CoinPostで今最も読まれています

ビットコインハッシュレート史上最高値を更新、米株指数反発を受け仮想通貨反騰

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

3日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前週末比765ドル(2.6%)高と大幅反発。日経平均株価も前日比624円(2.3%)高となった。

渦中にあったイギリスで、巨額の財政出動案(大幅減税)、及び国債増発計画の撤回を発表。財政悪化懸念が和らいだ。米ドル建ての英ポンドが史上最安値を更新するなど市場の混乱を招いていた。

関連:7営業日ぶりダウ反発でビットコイン耐える、英国ではポンド急落の影響も

また、製造業の景況感を示す経済指標が市場想定を下回ったことで、金融引き締めが加速するとの懸念が後退し欧米の長期金利が低下。株やビットコインなどリスク資産の買い戻しにつながったものとみられる。

一方、厳しい冬を迎える前にして、欧州の資源高問題は依然として深刻だ。

ロシア国営企業のガスプロムは1日、イタリアに向けたガス供給を停止した。これに先駆けロシア依存の強いドイツでは、経済制裁に対する事実上の報復措置と見られる天然ガス供給無期限停止の影響を受け、エネルギー価格の上昇を招いている。

さらに欧州では、投資銀行大手クレディ・スイスの業績悪化観測に伴い、債務不安も広がっている。クレディ・スイスの5年物クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のスプレッドが先月末に急拡大し、過去最高値を付けた。これに伴い、デフォルト(債務不履行)リスクの回避売りが膨らんだことで、同社の株価が急落した。

CDSは、発行体の信用リスクを対象とするデリバティブ(金融派生商品)であり、社債の保険コストを反映する性質のもの。この点についてクレディ・スイスのウルリッヒ・ケルナー最高経営責任者(CEO)は、「資本や流動性に問題はない」と弁明に追われた。

関連:クレディ・スイスCEOが釈明、憶測飛び交う「破綻危機」噂の背景は

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比2.2%高の19,590ドルで推移する。

BTC/USD日足

米株指数の大幅反発に連れ高した。

ハッシュレート(採掘速度)は、21年6月の中国全面規制(大手マイナー海外移転)の影響で急落して以降、ほぼ右肩上がりに伸長。 3日時点で週平均ハッシュレートは242EH/sに達した。

Glassnode

22年5〜6月に発生したテラ・ショックから大手ベンチャーキャピタルThree Arrows Capital(3AC)破綻の影響による地合いの急悪化時に一時減少するも、その後価格下落と反比例するかのように上昇し続けており、違和感を覚える投資家も少なくないようだ。

採掘マシンの性能向上や設備増強に伴い、ビットコインが過去最高値の69,000ドルを付けた時のハッシュレートは161 EH/sであったが、現在1BTC=19,000ドルの現在のハッシュレートは297 EH/sまで上昇している。

この点について、Isaiah(@BitcoinIsaiah)氏は、BTC価格が1年間で72%下落したにもかかわらず、ハッシュレートは同期間で84%上昇したと指摘した。

大手マイナーの長期視点では強気の見通し維持していることを示している。

一方、シェア争いが激化しディフィカルティー(採掘難易度)が上昇する中、電力コストなど世界的なエネルギー価格に高騰はマイニング業界にも影を落とす。

先月下旬には、ビットコインマイニング・データセンターオペレーターのCompute Northが負債総額700億円に陥り、破産申請を出したことが判明した。今年6月には、ナスダック株式上場するBitfarmsが、バランスシート改善のため保有分のビットコイン3,000BTC(85億円相当)規模の売却を余儀なくされたことがわかっている。

関連:加マイニング企業Bitfarms、1週間でビットコインを3,000BTC売却

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
09/22 金曜日
08:45
バイナンス、ETHのガス代を1日で計1億円相当支払い
仮想通貨取引所バイナンスは21日に、イーサリアムのガス代を1日で合計1.2億円相当も支払ったことがわかった。バイナンスの担当者が経緯を説明している。
08:10
恐怖指数上昇 米国株続落、本日は日銀政策決定会合|22日金融短観
本日米NYダウは続落。ナスダックとS&P500は6月以来の安値となった。昨日のFOMC会合では市場の予測通りに金利据え置きが発表されたが、年内1回の追加利上げの可能性が示唆された余波を受けた形だ。
05:52
欧州MiCA法施行に向けてバイナンスのステーブルコイン対応は|22日朝の重要速報まとめ
仮想通貨取引所バイナンスは来年6月までに欧州市場でステーブルコインの上場廃止を検討しているか。CZ氏は報道を否定した。
09/21 木曜日
18:00
仮想通貨擬人化BCG「コインムスメ」がSTEPN運営と提携、GMTアイドル「ジェムティ」誕生
ブロックチェーンゲーム「コインムスメ」は、STEPN運営Find Satoshi Labとの提携により誕生した「ジェムティ(GMT)」のデザインを公開した。限定NFT200枚を抽選でプレゼントする企画も行われる。
16:56
コナミ初のweb3プロジェクト「ZIRCON」、東京ゲームショウで発表
コナミがweb3進出 国内ゲーム大手企業のコナミデジタルエンタテインメントは21日、「東京ゲームショウ2023(TGS2023)」のステージにおいて、ブロックチェーン技術を活用…
15:42
マウントゴックス弁済期限、2024年10月まで延長
2014年に経営破綻した仮想通貨取引所、マウントゴックスの債権者へのビットコインや現金による弁済の期限が、1年延長されることが確認された。弁済先情報が提供されている債権者に関しては、年内に弁済を開始する可能性もあるとしている。
14:44
「ゲソてん byGMO」ブロックチェーンゲームを統合へ
GMOメディア株式会社は、ゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」のレイヤー2であり、ゲームプラットフォームとして機能する「GESOTEN Verse(仮)」の開発を発表。従来のWeb2ゲームポータル「ゲソてん byGMO」とユーザー基盤を連携する。
14:26
米大統領選出馬のラマスワミ氏、新たな「仮想通貨政策の枠組み」を提案予定
米国大統領選の共和党候補ビベック・ラマスワミ氏は20日、仮想通貨リサーチ企業Messari主催のカンフェレンスに登壇し、感謝祭(11月23日)までに「包括的な仮想通貨政策の枠組み」をリリースすると発表。さらに現在の仮想通貨規制の状況を強く批判した。
14:00
CBDCによる監視社会に反対する法案、米下院金融委員会で承認
米下院金融委員会は、米国のCBDCデジタルドルが国民監視に使用されることを阻止する法案を承認した。この先、下院での審議に移る予定だ。
13:05
「IMX」国内初上場、コインチェックが3銘柄新規取り扱い
仮想通貨取引所Coincheckは、IMX(国内初)を含む3銘柄の新規上場を発表した。
12:28
アスター(ASTR)、韓国bithumbに新規上場
アスターネットワークのネイティブトークンであるASTRは韓国大手仮想通貨取引所bithumbに新規上場した。韓国の初上場だ。
11:12
Taurus、資産トークン化サービス拡張
スイスのフィンテック企業Taurusは、デジタル資産の保管とトークン化サービスを拡張し、許可型ブロックチェーンへのサポートを始めることを明らかにした。Hyperledger BESUやQuorumがサポートされ、イーサリアム等パブリックチェーンとの相互運用性も強化する。
10:55
米ウォルマートのメタバース体験、現実ショッピングと融合へ
米小売大手ウォルマートは現実世界とメタバースでのショッピング体験を結び付ける方法を探っている。ヒップホップをテーマとする仮想世界も構築した。
10:27
国内オプテージ、Web3ノード・ホスティングをトライアル提供
関西電力グループの情報通信企業オプテージがWeb3推進に向けて、金融機関向けのステーキングノードホスティングトライアルを開始した。オプテージはイーサリアムのステーキングノード構築と運用を提供し、金融機関は仮想通貨を所有せずにステーキングをテストできる。
10:25
INFORICH、NFT活用してアーティストを支援
ChargeSPOT展開のINFORICHは、NFTも活用してピクセルアーティストBAN8KU氏を支援。NFTは、仮想通貨イーサリアムの規格ERC-721で発行・販売される。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧