CoinPostで今最も読まれています

OpenSea、NFTコレクションのレア度基準「OpenRarity」を公開

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

PFP NFTの希少性を判断

NFT(非代替性トークン)マーケットプレイス最大手のOpenSeaは15日、NFTコレクションのレアリティ(希少性)アルゴリズムのオープン基準「OpenRarity」を公開した。

OpenRarityはNFT業界全体のレアリティスコアの透明性、再現性、客観性の向上を目指している。そのために、オンチェーンメタデータのみで確定するレアリティ・プロトコルの作成と、そのNFTプロジェクトへの導入に取り組んでいる。

OpenSeaは8月27日、分析ツールプロバイダーCurio、icy.tools、PROOFと共同で、数学的に検証可能なレアリティプロトコル「OpenRarity」を作成するプロジェクトを公表。OpenRarityは、取引量トップ100に入る複数のNFTコレクションのクリエイターチームとの検証を重ねた上で構築されている。

15日のOpenSeaのリリースによると、最初にPudgy Penguins(OpenSea通算セールス23位)、Cool Cats(同13位)、Proof.xyzの3つの人気NFTコレクションへの採用が予定されており、数日中にも追加の採用プロジェクトを発表する。

関連:OpenSea、ロイヤリティの自動分配機能を実装

レアリティ判断における問題点

「PFP(プロフィール画像)」系と呼ばれる種類のNFTは現在NFT市場で最大規模のカテゴリー。NFTGOによれば、市場価値全体の約56%を占めており、PFPカテゴリーの代表格はCryptoPunksとBAYC(Bored Ape Yacht Club)だ。

原則的には数量限定(例:1万点)で構成される傾向のあるPFP NFTは、色やアクセサリー、顔の部位のデザインをランダムに生成。よりレアなパーツの組み合わせを持つNFTほどレアリティスコアが高い傾向があり、NFT価格に影響を与えてきた。

しかし、OpenSeaは現状のPFP NFTでは、レアリティの設定プロトコルが統一されていないため、コレクターやクリエイターに混乱を招きやすいと指摘。測定ツールによってNFTデータの算出にカスタマイズが必要な部分が多く、レアリティスコアが異なっているのが現状だとした。

実際、TraitSniper、RaritySniper、そしてRaritySnifferなどの測定ツール間ではレアリティランクの平均乖離が最大で300近くなる場合もある。

出典:OpenSea

OpenSeaは8月のリリースで以下のように述べていた。

完全に透明で、オープンソースで、数学的に根拠のあるレアリティランキングアルゴリズムを作成することで、より一貫性を生み出し、長期的にクリエイターとコンシューマーのエクスペリエンス向上につながると信じている。

NFT審査基準の策定に向けた動き

成長著しいNFT業界のさらなる発展に向けて、現状の課題解決に向けて主要な事業者が取り組んでいる。8月には米著名VCアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)の仮想通貨投資部門「a16z Crypto」が、NFT向けのライセンス基準をオープンソースで公開した。

知的財産権(IP)をNFT購入者に適切に譲渡するフレームワークを提供することで、NFTの所有権に関する曖昧さを是正し、業界発展をサポートすることを目的としたもの。a16z CryptoのMiles Jennings法務担当役員は、今日のNFT市場では購入者の権利関係が曖昧で、法的リスクが高いために派生ビジネスが生まれにくいなどの弊害が生じていると指摘していた。

関連:米VC大手a16z、NFT知財利用に関する標準『悪になれない』を公開

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
09/26 火曜日
15:17
テザー社、シンガポールにおけるUSDTの規約変更に関する噂を否定
テザー社のパオロ・アルドイノ氏は、シンガポールにおけるUSDTサービス停止に関する噂を否定した。利用規約は数年前に変更されたものだとしている。
13:21
Arbitrum、83億円相当のARBをDAOの財源へ
仮想通貨イーサリアムのL2アービトラムは、ARBのエアドロップ未申請分83億円相当をArbitrum DAOの財源に割り当てたことを発表。数量は6,944万ARBで、初期発行量の0.69%相当である。
13:14
JCBAがIEO制度改革案を公開、企業の資金調達推進へ
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)は、IEO制度の健全化を目指す自主規制改革の初期案を公開した。価格の安定性向上と制度の運用方法の改善を目指し、関係者のロックアップ制度の確立、流動性の確保、公募価格の算定方法の多様化、及び安定操作の整備が挙げられている。
12:54
米SEC、破綻したセルシウスの資産分配についてコインベースの役割に異議
米証券取引委員会は、破綻した仮想通貨融資企業セルシウスの資産分配について、コインベースが果たす役割に反対する文書を提出した。
10:06
Friend.techコード活用のソラナ「Friendzy」急拡大
「Friendzy」は、ソーシャルファイ分野で注目を集める分散型アプリ「friend.tech」の類似技術を利用しており、ソラナエコシステム内で活況を呈している。週間取引量は1.36億円に達し、市場を牽引するfriend.techの半分近くに迫る勢いだ。
08:30
HTX(旧Huobi)、ETH12億円相当が不正流出
仮想通貨取引所HTX(旧Huobi)のアドバイザーであるジャスティン・サン氏は、HTXからイーサリアム12億円相当が不正流出したと発表。ユーザーの資産は安全であると説明している。
09/25 月曜日
21:35
5000BTC以上ビットコイン買い増し、米マイクロストラテジー
米マイクロストラテジーは新たに1.47億ドルのコストで5,445 BTCの仮想通貨ビットコインを取得した。
20:14
三菱UFJ信託銀行、バイナンスジャパンと協業で新たなステーブルコイン検討へ
三菱UFJ信託銀行は、バイナンスジャパンとステーブルコイン発行・管理基盤「Progmat」の協業により、円建てやドル建てを対象とした新たなステーブルコインの共同検討を開始することがわかった。
14:16
テラクラシックコミュニティ、 ステーブルコインUSTCの発行停止を決定
仮想通貨テラ・クラシック(LUNC)のコミュニティは、ステーブルコインUSTCの全ての新規発行及び再発行の停止を決定した。コミュニティ投票では、59%が賛成票を投じ、発行停止が可決された。
13:36
コインベース、世界最多のビットコイン準備金「推定94.7万BTC」保有か|Arkham分析
ブロックチェーン分析企業Arkhamは、大手仮想通貨取引所コインベースがサトシ・ナカモトの推定保有量に匹敵する94.7万BTC(3.7兆円相当)のビットコイン準備金を保有しているという分析を発表した。
11:52
軟調推移のビットコイン、イーサリアムのガス代平均は過去最低水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)価格が続落する中、イーサリアムのガス代平均は過去最低水準となった。ETHの通貨供給量はデフレからインフレに転じている。
10:50
韓国大手仮想通貨取引所Upbit、偽アプトス(APT)の入金処理めぐり大騒動に
韓国の大手取引所Upbitで、仮想通貨アプトス(APT)のフェイクトークンが正規トークンとして入金認識され、不特定多数のアカウントに配布される事件が発生した。
09/24 日曜日
14:00
「ビットコインは最も寿命が長いブロックチェーン」VCが語る
第2回のGM Radio: Beyond The Priceは21日に公開。ゲストは仮想通貨ビットコインに特化したVCのファウンディングパートナーNico Lechuga氏である。
11:30
BTC上値トライに失敗、目先は下げ渋る展開見込む|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、一時400万円台に乗せるも上値トライに失敗し、ほぼ横ばいで推移している今週のビットコインチャートを図解。今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊まとめ|ETH初期投資家の相次ぐ資産移動に注目集まる
今週は、イーサリアム初期投資家の相次ぐ資産移動について書いた記事が最も多く読まれた。このほか、日本政府が、仮想通貨企業が資金調達を行う際の規制を緩和することなど、一週間分の情報をお届けする。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧