CoinPostで今最も読まれています

18日朝の金融市場短観|NYダウ横ばい FTXの財務諸表「信頼性欠く」 タカ派米連銀総裁の発言

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

11/18(金)朝の相場動向(前日比)

    暗号資産

  • ビットコイン:16,694ドル +0.6%
  • イーサリアム:1,203ドル -0.9%
  • ソラナ:13.6ドル -4.9%
  • チリーズ:0.24ドル +3.9%
  • 伝統金融

  • NYダウ:33,433ドル -0.36%
  • ナスダック:11,087ドル -0.86%
  • 日経平均:27,930円 -0.34%
  • 米ドル指数:106.6 +0.34%
  • 米国債10年:年利回り3.7% +1.99%
  • 原油先物:81.9ドル -4.26%
  • 金先物:1,763ドル -0.7%

今日のニューヨークダウ平均は小幅安。利上げの展望に関しては、タカ派と知られる米セントルイス連銀のブラード総裁は17日にインフレに対する「十分抑制的」な政策目標を達成するためには政策金利の水準をより高くする必要があると指摘。ターミナルレート(最終着地点)について最低でも5〜5.25%に引き上げるべきだと述べた。現在の政策金利は3.75~4.00%。ブラード総裁の発言などを受け、ドルは米国債利回り上昇に伴い買い戻された格好だ。

また、米中間選挙の結果に関しては17日に、野党・共和党は下院で過半数(218)の議席を獲得することが確実となり、多数派を奪還。共和党が下院で多数派となるのは4年ぶりだ。一方、上院選では民主党が主導権を維持する見通しで、議会はいわゆる「ねじれ」の状態になる。今後、バイデン政権や民主党が進める法案や、特には大規模予算案/財政措置が議会でとおりにくくなることが予想されており、インフレの伸び鈍化を期待する投資家に歓迎されているようだ。

CFRAリサーチなどによると、第2次世界大戦後に行われた19回の中間選挙後の12ヶ月間で、S&P500種はいずれもプラスのリターンを記録。JarvisLabsのデータによると、1962年以来のS&P500は平均として中間選挙までの12ヶ月の期間のパフォーマンスよりその後の6ヶ月と12ヶ月の期間のパフォーマンス両方が優れているという。

関連国債と金利の関係、仮想通貨市場への影響について解説

仮想通貨市場では、ソラナ(SOL)が17日夜一時急落。バイナンスを含む一部の取引所がソラナ版USDCとUSDTの対応を中止するとの噂が広まり警戒感が高まった。しかし、実際バイナンスのソラナ版USDCとUSDTの対応については一時的停止でありメンテナンス後に対応を再開した。一方、OKXの方はすでにソラナ版USDCとUSDTの入出金対応の選択肢を取り除いた。

出典:バイナンス

関連FTX破綻でソラナエコシステムに痛手、再起の見込みは

FTX経営破綻に関連する動きについては、FTXトレーディングで新たにCEOに就任したジョン・J・レイ氏は17日、米東部デラウェア州の裁判所に提出した書類でサム前CEOの企業運営について「40年以上に及ぶ企業再生のキャリアにおいて、今回ほどの企業統治の完全な失敗は初めてだ」と指摘した。レイ氏は米エネルギー大手エンロンが経営破綻した際に清算の指揮を執った人物だ。(書類に関する詳しい記事はこちら)

関連FTXの実態の一部が明らかに 新CEOが裁判所に書類を提出

(17〜18日)FTX/アラメダ関連の主な動きは以下通り。

    FTX運用関連

  • バハマの清算人がFTXの管理上の重大な不正及びの不始末を指摘
  • 関係者情報

  • FTXの提出書類によると、JPMorgan ChaseやWells Fargo銀も影響を受けた可能性のある企業に含まれた
  • Jump Cryptoが連鎖的破綻の可能性を否定
  • 規制動向

  • CFTC委員がFTX破綻を受け、現物取引における管轄権を持たないことをあらかじめ強調
  • ニューヨークマンハッタン連邦検事局が顧客を欺いたとしてサムとFTXに対する刑事告発を検討

関連仮想通貨市場に激震、アラメダショックとFTX騒動の動向まとめ

さらに、エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は17日、ビットコイン(BTC)を翌日から毎日1BTC購入していくと宣言。

関連エルサルバドル大統領「ビットコインを毎日1BTC購入する」

仮想通貨・ブロックチェーン関連株(前日比/前週比)

  • コインベース・グローバル|48.8ドル(-0.08%/-15%)
  • マイクロストラテジー|173.8ドル(+2.6%/-0.7%)
  • ライオット・ブロックチェーン|4.6ドル(-0.64%/-13%)

関連仮想通貨からはじめる株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア