CoinPostで今最も読まれています

FOMC議事要旨でビットコイン底堅く推移、今後も米経済指標に注目|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週(11/19(土)〜11/25(金))の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

11/19(土)〜11/25(金)の週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円相場は230万円周辺で横ばい。FTXショックの余波が残る中、FTXにハッキングを仕掛けた通称「FTX Accounts Drainer」が、イーサ(ETH)の売却やBTCペッグトークンへのスワップを週末に始めたことで、ETH主導で上値を重くしたBTC相場は、サンフランシスコ連銀のデイリー総裁が、ターミナルレート(TR)が5%を超える可能性について言及したことで下値を模索。対ドルで は9日に付けた年初来安値を僅かに下回った。

一方、22日には、来年夏に半減期を控えたライトコイン(LTC)相場が急伸しBTCも連れ高。米国債利回りの低下も相場上昇を後押しし、BTCは220万円近辺から二段高を演じ230万円台中盤まで戻した。しかし、同水準で相場は上げ渋ると、米失業保険の新規と継続申請件数増加や、S&Pグローバルの米総合購買担当者景気指数(PMI)の下振れでドル円相場が急落したことにより、円建てBTCの上値を圧迫した。

尤も、24日に公開された11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、大多数の参加者が、近々、政策金利の引き上げペースを減速させることで合意していたことが明らかとなり、BTCは230万円周辺で下げ止まった。同日には、2014年のMt.Goxハッキングに関与するウォレットに7年ぶりに動きがあったとの情報が出回り、相場は再び失速したが、節目の水準で比較的底堅く推移している。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】出所:bitbank.ccより作成

一時は対ドルで年初来安値を割り込んだBTCだったが、一部アルトコインの反発が救いとなり、窮地を脱した格好だ。また、今週は米国が感謝祭で24日から出来高が細ったことも相場が動意薄となった要因として挙げられる。

しかし、祝日との兼ね合いで月末の金曜日に発表される米個人消費支出(PCE)の発表が来週の12月1日にずれ込む。これにより、雇用関連指標が複数発表される来月の第1週は重要指標が普段より目白押しとなり、BTC相場も大きく動く可能性が指摘される。

10月の米消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)は市場予想を下回る結果となり、PCEもこうした流れを汲む可能性が指摘される。また、失業保険の継続申請件数は8〜9月の減少傾向が一転して10月から顕著な増加が確認されており(第2図)、月次の非農業部門雇用者数の伸びは鈍化し、失業率も横ばいか若干の悪化が想定される。

第2図:米失業保険新規(赤)、継続(青)申請件数 出所:FREDより作成

PCEの伸び減速と失業率の悪化は米国債利回りに更なる下押し圧力を掛ける材料となり得る。BTCはFTXショックという未曾有のイベントの直後でも10月CPIの市場予想下振れに反応していたことから、引き続き米経済指標には注目しておきたい。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:FTTショック余波への懸念燻るも、来週は18000ドル周辺に注目

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/23 火曜日
07:35
トランプ氏再選でビットコインが米国準備金に? 専門家の見解
米政府が仮想通貨ビットコインを準備金にすることは不可能ではないとDAIMのCEOが発言。この政策は共和党のDonald Trump氏が今週のイベントで発表するとの憶測が広まっている。
07:00
仮想通貨取引所Gate、日本国内向けのサービス提供終了
海外の仮想通貨取引所Gateは22日に日本の金融規制を遵守するために、日本国内向けのサービスを終了することを発表した。
06:30
米政府、6.26億円相当のビットコインをコインベースへ送金
米政府は未だ2.27兆円の価値に相当する21.3万 BTCの仮想通貨ビットコインを保管している。
06:00
米SECがイーサリアム現物ETFを最終承認、取引は23日より開始へ
SECは各仮想通貨イーサリアム現物ETF銘柄への最終承認(S-1登録)を行い、正式にゴーサインを出している。
05:45
東証上場メタプラネット、2億円相当の仮想通貨ビットコイン買い増し 
ビットコインが週末に上昇したことや買い増しを続けていることが好感されメタプラネットの株価は月曜日に19.31%上昇した。
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア