CoinPostで今最も読まれています

リップル(XRP)とライトコイン(LTC)が2018年最安値更新|仮想通貨市場の急落の影響で底値抜け

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

XRPとLTCが2018年最安値更新
SECが現在最も注目されていたビットコインETFの可否判断日程を45日延長させたことで、市場全体の価格が急落。主要アルトコインの中には、長期的に割ることがなかった底値を割る通貨が確認された。

仮想通貨市場は8日、SECが現在最も注目されていたビットコインETFの可否判断日程を45日延長させたことで、価格が急落。アルトコイン市場にもビットコインの下落の流れが波及し、フィアット建で大きなマイナスを記録しています。

出典:CoinPostトップページ

悪材料に影響する形で、ビットコインもCNBCのファストマネーなどで重要視されたサポートライン6800ドルを割り込み、8月以降数回に渡る底値の探り合いが続いています。

特に、BTC高騰時にもアルトドレインで悪い流れの続くアルトコイン市場は、特に厳しい情勢が続いています。

直近1ヶ月では、ビットコインETFに関する報道が材料視されたことで、ビットコインこそ価格を戻しつつあったものの、市場内資金がビットコインに集まった事もあり、アルトドレインとされるアルトコインからの資金の流出が相次いでいました。

結果として、ビットコイン価格も直近で大幅下落した事で、アルト市場の弱気相場に追い討ちをかけた格好になりました。

主要アルトが底値抜け

このような流れが影響し、時価総額上位のアルトコインの中で、長期チャート上で底値を固めていた通貨が底抜けしました。

底抜けが確認された通貨は、いずれも個人投資家人気の高い時価総額3位のXRP(リップル)と、時価総額7位のLTC(ライトコイン)で、年初来最安値を更新したことで、2018年最安値を更新しました。

XRPの価格推移

XRPの価格は、昨年12月に価格が大きく暴騰、一時400円の最高値を更新し、仮想通貨元年と言われた2017年の中でも驚異の高騰率を見せ、日本で取引される通貨の中で最高上昇率の通貨となりました。(参照:仮想通貨元年での高騰倍率と価格推移 )

その後、仮想通貨市場の下落トレンドの煽りを受け、急騰する勢いが全通貨の中でも高かった事も影響し、価格を下落させました。

出典:TradingView

XRPは、2018年の現在まで、幾度となく価格が低迷していたものの、USD建では0.4USDを割ることはありませんでしたが、本日底値を割ったことで価格が急落、0.3ドル台に突入し、15時現在では、0.34USDと、0.3ドル前半まで価格を落としています。

出典:TradingView

ただし、昨年末の急騰を含め、最安値更新の状況を買い場と捉える動きも出てくるかもしれず、チャンスが訪れる可能性もあります。

LTCの価格推移

XRPと同様に、ライトコイン(LTC)も底値抜けしたことで、価格が急落し、現在も下落が続いています。

出典:TradingView

ライトコインは、BTCの金に対して、「LTC」は銀として注目されていた通貨で、POWの中で、scryptを採用、BTCのハッシュレートを変更するなどして行うことが難しいため、51%攻撃の危機に対して高い耐性を持っていることも理由などもあり、仮想通貨としての魅力は十分にあると言えます。

しかし、インフルエンサーとしても有名なライトコイン創業者が、自身のLTCをすべて売却。ポジトークを控えることを明言したことで、プロモーション的な部分に陰りが見え、一般投資家の多い仮想通貨市場に置いて、LTCの価格に影響が出た可能性もあります。

仮想通貨市場全体の時価総額も

仮想通貨市場全体の時価総額も、これらの通貨下落が影響を与え、年初来最安値を更新しました。

現在の状況と、今後の内容、ETFの申請状況をまとめたので、合わせて読んでいただければ幸いです。

CoinPostの関連記事

仮想通貨全体の時価総額2018年最安値を更新も、上昇トレンド転換への材料は変わらず|仮想通貨市況
ビットコイン価格が日本時間午前4時半に急落、SECが現在最も注目されている重要ETF「Cboe関連ビットコインETF」の可否判断承認を延期する公式文書を掲載したことが影響した、また数日弱気市場が顕著に表れているアルトコイン市場はより大きな下落幅を記録した。多くの通貨で年初来最安値が更新された。
ビットコインETFの可否判断は、最大240日(2019年2月頃)まで延長する可能性:暴落の原因を探る
ビットコインは8日、日本時間早朝4時過ぎに79万円から73万円まで価格が急落、期待感の募っていたCboeのビットコインETFに関するSECの公式文書が発表されたことが、投資家心理に作用し、相場の下落に繋がった。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/16 日曜日
11:00
週刊ニュース|バイデン大統領の仮想通貨寄付を巡る動向に高い関心
今週は、バイデン大統領の選挙活動での仮想通貨寄付受付開始の可能性、イーサリアム現物ETF審査に関する米SEC委員長の発言、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析に関するニュースが最も関心を集めた。
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア