CoinPostで今最も読まれています

大手DEXユニスワップ、ユーザーデータの取得方針掲げる 違法行為対策や法令遵守など目的に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Uniswap Labsのプライバシーポリシー

大手DEX(分散型取引所)Uniswapの開発企業であるUniswap Labsが17日、プライバシーポリシーを更新。違法行為対策、法令遵守などを目的に、ユーザーデータを収集する方針を示した。

17日付のプライバシーポリシーによると、取得対象となる情報はブロックチェーン上の取引記録(オンチェーンデータ)だけでなく、モバイル端末ID、ブラウザバージョン、Cookie(閲覧履歴など)、Webビーコン(アクセス解析)などブロックチェーン外のデータ(オフチェーンデータ)が含まれる。

対象となるアプリケーションは「Uniswap」のウェブインターフェース。ニューヨークに拠点を置くUniswap Labsが管理する全プロパティ、製品、およびサービスである。

例えば、購入したトークン履歴から、サービス機能をパーソナライズする場合があるという。Uniswap Labsは収集したデータに基づいてユーザーエクスペリエンス向上を図る意向を強調しているが、以下のような他の目的にも使用される場合があると述べている。

  • バグなど、潜在的なセキュリティ問題の解決
  • 違法行為の阻止、対策
  • 法令順守。規制当局、政府機関、法執行機関の要請対応

一方、ユーザーの身元情報(氏名、住所、生年月日)や、その他EメールアドレスやIPアドレスなどの個人データは収集しない、また取得したデータはマーケティング目的で使用されないことが明記されている。

関連:初心者でもわかるUniswap完全ガイド|Kyber network寄稿

FTXハッカーがUniswapを使用

経営破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所FTXから不正流出した資産に関して、追跡調査からUniswapが使用されたことが明らかになっている。FTXから不正に資産を抜き取ったハッカーは、20日時点に推定6億ドルの228,523ETHを保有していたとされる。

関連:FTXのハッカー、盗んだ資産をイーサリアム(ETH)に集約か

Uniswap Labsのポリシーの範囲にDEXのスマートコントラクトは含まれていないが、仮想通貨投資家の間では、フロントエンドでこうした違法行為者に何らかの対策が取られる可能性も推測されている。

プライバシーポリシーの更新を告知した11日のブログ投稿で、Uniswap LabsはWeb3のポリシーを尊重しつつ、サービスの「透明性」を提供したいとして、以下のように述べている。

Web3は、ブロックチェーンに関するイノベーションにより、数十年に渡ってインターネット企業が浸食してきたユーザーのプライバシーと選択肢を取り戻すことを目指している。Uniswap Labs はこれらの価値観を共有し、この取り組みのリーダーになるために取り組んでいる。

そのため、当社は新しいプライバシー ポリシーをリリースする。保護しているデータと、収集したデータの使用方法について明確にしたい。透明性が重要。ユーザーを驚かせたくない。

また、FTXの破綻により、仮想通貨サービスプロバイダーによる顧客資産管理手段の「透明性」が重要視されている。保有資産の残高確認「Proof of Reserves(プルーフ・オブ・リザーブ)」においては、大手バイナンスを筆頭に仮想通貨取引所が顧客資産を管理するウォレットアドレスを公表。日本法人ではクラーケンジャパンが透明性へのコミットメントとして実施した。

Web3とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2と定義し、ブロックチェーンを活用して非中央集権型のネットワークを実現する試みやそのネットワークを指す。ユーザーが自らブロックチェーンに保存されたデータの管理や活用を行うことで、新しい価値を創出する活動が世界的に広がっている。

▶️仮想通貨用語集

関連:FTXハッカーの売り圧力懸念強まり、ETHの下落率が顕著に

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア