CoinPostで今最も読まれています

DEA、国内電力大手の合弁会社とMOU締結

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

社会貢献ゲームの検討へ

NFTゲーム開発・運用を展開するDigital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下「DEA」)は31日、「電力アセットNFT」を活用したサステナブルな社会貢献ゲームを検討する目的で、Greenway Grid Global Pte.Ltd.(以下「GGG」)とMOU(了解覚書)を締結したことを発表した。

GGGは、東京電力パワーグリッド株式会社、中部電力株式会社および株式会社ICMG Partnersがシンガポールで設立した合弁会社。アジアの海外送配電事業や次世代インフラ事業への投資・運営、新規事業インキュベーション、グローバルリーダー人財育成の3事業の推進を目的とする。

GGGは、東京電力パワーグリッド株式会社(以下「東電PG」)がこれまでリクルート向けに発行してきた「鉄塔カード」をNFT(非代替性トークン)技術で電子化したものを「電力アセットNFT」として4月3日に発売予定。

GGGとの提携により、DEAは「電力アセットNFT」を活かした社会貢献ゲームの開発・制作で協力する。ユーザーのゲーム世界での活躍とリアルな世界を繋げることを目指しており、ゲームを楽しみながらトークンを獲得でき、さらに社会貢献にも貢献する仕組みが構想されている。

MOU締結の背景

両社は現在、行政やインフラ企業が抱える設備の経年劣化や人財不足による点検・巡視業務に関する課題解決に向けて、WEB3.0(分散型ウェブ)の技術を活用した新たなゲームの開発を検討している。

開発予定のゲームは、行政やインフラ企業が持つ様々なアセットの点検・巡視業務を、ゲームを通じて一部代行することを目指す。

プレイすることでトークンを獲得する「Play to Earn」モデルを採用し、「電力アセットNFT」をアイテムとして組み合わせることで、ゲームをより楽しむことができる仕組みが検討されている。

GGGとDEAが手掛ける社会貢献ゲームの日本国内での試験運用開始予定については、2024年度とされている。

電力アセットNFTとは

鉄塔NFTカード10種類、電柱NFTカード10種類、合計290枚で構成されるNFTコレクション。東電PGが都心から山間部まで面的に保有している電力アセットの中から景色と調和した設備の写真とそれぞれのアセットが持つストーリーを反映する。

鉄塔NFTカード 出典:Greenway Grid Global Pte.Ltd.

NFTマーケットプレイス「ヘキサ」で23年4月3日〜4月30日にかけて1次販売が行われる。SランクからCランクまでの希少性(レアリティ)に応じて販売数と単価が異なり、各ランクを1枚以上購入することで、「プレミアム電力アセットNFT」をプレゼントとして授与される。電力アセットNFTの種類・価格については以下の通りだ。

(鉄塔 NFT カード)
・S ランク(1 種類×5 枚) :100,000 円/1 枚(税込み)
・A ランク(2 種類×10 枚): 30,000 円/1 枚(税込み)
・B ランク(2 種類×10 枚): 10,000 円/1 枚(税込み)
・C ランク(5 種類×20 枚): 3,000 円/1 枚(税込み)
(電柱 NFT カード)
・S ランク(1 種類×5 枚) :100,000 円/1 枚(税込み)
・A ランク(2 種類×10 枚): 30,000 円/1 枚(税込み)
・B ランク(2 種類×10 枚): 10,000 円/1 枚(税込み)
・C ランク(5 種類×20 枚): 3,000 円/1 枚(税込み)

関連:DEAのNFTマーケットプレイス、法定通貨での購入が可能に

広告ソリューションの発表も

DEAが手掛けるNFTゲームプラットフォーム「PlayMining」は、暗号資産(仮想通貨)「DEAPcoin(DEP)」、NFTマーケットプレイス「PlayMining NFT」、全5タイトルのPlay to Earnタイトル、メタバースプロジェクト「PlayMining Verse」を柱とするGameFiプラットフォーム。

2020年5月26日のサービス開始以来、23年3月現在は世界100カ国以上、270万人以上のユーザーを有す。”誰もが「楽しみながら」生活できる経済社会を”をコンセプトにコンテンツの拡充とユーザー拡大を続けている。

DEAは3月14日、「PlayMining」上でオリジナルNFTを作成できる広告ソリューション「プロダクトプレイスメントNFT」を発表した。

プロダクトプレイスメントNFTを使用することで、企業や個人はプロモーションしたい商品・サービスの「オリジナルNFT」を作成し、そのNFTにPlayMining上のゲームのユーティリティを付与した上でユーザーに販売・配布できる。

関連:DEA、PlayMiningの広告ソリューション「プロダクトプレイスメントNFT」を発表

Web3とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 木曜日
07:35
Bitcoin Core、最新バージョンをリリース
仮想通貨ビットコインのソフトウェアBitcoin Coreは、最新バージョンv26.0がリリースされた。一方で、OrdinalsやBRC-20トークンの発行ができなくなる可能性が浮上している。
07:20
仮想通貨Worldcoin、分散化目標と助成金プログラムを初公開
OpenAIのCEOであるサム・アルトマン氏が他のメンバーとともに立ち上げたAI・仮想通貨プロジェクトWorldcoinは、初の助成金プログラムを公開した。開発者の参入を促す狙いだ。
06:30
アマゾン、プライムゲーミングでGods Unchainedのカード配布実施へ
米アマゾンはAmazon Prime Gamingを通じてWeb3カードゲーム「Gods Unchained」と提携し、ゲーム内カードを無料で入手できるキャンペーンを開始した。
06:02
コインベース、Jitoのガバナンストークン「JTO」新規上場予定
エアドロ前に上場発表 仮想通貨取引所コインベースは、ソラナ(SOL)の大手ステーキングプールJitoのガバナンストークン「JTO」の新規上場予定を発表した。JTOはまだ流通して…
12/06 水曜日
16:05
米コインベース関連団体、大統領候補による仮想通貨討論会を開催
米コインベースが立ち上げた仮想通貨の権利擁護団体「Stand with Crypto Alliance」は、米大統領候補による仮想通貨をテーマとした公開討論会を開催すると発表した。
15:59
オプション市場で5万ドルが意識されるビットコイン相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
1BTC=45000ドルまで上昇した暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの指標について、暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリスト「仮想NISHI」氏が解説。
13:30
ふるさと納税のNFT採用進む、記念SBTで地域振興図る
日本各地の自治体がふるさと納税の返礼品としてNFTを導入する新しい動向を紹介。JPYC商品券の活用や、海陽町、高松市、岸和田市の先進的な取り組みを探り、デジタル技術を駆使した地域活性化の可能性を探る。
12:23
ビットコイン45000ドルまで大幅続伸、「ビットコインETF」巡るSECの動きに高い関心
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが45000ドルまで急騰した。ブラックロックや米SEC(証券取引委員会)を巡る動きを受け、ビットコイン現物ETFの承認思惑が加速している。
12:00
ビットコインマイニング企業Riot、マイニングマシンを6万台以上発注
米上場仮想通貨マイニング企業Riotは、MicroBTに6万台以上の最新ビットコインマイニングマシンを発注した。これまで最大規模の注文となる。
10:50
自民党主導の「デジタル先端金融議連」、ビットフライヤー等も参加
自民党がデジタル先端金融議員連盟を発足。暗号資産(仮想通貨)交換業者のビットフライヤー、コインチェックが参加。金融DX推進、Web3技術活用で現行制度の課題克服を目指す。グローバルな金融革新の状況を解説
10:30
新作Web3ゲーム「Apeiron」、Sky MavisのRoninチェーンに登場へ
アクシーインフィニティの開発スタジオSky Mavisはゲーム開発企業Fooni Magusとの提携を発表。新ゲーム「Apeiron」をRoninチェーンで展開する。
09:45
仮想通貨法人税制、2024年度も見直しへ
自民・公明の与党は、2024年度に向けた税制調査会を開催し、各省庁から出されている税制改正要望を査定。仮想通貨の法人税制を見直すことが決定したという。
08:40
ビットコイン続伸でマラソンなど仮想通貨関連株も続伸
主要な仮想通貨関連株はビットコインが44,000ドルに続伸したことを受け、6日にも続伸した。伝統金融では昨夜は10月の米求人件数データが発表され、労働市場が冷え込みつつあることが再び示されている。
08:05
IBM、仮想通貨向けコールド・ストレージ技術を発表
IBMは、仮想通貨などのデジタル資産向けの新たなコールド・ストレージ・ソリューションを発表。リップル傘下のMetacoらと協業し、このソリューションを開発したという。
07:30
コインベース、TikTokやインスタで仮想通貨送金無料に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは、世界で最も利用される通信・SNSアプリを通じて顧客同士が無料で仮想通貨を送金できる新サービスを導入した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア