CoinPostで今最も読まれています

11月に迫るビットコインキャッシュハードフォーク|対応方針を海外取引所CoinexとBitasiaexが発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

11月のBCHハードフォークを前に海外大手2取引所が対応方針を相次ぎ発表
2018年11月15日に予定されているBCHのハードフォーク。これに8月末から9月頭にかけて、海外の大手取引所CoinexとBitasiaexが相次いで対応方針を発表した。利用者、投資家、市場、開発コミュニティの各方面に配慮しつつ、立場の違いが見える内容となっている。BCHが11月15日以降どのような状況になるかは、引き続き注視が必要である。
ナカモト・コンセンサスとは
新たなブロックを生成する際に用いられる合意形成アルゴリズム。ブロック生成時、まず新しいブロックを提案するリーダーを選出し、そのリーダーが提案したブロックに他のノードが賛否を示す仕組み。民主的に見えるが、PoWがベースにあり、計算力(=マシンパワー)の高いノードがリーダーに選出されやすい点に課題があるとされる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

2018年11月15日にBCHのハードフォーク(ブロックチェーンの仕様変更に伴う分裂)が予定されています。

これに対し最近、海外の取引所CoinexとBitasiaexが対応方針を発表しました。

ハードフォーク自体はいまでは珍しいことではありません。

しかしこの11月のハードフォークはBCHがメジャー通貨であることにに加え、クライアント開発チームのBitcoinABCとNchainの立場の違いが加わって、利用者、採掘者、投資家、あるいはそれらのコミュニティから、大きな注目を集める状況となっています。

Coinexの対応方針

Coinexは2017年12月にBCHを基軸とする世界初の取引所としてオープンしました。

2018年8月時点で、BCH取引高では世界最大規模を誇ります。

そのCoinexは11月のBTCハードフォークに際し、火種となっているチームNchainのBitcoin SVについて、Bitcoin Cashプロトコルからの改変という認識に立ちます。

その上で、もし分裂によりBitcoin SV(BSV)というBCH非互換の仮想通貨が生まれることになった場合、9月1日のお知らせの中で「責任のある取引所として」次の3つの対応をとることを表明しました。

(1)2018年11月15日時点の取引所データのスナップショットを取得、保管する。

(2)それまでのBCH保有者は、BTC:BSV=1:1のレートでBSV保有者となる。

(3)ただし(2)は、新しいブロックチェーンが安定し、ウォレットを含むすべてのサービスが利用可能になってからの対応とする。それまでは、BSVの入出金には応じない。

あわせて、

「BSVがリプレイプロテクション(リプレイアタック対策)を行わない場合には、マイニングプール(採掘所)のViaBTCと連携して利用者の資産保全を行う」

とも表明しています。

Bitasiaexの対応方針

Coinexがお知らせを発表した翌日の9月2日に、Bitasiaexも7つの項目からなる対応方針を発表しました。

(1)Bitexasiaは、BTCおよび利用者に価値をもたらすものとして、Bitcoin SVのコミュニティ参入を歓迎する。

(2)Bitexasiaは現時点で、BitcoinABC、Bitcoin Unlimited、Bitcoin XT、Bitcoin SV等どのチームからもブロックチェーンのフォークを行う意向を聞かされていない。

(3)現在、BCHのフルノード対応クライアントは各々別々の実装で同一のプロトコルに対応している。その意味で、BCH SV、BCH ABC、BCH Unlimitedの区別は不要である。

(4)Bitexasiaは、今回の解決に向け、開発コミュニティが違いに密接な連携をとることを期待する。例えば個々のアップグレード項目をマイナーボートによって決めるといった方法も1つだろう。合意に達しないからすぐにフォークするといった動きは望むところではない。

(5)Bitasiaexは引き続き状況を見守りたい。かつ、11月のハードフォークには当社として準備を行い、BCH保有者にはその保有量に応じた形で新コインを供給する予定である。

(6)BCHティッカーについては次のルールに従う。(6-1)リプレイプロティションを行う側がティッカーを変更する。(6-2)「最大ブロックチェーン優先原則」:2017年8月1日を起算日としたブロックチェーンが最大のコインをテッカーBCHとする。

(7)Bitasiaexは、ハードフォーク後の仮想通貨もBCH保有者にとって十分なディバティブ資産になると考えている。しかし、ハードフォーク後の仮想通貨の入手(特に分裂が落ち着くまでの間)には不要な投資リスクを冒すことなく、手持ちの仮想通貨により入手するすることを推奨する。

改変か、本家返りか

Coinex陣営から「改変」といわれたBitcoin SVについて、同クライアントソフトウェアの開発元であるNchainは、CEOのNguyen(グエン)氏は9月2日のツイッターで次のように述べています。

「BitcoinSVは、BCHからの分裂を意図したものではありません。また、新たなコインやトークンを作り出すことも意図していません。そうではなく、オリジナル版のビットコインを支持する採掘者向けに、実装の明確なBCHを提供するものです。今後、ナカモト・コンセンサスの下、BCHのブロックチェーンを賭けた、マイナー投票による競争が行われることになるでしょう」

BTCプロトコルの「改変」という点では、BitcoinABCのクライアント実装も一種の改変に当たるのではないかという指摘が、海外の仮想通貨メディアからもなされています。

改変か、本家帰りか。

BCHを名乗る(べきな)のはだれか。

利用者にはどのような影響が起こり得るのか。

11月15に向けた残り2ヶ月半、BCHのハードフォークを巡る動きは、今後も開発チームを軸にますます活発化していくことが予想されます。

利用者にとって着地点がわかりやすく見えるまでには、まだ少し時間がかかりそうです。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ビットコイン:これまでに行われたフォークは約70回にも及ぶ
フォークコインをまとめたサイトforkdrop.ioによれば、現在69のビットコインのフォークが確認されていますが、そのうち取引所での取引が可能であるのはわずか10種類ほどです。また、そのすべてを合わせても、0.12BTCのほどの価値しかもちません。
5/15(火)|Consensus2018のニュースでZcashが暴騰・BCHがハードフォークを迎える
世界最大級の仮想通貨カンファレンス「Consensus2018」での好材料で、Zcashが暴騰しています。またBCHがハードフォークを迎え、性能が大幅向上。スマートコントラクトのベースを構築することが可能になりました。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/23 火曜日
07:00
仮想通貨取引所Gate、日本国内向けのサービス提供終了
海外の仮想通貨取引所Gateは22日に日本の金融規制を遵守するために、日本国内向けのサービスを終了することを発表した。
06:30
米政府、6.26億円相当のビットコインをコインベースへ送金
米政府は未だ2.27兆円の価値に相当する21.3万 BTCの仮想通貨ビットコインを保管している。
06:00
米SECがイーサリアム現物ETFを最終承認、取引は23日より開始へ
SECは各仮想通貨イーサリアム現物ETF銘柄への最終承認(S-1登録)を行い、正式にゴーサインを出している。
05:45
東証上場メタプラネット、2億円相当の仮想通貨ビットコイン買い増し 
ビットコインが週末に上昇したことや買い増しを続けていることが好感されメタプラネットの株価は月曜日に19.31%上昇した。
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア