大阪商工会議所、仮想通貨法人税の改正を要望

仮想通貨にかかる法人税制について要望

大阪商工会議所は20日、「2023年度税制改正に関する要望」を、日本政府および大阪府・大阪市などへ提出した。そのうち、企業の成長支援を目的とした項目で暗号資産(仮想通貨)についての税制整備も盛り込んでいる。

大阪商工会議所は大阪市を所管としており、市内に3万以上の会員を擁する団体。商工業の発展を図るとともに、広く地域全般の振興に努める活動を行っている。

具体的には、次のように提案を行った。

WEB3.0(分散型ウェブ)分野のスタートアップ企業が資金調達等に活用している暗号資産は、現在、保有しているだけであっても期末時価評価による法人税課税がなされ、スタートアップ企業にとって負担が大きい。

スタートアップ企業や優秀な人材がより柔軟なビジネス環境を求めて海外へ流出することのないよう、暗号資産等に係る法制度や税制を早急に整備されたい。

Web3とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

金融庁は課税方法を見直す方針か

税制改正については、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)と日本暗号資産取引業協会(JVCEA)も共同で7月に要望骨子を発表していたところだ。

両協会は法人税に関して、「期末時価評価による課税の対象」を、企業が短期売買目的で保有している仮想通貨に限定し、それ以外のものを対象外とすることを要望していた。大阪商工会議所と同様、スタートアップ企業などへの負担を考慮している形だ。

少なくとも喫緊の対応として「自社発行トークン」を課税対象外とすることは必須とした。

これに関しては、金融庁と経済産業省が、国内スタートアップ育成に向けて、企業が資金調達のために発行する仮想通貨のうち、自社保有分に関する法人税の課税方法を見直す方針だと報じられている。

関連金融庁の「貯蓄から投資」を促す姿勢鮮明に、NISA拡充やスタートアップ向け暗号資産税制改正など

Web3企業の海外流出を防ぐ必要

日本発のパブリックブロックチェーン「Astar Network(ASTR)」を開発するStake Technologies株式会社の渡辺創太CEOと、自民党の河野太郎氏と、平将明氏は4月、Web3について鼎談を行っており、この席でも税制が話題にのぼっていた。

Web3でビジネスを行う利点は、分野の黎明期からグローバルマーケットを視野に組織を構築できることにある。プロジェクトとしてより広大な伸びしろを見込める形だ。しかし、日本では法人保有の仮想通貨に期末課税がかかるなどの税制・規制上の課題がこれを困難にしていると指摘されていた。

平氏は企業がブロックチェーンでガバナンストークンを発行する際も、それに課税されてしまうのであれば日本では事業がしにくいと述べ、「米国は大統領令、英国はNFTを財務省が発行する世界観」の中で、日本も取り組む必然性があるとの趣旨で話している。

関連「新しい資本主義はWeb3.0」 Astar Network 渡辺CEOが自民党の河野太郎氏、平将明氏と対談

米英の取り組み

米国では16日、3月にバイデン大統領が署名した大統領令を受けて、米国の各省庁が調査を行い、デジタル資産についての政策方針を発表したところだ。民間部門の研究開発やイノベーション促進と同時に、リスク軽減のための施策も求める内容である。

関連米バイデン政権、仮想通貨やNFTについての包括的な開発枠組み示す

英国では、仮想通貨に前向きなリシ・スナク前財務大臣が4月、英国を「世界的な仮想通貨技術のハブ」とする計画を公開。ステーブルコインを決算手段として承認する方針や、王立造幣局と協力してNFT(非代替性トークン)の作成に取り組む方針も示していた。

スナク氏は7月に辞任したが、英財務省は7月、「一部のステーブルコインを決済手段として規制することを可能にする」法案を発表。仮想通貨を促進するスナク氏の政策の少なくとも一部を引き継いでいることが窺える。

関連英国の次期首相トラス氏 仮想通貨を巡る姿勢は

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します