CoinPostで今最も読まれています

TRON以外にも入札はあった | BitTorrentの巨額買収からNEOが手を引いた理由とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

TRONとNEOの共通点
両社は「処理がより迅速で、スケールするブロックチェーンの構築」によりイーサリアムに対抗する狙いを持っていた。どちらも中国に本社を置く企業で、時価総額も1,700億円前後と似通っている。その2社が、BitTorrentの買収に名乗りを上げた。
TRONの狙いとは
BitTorrentの「脱中央集権化したウェブ」というアーキテクチャ構想は、今日のトークンブームの先駆けとも言えるものである。TRONがBitTorrentでの役割を早急に明確にすることが待ち望まれる。
BitTorrentとは
ブラム・コーエンが開発した、P2P技術を用いたファイル転送用プロトコル、およびその通信を行うソフトウェア。2003年に初版が公開された。現在ではフリー/オープンソースソフトウェアのほか、様々な音楽/映画/商用アプリケーションがBitTorrent経由で配信されている。一方で膨大なネットワークトラフィックを占有することが問題視されることもある。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

TRONとNEOの入札競争

先に、ブロックチェーンプラットフォームTRONの創業者Justin Sun(ジャスティン・サン)氏が、分散ファイル共有サービスのBitTorrentを買収したことが話題になりましたが、実はTRONは唯一の入札者でも、最高額入札者でもなかったことが判明しました。

複数入札ということは、TRONの他にもBitTorrentの買収に興味を示す企業があったということです。

その競合相手は、中国の仮想通貨/ブロックチェーンプロジェクトのNEOでした。

NEOは、関連ベンチャーキャピタルのNGC (NEO Global Capital)を通じて、TRONよりも高額の入札を行っていました。

NEOの投資部門トップの朱威宇(Weiyu Zhu)氏の発言、および複数の内部文書によると、NEO/NGCの入札額は1億7,000万ドル(約189.5億円)で、TRON側の入札額1億2,000万ドル(約133.8億円)を500万ドル(約55.7億円)上回っています。

しかし、最終的に入札に勝ったのはTRONでした。

共通点の多い両社

TRONによるBitTorrent買収が大きく報じられたのは、2018年6月のことでした。

仮想通貨関連企業が著名な関連企業を買収する初の事例として話題となりました。

観測筋からは、TRONが買収を行う狙いの1つに、BitTorrentの膨大なユーザー基盤にあるのではないかとも見られていました。

もちろん仮想通貨関連企業としての本命は、世界第2位の規模を誇るイーサリアムブロックチェーンへの対抗。

そしてその手法は、処理がより迅速で、スケールするブロックチェーンの構築です。

この点で、TRONとNEOはライバルとして同じベクトルを持っていました。

2018年7月にTRONは、そのネットワーク立ち上げの主旨として「インターネットの脱中央集権化」を掲げました。

4月および7月には、サンが(イーサリアムよりもトロンのほうが)「はるかにましだ」といったツイートを行って物議を醸したこともありました。

TRON is 80 times faster than Ethereum. With 14 years of experience, @BitTorrent is providing a world-class service to 100 million users in 138 countries. Add the two together and you get the largest and most advanced peer-to-peer network in the world! #TRONBT $TRX

出典元:Twitter
一方の、「中国版イーサリアム」を自認するNEOは、スマートコントラクト、デジタル認証、デジタル資産といった分野に注力しています。

時価総額でも、NEOの16億ドル(約1,784億円)に対し、NEOは15億ドル(約1,672億円)と、両社はかなり似たところにあり、どちらも本社を中国に置いているという共通点があります。

ということは、どちらも当局の資本規制を受けなければなりません。

こうした、似たところの多い企業ですが、BitTorrentへの入札で提示した額には、一定の隔たりがありました。

入札に応じる側のBitTorrentは、NEOが1億7,000万ドルとTRONを500万ドル上回る金額を提示したにも関わらず、「当社にとっても株主にとっても大きな魅力とは言えない」としてNEOの提案を退け、最終的にTRONを選んだのです。

入札争い

入札に向けて、先に動いたのはTRON側でした。

TRONは2017年12月、サンがベンチャーキャピタルDCMのDavid Chao(デヴィッド・チャオ)氏に接近します。

DCMは、BitTorrentの最大手の出資者でした。

しかしこの時点では、サンとしてはBitTorrentを丸ごと買収する意向ではなかったと見られます。

むしろ、DCMの優先株の99%を取得することで、同社の経営権を得ることが狙いでした。

優先株の買収額は、最終的に1株あたり1.85ドル(約206円)、総額900万ドル(約10億円)から1,000万ドル(約11.1億円)の提案をサンは行ったと見られます。

こうして一度は合意しかけた交渉ですが、チャオが「それでは普通株主にメリットが出ない」として優先株に加え、普通株も購入することをサンに対して強く求めました。

NEO側の買収交渉

このような状況の中、2018年1月末頃、約1ヶ月遅れでNEO側が買収交渉に乗り出します。

NEOがTRONと違ったのは、当初からBitTorrentの単独株主を目指したことです。

優先株に1億1,500万ドル(約128.2億円)、普通株に5,500万ドル(約61.3億円)、計1億7,000万ドル(約189.5億円)での買収を申し出ました。

そこには、BitTorrentの技術を下敷きに、脱中央集権化したファイルストレージシステムから、脱中央集権化したウェブやブロックチェーンの構築を、という狙いがあったものと見られます。

米国当局と世論の影響

2018年2月中旬に状況が変わります。

NEOサイドが買収条項を修正、「半年以内に買収が完了しない場合には買収を無効とする」旨の、それまであった条項を削除したのです。

これがBitTorrentとDCMには、NEOの態度変更、不利な条件に映りました。

NEOによる修正案が提示された翌日、BitTorrentとDCMは(より高額な)入札額に関わらず、NEOの提案はTRONと比べて「好ましいものとはいえない」という判断を下しました。

前出のNEOの投資部門トップの朱氏は、これに関し、NEOは対米外国投資委員会(CFIUS)の対応を懸念していたのだと説明します。

米国ではちょうど、HuaweiやZTEといった中国系企業による通信事業者取得に向けた動きが、米国知財保護の観点から政治的な議論を呼んでいた時期に当たります。加えて、BitTorrentのチーフ開発者Bram Cohen(ブラム・コーエン)氏がベンチャー企業Chiaの立ち上げに携わっていました。

Chiaの競合となり得る企業に、BitTorrentをあえて譲渡する理由が、彼にはありませんでした。

そして2月14日、聖バレンタインの日とその翌日にかけて、BitTorrentとDCMはTRON側の総額1億2,000万ドル(約133.8億円)の買収提案に合意しました。

内訳は、優先株9,000万ドル(約100.3億円)、普通株3,000万ドル(約33.4億円)というものです。最終的な買収額は、これに運転資本等の調整加算が行われ、1億5,000万ドル(約167.2億円)となりました。

改めてTRONの狙いを振り返る

BitTorrentは、現在までTRONの新しい役割を具体的には明らかにしていません。

観測筋は、TRON側の買収当初の目的は膨大なユーザー基盤の取得とBitTorrentの正統の後継者としての地位を得ることにあったと見ています。

とはいえ、現在に至るまでNEOは著作権侵害に悩まされ、また、リポジトリへの属性コードの埋め込みもうまくいっていません。

経営母体の変更に不安を感じ、BitTorrentを去った従業員もいます。

サンは、買収の最終提案を行う前に取りやめたものの、それまで半ば強制的なやり方で、コーエンを含むBitTorrentの元従業員や普通株の主要株主に対し、同社に戻るように働きかけてきました。

BitTorrentのビジネスモデルに関しては、結果的に身売りへとつながったわけですが、「脱中央集権化したウェブ」というアーキテクチャ構想は、今日のトークンブームの先駆けとも言えるものです。

コーエンは、他の多くのテクノロジーの発明者がそうであったように、2017年に自社を去りました。そうして立ち上げたのがChiaであり、BitTorrentもChiaの株主に名を連ねています。

これまでのところ、TRON側はNEO側が懸念したような形では、CFIUSと衝突していません。

そして中国当局は、自国企業が欧米企業を買収することについて歓迎の姿勢を示しています――もっとも、当局の支援が得られたからといって、その先には中国にありがちな、うんざりするような諸手続きが待っていることに変わりはないわけですが。

CoinPostの関連記事

TRON(トロン)創設者Sun氏、BitTorrentの買収に意欲的
TRONはマイクロトレントを運営するBitTorrentの買収に意欲的な姿勢を見せています。しかし、訴訟などの問題も発生し、すんなりと買収という訳にはいかなさそうです。もし、買収が成功すればTRONにとっては大きな前進となりそうです。
LINE子会社の仮想通貨取引所にTRON上場:2000万円相当のエアードロップ実施
LINE社の仮想通貨取引所にTRON上場 LINEのシンガポール子会社が運営する仮想通貨取引...
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
09:40
トルコ大地震被災者に仮想通貨で寄付 バイナンスや現地の歌手など
仮想通貨取引所バイナンスは、トルコの大地震で被災したユーザーにバイナンスコインをエアドロップすると発表。トルコ現地の歌手や取引所も仮想通貨による寄付キャンペーンを立ち上げた。
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。
08:12
米コインベース、コスモス関連銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは27日、銘柄の新規上場を実施する予定だ。
07:40
バイナンス、税金ツール「Binance Tax」を発表
仮想通貨取引所バイナンスは、税金計算ツールBinance Taxを発表。現在利用できる国や特徴、今後の計画を説明している。
07:20
米AI関連株好調・ドル円続伸、米早期利下げの期待後退へ|7日
本日のニューヨークダウやナスダックは続落したが、米国株ではAI株が引き続き好調だった。8日にはパウエルFRB議長が発言を控えており、市場はFRBの口調に変化がないか様子見の状況だ。
02/06 月曜日
14:23
英中銀と財務省「デジタルポンド(CBDC)が必要となる可能性は高い」
英イングランド銀行(中央銀行)と英国財務省は、「将来的にデジタルポンドが必要になる可能性が高い」との判断を示し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入に積極的に取り組む姿勢を見せた。
12:53
今年1月のNFT市場、前月比40%高と大幅に盛り返す=DappRadarレポート
DappRadarはNFTおよびDeFi市場についての最新レポートを発表。23年1月にNFTの取引量と販売数が急増しており回復傾向だった。BAYCなどを運用するYuga Labsコレクションが好調だった。
12:25
エコノミッククラブのパウエル講演控え、ビットコインなど様子見基調
前週末の雇用統計を受け、株や暗号資産(仮想通貨)などのリスク資産の値動きが冴えない。8日深夜には米ワシントンエコノミッククラブのパウエル講演控えており、ビットコインも様子見基調となっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア