してもらい、資金を調達するIPO(新規上場株式)と同じような流れです。

まずはIPOの流れを紹介します。

一方でICOはこういう流れになります。

IPOとICOの違いとして、IPOでは現金⇄株式ですが、ICOでは仮想通貨(ビットコインやイーサリアム等)⇄新規仮想通貨という形になっています。

ICO後、事業者は集めたビットコインやイーサリアム等の仮想通貨を取引所で現金に換金し、サービス開発費に充てることになります。

これだけの違いであればただの資金調達にも見えますが、投資家に渡される新規仮想通貨には様々な用途が設定出来るため、単に株式を受け取るIPOとは様々な違いが出てきます。

例えば、決済に特化した仮想通貨であれば、普及率が高くなっていくに連れて激しく値上がりしていくでしょう。ICOを実施した会社が開発しているサービス内での報酬や使用料金として使われる通貨であれば、そのサービスが支持されるかどうかで価格が決まります。

更に、IPOでは証券会社が株を売り出し、それに伴って監査もあるのですが、ICOは証券会社のような間に立つ幹事が存在していません。

そのため、特定の金融機関を通さず、個別で仮想通貨の資金を調達することが出来ます。

また、IPO以外ではクラウドファンディングともよく比較されます。

しかし、クラウドファンディングの報酬は商品や特典ですが、ICOで配られるのは通貨であるため、第三者にも簡単に移転させることが出来る高い流動性があります。

ICOのメリット

海外では現在、VC(ベンチャー企業の株式などを引き受けることによる投資)の投資額よりものICO(Initial Coin Offering)で集めた投資額が大幅に上回っています。

大きな要因として、ICOでは投資者への還元率が高い、という点が挙げられます。

株のIPO(新規上場株式)での投資額に対する還元率と比べてみても圧倒的に違います。IPOは上場時に平均で約10%の価格上昇が見込まれますが、現段階でのICO投資は、約100%近い価格上昇が記録されています。

特にICOから時価総額上位となった通貨の上昇率は凄まじい数値となっています。

ICO STATSというサイトでは「今までICOで発行された通貨の現状の価格から算出した伸び率」を見ることが出来ます。

サイトにアクセスしてメニューの「ROI Since ICO」を押してみると……
※ROIとは「return on investment」の略で、簡単に言うと「投資効率」のことです。

伸び率10,000%以上の通貨があることが確認出来ます。

ICOで使用される通貨として注目を集めているイーサリアムですが、イーサリアム自身も上画像にあるようにクラウドファンディングから開始した通貨です。

これらの通貨は数年でこの伸び率を達成しています。特にストラティス(Stratis)は約1年で約80,000%の伸び率です。

最近では日本の仮想通貨であるネム(NEM)の関連会社テックビューロがコムサ(COMSA)というICOプラットフォームを発表したため、日本国内でもICOが広がっていくのではないかと見られています。

コムサ(COMSA)について詳しくはこちら↓
コムサ(COMSA)とは?

ICOのデメリット

ICOではそのトークンを発行する企業のプロジェクトの内容や目的等をしっかりと調査し、判断することが重要です。

というのも、ICOを利用した詐欺まがいの行為も起こりうるためです。

  • ICO後に上場するつもりがない
  • 容易に上場出来る取引所に上場させ、放置(開発しない)
  • 取引だけは可能にする(開発しない)

実際に、ここ数年でICOを利用した詐欺が多数発生しています。

ICOに参加する場合、購入する通貨のWhite Paperを見てそのプロジェクトについて理解すること、他のユーザーの意見を調べること、資金調達手段を見ることが重要な判断材料となります。

ICOの参加方法

ICOに参加する方法は、その通貨ごとに異なります。

なので一概に言うことは出来ませんが

  1. 購入したい通貨のホームページからICOページへ
  2. メールアドレス等の登録
  3. 専用ウォレットから仮想通貨を送金

大まかに言うとこういった流れになる場合が多いです。当然違う流れになるパターンもあります。

また送金元は取引所ではなく、指定されている専用のウォレットから送金する必要があるケースが大多数です。

送金する通貨もよくICOで利用されるイーサリアムだけではなく、ICOごとにそれぞれ違うためその都度チェックが必要となります。

なお、今回紹介したICOの流れは英語が読めない方でも出来る難易度が低いICOの例ですが、英語慣れしていない日本人にとっては難易度の高いICOである場合もあるため、深く掘り下げて調べることをせずに参加することはおすすめ出来ません。

まとめ

ICOは年々人気が高まっていき、日本ではテックビューロ社のCOMSA、海外ではエストニアという国が国家規模で仮想通貨を発行するためにICOを計画している程の広がりを見せています。

これからも注目を集め続け、規模は大きくなっていくことでしょう。

伝統的なものであるIPOより、ICOを選ぶ企業の方が多くなるような未来になるかもしれませんね。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/28 水曜日
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧