CoinPostで今最も読まれています

NFTゲーム化予定、MMOの金字塔「メイプルストーリーN」とは|主な特徴を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2022年6月、ゲーム大手のネクソン株式会社は、『メイプルストーリー』のNFTゲーム版をリリースすることを発表しました。

初代メイプルストーリーは2003年にリリースされたMMO(大規模多人数同時参加型)オンラインRPGの元祖とも言えるタイトル。世界中に1億8000万人超の総ユーザー数を抱える人気作品です。

そのため、メイプルストーリーがブロックチェーンゲーム化され、「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」の仕組みが実装されるというニュースには、ゲームファンから非常に大きな反響がありました。

メイプルストーリーのNFT化は、主に4つのプラットフォームから成り立つ大規模な仮想世界「メイプルストーリーユニバース」の構築を通じて行われます。メイプルストーリーユニバースでは、NFTゲームにとどまらずゲーム制作・アプリ制作といったクリエイター機能による収益化も可能です。

本記事では、始動しはじめた将来有望なプロジェクト・NFT版のメイプルストーリーの構想や詳細、ネクソンが描く展望についてご紹介しましょう。

目次
  1. 大人気ゲーム『メイプルストーリー』とは
  2. NFTゲーム版メイプルストーリー『メイプルストーリーN』のリリースが決定
  3. 『メイプルストーリーユニバース』を構築する4つのプロジェクト
  4. 『メイプルストーリーユニバース』のエコシステムの展望
  5. メイプルストーリーのNFT化が市場に与えるインパクト

1. 大人気ゲーム『メイプルストーリー』とは

出典:MapleStory

まず前提知識として、圧倒的な人気を誇るMMORPG「メイプルストーリー」について簡単に解説します。

1-1. メイプルストーリーの歴史、実績、人気度

出典:ネクソン

メイプルストーリーは、2003年に配信開始されたMMORPGゲームの金字塔。懐かしのドット調グラフィックスで描かれる可愛らしいキャラクター・本格的なゲーム要素が魅力の2D横スクロール型アクションゲームです。

配信開始からまもなく20年を迎える古参コンテンツですが、現在に至るまで継続的な成長を続け、シリーズの累計総売上高は30億ドル超に達します。

アジア圏を中心に世界中で根強い人気を誇りますが、特に韓国における人気は驚異的で、韓国内の登録ユーザー数は同国人口の45%に相当するとのデータもあります。まさに「元祖オンラインRPG」と呼ぶにふさわしいタイトルでしょう。

ゲームは基本プレイ無料で、楽しみ方は大きく「キャラクター育成」「コミュニティ」「グループプレイ」「冒険」の4種類に分けられます。決まったストーリーが設定されていないため、プレイヤーが自分だけの冒険ストーリーを作れる自由度の高さも魅力です。

1-2. メイプルストーリー運営企業『株式会社ネクソン』の概要

次に、この大ヒットゲームを開発した運営企業「株式会社ネクソン」についてご紹介します。

ネクソンは、1994年に韓国で創業したオンラインゲーム制作企業です。2002年には日本国内で「株式会社ネクソン」を設立し、2011年に東証一部に上場を果たします。現在では、韓国に「NEXON Korea Corporation」、米国に「NEXON America Inc.」、台湾に「NEXON TAIWAN LIMITED」等、世界中に多数の子会社を抱える大企業に成長しました。

メイプルストーリーの他、中国で人気の『アラド戦記』や日本で人気の『カウンターサイド』などオンラインゲームを中心にリリースし、190以上の国・地域へ配信しています。

特に2021年以降は、仮想通貨領域での活動を活発化させていることでも知られるように。例えば2021年4月には110億円相当のビットコインを購入したことを発表、国内上場企業がバランスシートにビットコインを組み入れた初の事例として注目を集めました。

東証1部上場企業ネクソン、110億円相当のビットコインを購入 国内初の事例
東証1部上場企業NEXONが、110億円相当の仮想通貨ビットコインを購入したことを発表した。国内上場企業がBTCを財務資産に組み入れるのは初めて。

2. NFTゲーム版メイプルストーリー『メイプルストーリーN』のリリースが決定

そんな株式会社ネクソンが、2022年6月に実施された韓国最大規模の開発者向けカンファレンス「Nexon Developers Conference 2022」の公演において、メイプルストーリーのNFTゲーム化を発表しました。続いてはメイプルストーリーのNFTゲーム化について、公式発表をもとに概要・構想の詳細をご紹介しましょう。

2-1. メイプルストーリーNFT化の背景

これまでネクソンは膨大な数のゲームを開発してきましたが、NFTゲームをリリースするのは今回が初の試みです。そんな前例がない状態にもかかわらず、ネクソンは同社にとって主力タイトルかつIP(知的財産権)の一つである「メイプルストーリー」を選択しました。

その理由として同社は、「NFTゲーム参入の取り組みが流行に乗った施策ではなく、ネクソンの本気であることを示すため」の決定であると説明しています。すでに膨大なユーザー数を抱える人気タイトルを選ぶことで、競合他社の作品数が増える中でも初動の勢いを確保し、エコシステム(独自経済圏)の将来性に対する信頼を獲得しやすくするという目的もあるでしょう。

すでに数多くのNFTゲームがリリースされていますが、経済圏を安定的に機能させるために必要なユーザー数を獲得できなかったために失敗に終わるプロジェクトも少なくありません。

この点、既に十分な知名度があるメイプルストーリーであれば、NFTゲーム化の際にも安定したユーザー数を確保できる可能性が高いでしょう。

2-2. ネクソンが描く「メイプルストーリーユニバース」の構想

出典:ネクソン

ネクソンはメイプルストーリーのNFTゲーム化にあたり、ブロックチェーンの性質に合わせた最適な設計を改めて模索するとのことです。ネクソンが特に注目するブロックチェーンの性質は「透明性」「開かれた生態系」「価値の保存」の3つであり、こういった性質によるメリットを最大化できるような設計を目指します。

「メイプルストーリー・ユニバース」と呼ばれるこの構想では、ブロックチェーン技術の特性を最大限活かした大規模な経済圏をもつ仮想世界を構築。例えば分散型・非中央集権的な運営管理や、Play to Earn含めた多様な収益化の選択肢、NFTによるデジタルデータの所有など、多角的かつ総合的な機能を実装予定です。

仮想世界において、NFTはゲームプレイ・イベント参加・マーケットプレイスでの取引で獲得でき、売買によって収益化も可能。NFT取引の際に発生する小額の手数料は、メイプルストーリーユニバースの発展へ貢献した開発者へ報酬として分配されます。

非中央集権性・公平性を担保するため、生みの親であるネクソンもエコシステムを開発する一会社として生態系に参加。一般の開発者と同様、ゲームへの貢献度に応じて取引手数料から公平な分配を受け取ります。

こういった透明性・公平性を重視した構造により、将来的な経済圏の拡大を促進する狙いです。

ネクソン「メイプルストーリー」、NFTゲーム化を発表
全世界110カ国で1億8,000万人のユーザーベースを誇る人気PCゲーム「メイプルストーリー」について、新たにNFTゲームがリリースされることが分かった。

3. 『メイプルストーリーユニバース』を構築する4つのプロジェクト

出典:ネクソン

続いては、メイプルストーリーユニバースの骨子となる4つのプラットフォームについて、公表されている情報を整理しましょう。リリース前の段階から、NFTゲームの枠や自社サービスの範囲を超えたエコシステム拡大を想定した設計となっている点に注目です。

3-1. メイプルストーリーN

出典:ネクソン

一つ目のプラットフォームは「メイプルストーリーN」。現在も配信中のメイプルストーリーの世界観を、ブロックチェーン技術によってNFTゲームとしてリニューアルします。

メイプルストーリーNにはPlay to Earnの要素もあり、プレイヤーはクエストの達成等によってトークンやアイテムを獲得可能。NFT化したアイテムの所有権は、完全にユーザーへ帰属します。

中央集権制を排除するため、ネクソンはアイテムショップの運営や課金アイテム販売、NFTフリーセールを行うことはありません。ユーザーは、ユーザー主体で運営されるマーケットプレイスを通じてP2Pで取引を行います。

3-2. メイプルストーリーN モバイル

出典:ネクソン

二つ目のプラットフォームは、メイプルストーリーNをスマートフォンで遊べる「メイプルストーリーN モバイル」。メイプルストーリーNのモバイル版として位置づけられる本プラットフォームは、PC版メイプルストーリーNとNFTや世界観を共有します。

従来のメイプルストーリーでは、条件付きでPC版・モバイル版の連携は可能なものの、あくまで新ミッションの開放やアイテム獲得がメイン。ゲームの世界観を共有するわけではなく、あくまで別個のゲームという扱いでした。

メイプルストーリーNでは、ブロックチェーン技術を駆使してその連携性を強化します。仮想世界を共有し、PC版のキャラクターを使ってモバイル版でもプレイが可能になる予定です。

3-3. MOD N

出典:ネクソン

三つ目のプラットフォームは、ユーザーが自由にゲーム開発ができるサンドボックス制作プラットフォーム「MOD N」です。MOD Nでは、自身が保有するNFTやネクソンが約20年かけて開発した3千万個以上のアセットを使い、自分だけのブロックチェーンゲームを開発できます。

MOD Nで制作されたゲームはクリエイターの所有物となり、公開されたゲームは一般ユーザーもプレイ可能。MOD Nで制作したゲームの人気度を元にゲームへの貢献度が測定され、貢献度に応じた報酬を獲得できる等、ゲーム制作を通じた収益化の仕組みも実装される予定です。

ゲームプレイを通じて稼ぐだけでなく、開発者としてエコシステムに貢献することによっても報酬を得られる設計により、経済圏の活性化・継続的な拡大が期待できるでしょう。

3-4. メイプルストーリーN SDK

出典:ネクソン

四つ目のプラットフォームは、メイプルストーリーユニバースで獲得したNFTを活用して様々なアプリを制作できる「メイプルストーリーN SDK」。

「SDK」とは「ソフトウェア開発キット」の略称で、本プラットフォームではメイプルストーリーユニバースの経済圏をさらに充実させるアプリ制作が可能です。前述したMOD Nよりも自由度が高く、想像力次第でゲームの範疇を超えた斬新なアイデアを形にできます。

例として公式は、「NFTの保有ユーザー向けのグッズ制作ファンディングアプリ」や「ゲームのキャラクターが健康管理をサポートするヘルスケアアプリ」などを挙げています。

メイプルストーリーN SDKを使ったアプリ開発により、メイプルストーリーユニバースはいずれNFTゲームという壁を越え、全方位的な活用性を持つプラットフォームへと進化していくでしょう。

4. 『メイプルストーリーユニバース』のエコシステムの展望

最後に、メイプルストーリーユニバースについて、ネクソンが掲げる目標や展望についてご紹介します。

公式発表を参照すると、「NFTが自由に移動できる仮想世界を具現化すること」やエコシステム内における「NFT価値の永続的な提供」の実現が大きな目標と言えるでしょう。

NFTが持つ価値の永続的な提供とは、万が一メイプルストーリーのブロックチェーンデータが消滅した場合や、例え開発元のネクソンが無くなったとしても、NFTがその価値を維持し続ける事を意味します。

そのための試みとしてネクソンは、まず同社が提供する複数サービスにおいてNFT・世界観を共有できる仮想空間の構築から始めます。メイプルストーリーユニバースは、今後ネクソンがローンチするメイプルストーリー以外のNFTゲームを順次追加してゆくことを前提に設計されるとのこと。

また、前述のメイプルストーリーN SDKは、ゲームの範疇にとどまらずメイプルストーリーNFTの新たな使い道を提供し続けることで、NFT価値の永続性担保に貢献します。

いずれは、外部の様々なNFTプロジェクトとの互換性を持つプラットフォームへと進化させてゆく計画です。世界中のプロジェクトへメイプルストーリーNFTが進出し、外部プロジェクトがメイプルストーリーユニバースに進出し、相互的に融合しながら拡大・発展してゆく。そんなエコシステムの構築こそが、ネクソンが持つビジョンと言えるでしょう。

5. メイプルストーリーのNFT化が市場に与えるインパクト

ネクソンはメイプルストーリーユニバースの構想として、「NFTゲームにとどまらず全方位的な活用性を持ち、外部プロジェクトとも融合しながら世界規模で拡大していく仮想世界を構築する」という壮大なビジョンを掲げています。

比較的早い段階で、自社の主力タイトルのNFTゲーム化を決めたネクソンの動向には、市場関係者も大いに関心を寄せています。ネクソンがNFTプロジェクトを成功に導けば、市場への参入を決める上場企業も増加するものと考えられます。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/25 土曜日
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
07:40
ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった芝犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
07:15
アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
06:10
コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。
12:16
イーサリアムETFが米国初承認、PMIインフレ懸念で仮想通貨相場は乱高下
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム現物ETFの歴史的なSEC初承認を巡り、期待先行で高騰していたETHが乱高下した。米PMI発表時のインフレ懸念で米株指数が急落したほか、MEV会社Symbolic Capital Partnersの大量売りが影響を及ぼしたと見る向きも。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア