CoinPostで今最も読まれています

バイナンスCEO、FTX破綻の再発防止は「業界全体の責任」 G20主催カンファレンスで力説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのチャンポン・ジャオ(CZ)CEOは14日、G20が毎年主催するビジネスカンファレンスB20に登壇。FTXの破綻騒動や再発防止策、仮想通貨の有用性や今後の課題などについて力説した。

バイナンスがFTTを今後FTXトークン(FTT)を段階的に全て売却する方針を示して数日以内でFTXが破産を表明、さらにその内部関係者が引き起こした可能性の高いハッキングが発生するなど波乱万丈の一週間となった先週の出来事について、CZ氏は以下のようにコメントした。

先週、我々の業界は大きく揺るがされた。

しかし、このような出来事のみがこの業界の全てではないことを知ってもらいたい。

この業界は浮き沈みが激しく、悪いプレイヤーも少なくないが、それでも我々は成長し続ける。

業界最大手を競い合っていたFTXが破産を表明した現在、業界の構図としてはバイナンス優勢の状態になった点について、CZ氏は「大手取引所はさらに大きくなりやすい」と指摘。ある種のネットワーク効果が発生していると言及した。

我々のような大手取引所はセキュリティにより投資できる資金力がある。

セキュリティが高まればユーザー数もおのずと増加し、流動性が高くなり、価格もより良くなりやすい。

関連:仮想通貨市場に激震、アラメダショックとFTX騒動の動向まとめ

業界の一極化を懸念する意見に対しては、「分散型が理想」と認めつつ、現状のweb3業界には(規制などの面で)手を抜くプレイヤーが多いと指摘。結果的にはそういった企業やプロジェクトは投資家の信頼を損なうことにつながるため、「業界関係者にはしっかり正しいシステムの運用」を呼びかけた。

ネットワーク効果とは

サービスや商品の利用者の増加に応じて、そのサービスや商品自体の価値も高まる傾向を指す。通信ネットワークに関して「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザ数の二乗に比例する」と提唱したメトカーフの法則に基づいている。

▶️仮想通貨用語集

その上でCZ氏は直近の業界動向を受け、業界他社とも連携してグローバルな業界団体の設立を検討していると発言。「ともにビジネスにおける共通規格の制定を取り組みたい」と語った。

同氏は14日夜に開催したAMAセッションでも、世界各国の規制当局などと連携して、業界のベストプラクティス(最善敢行)の策定に努める組織に関する構想を明かしている。

関連:CZ氏がAMA開催「バイナンスは安全に運営されている」

バイナンスは「取引所だけではない」

また、バイナンスについては中央集権型の取引所(CEX)としてのイメージが強い反面、大局的には「人々が仮想通貨アクセスを支援するツールのエコシステム」だと形容。仮想通貨の売買以外にもVC(ベンチャーキャピタル)投資部門のバイランスラボや「ブロックチェーン業界で最もアクセスされている情報サイト」のCoinMarketCap(2020年に買収)、そして教育・慈善活動にも力を入れていると述べた。

今週14日も直近の業界動向を念頭に、流動性危機に陥っている有望プロジェクトを支援する為の「リカバリー(事業再生)ファンド」を設立する意向を表明したばかりだった。

関連: バイナンス、業界支援で事業再生ファンド設立へ

仮想通貨のメリット

なお、CZ氏が登壇したB20はG20が例年主催しているビジネス系カンファレンス。今年はインドネシアで開催されており、15日から16日にかけては仮想通貨を主題としたカンファレンス「V20」も開催している。

G20とは

「Group of Twenty」の略称。

要国首脳会議(G7)に加盟する7ヶ国(アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ)に加え、EU(欧州連合)、ロシア、中国、インド、サウジアラビア、トルコ、アルゼンチンといった新興国を含めた計20ヶ国で構成されている。

▶️仮想通貨用語集

仮想通貨に関する知識が少ない観衆を念頭に、CZ氏は仮想通貨の有望性を以下のように説明した。

仮想通貨を価値の移動を可能にする新たな技術だ。

新たなビジネスモデルや資金調達手段、投資手段や決済などのあり方を大きく変える。

仮想通貨はお金に関わるため、金融業界への影響も大きい。この技術を理解することは重要である。

また、リスクも存在するため規制の必要だと述べつつ、法整備は「正しく安定したやり方で行うべき」だと語った。

特に、VC業界が発展中のインドネシアの情勢を例に挙げ、仮想通貨を活用したICOやIEOなどは資金調達の常識を大きく変えたと分析。従来のVCなら、数年を要する数千万ドル(数十億円)規模の資金調達もブロックチェーンを活用すれば世界中から投資を募り、数日で完了できると言い立てた。

その上で、仮想通貨やブロックチェーンは最も直接的な「海外直接投資」だと述べ、政府も新興産業を受け入れていくべきだと主張した。

関連:Web3関連企業の資金調達額、前四半期比で減少も過去最高更新

普及のネックとは

仮想通貨の有望性を語る一方で、CZ氏は短期的に見れば仮想通貨は「まだ使いにくい」とユーザビリティを課題として指摘。大半は仮想通貨の利用方法を知らないであろう観衆をさしながら、以下のようにコメントした。

ウォレットをダウンロードして、プライベートキーのバックアップをして、複数の場所に保管して、なおかつ、それを子孫に残す手段を知る方々はここにほとんどいないだろう。

これらのステップは非常に困難だ。

また、世界の資産の99%はいまだに法定通貨を利用している。双方(法定通貨と仮想通貨)を融合させ、一般の人々でも新たな技術を徐々に使いやすい環境を整えることが必要だ。

その反面、「一旦使い方さえ慣れてしまえば、仮想通貨はより使いやすいお金の形態」だと指摘。仮想通貨を利用すれば、従来のお金では課題となる国際送金などが容易になるメリットなどを挙げ、今後10年〜20年単位で考えれば仮想通貨が現在の若年層を中心に一般普及するだろうと展望した。

長期的には、ユーザビリティ問題さえ解決すれば、仮想通貨を利用するユーザーは増えるだろうと予想している格好だ。

仮想通貨規制や税制の在り方

また、FTX騒動のような業界全体に対する信用不信をもたらす出来事の再発防止策については、「業界全体が消費者と投資家を保護する役割がある」と考察。規制当局が100%責任を持つべきではないとの考えの下、業界企業やVCファンド、そして投資家自身や政策立案者、教育機関などが多角的に連携していくべきだと提案した。

業界全体が消費者と投資家を保護する役割がある。誰も悪人の犯罪を完全に防ぐことはできない。

嘘をつくのが上手な人間が居て法律を破ろうとする場合、法律は法律を防ぐ人間を止めることは不可能だ;あくまでそれを抑制することしかできない。

VC投資家が投資したビジネスが上手く機能しなければ、多くのユーザーに害を及ぼすため、彼らも責任を持っている。 また、消費者や教育機関も学校で金融リスクの評価方法を学ぶ場を設けるべきだ。

また、規制当局からは仮想通貨規制における明確性と洗練性が必要となっている。課題もあるが、我々は規制当局と連携してこの業界を発展していかなければならない。

規制当局も担うべき役割を持つが、彼らのみが責任を負わされるべきではない。

さらに、仮想通貨税制に関しては、税率を上げることが税収入を増やす最短の手段ではないと指摘。世界的に見渡せば税率の低い国は多数あることから、高い税率が必ずしも税収入の増加には至らないとして、以下のようにコメントした。

ユーザーへの取引に対する課税は推奨しない。税収を増やす最適解は(仮想通貨企業に対する)ライセンスをより寛大に付与することだと思う。

ライセンスがあれば、データ開示を要求し、政府が状況を管理しやすい。ライセンスを付与しなければ、事業者が海外に流出していくだけになる。

(総合的な利用を抑制する)ユーザー取引への課税ではなく、企業などの法人所得を課税すべきだと思う。

関連:自民党Web3PTが仮想通貨税制で緊急提言『税率20%の申告分離課税対象』など目指す

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧