CoinPostで今最も読まれています

OpenAIのChatGPT、iOSアプリをリリース

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ChatGPTのiOSアプリ

米OpenAIは18日、AI言語モデル「ChatGPT」のiOS対応アプリの提供を開始したと発表した。同社によれば、Android向けのリリースも間もなく行われる見込みだ。

新たにリリースされたChatGPTアプリは、ユーザーが広告を気にすることなく利用できる無料アプリ。デバイス間での使用履歴の同期、音声認識システム「Whisper」による音声入力などの機能も盛り込まれている。

また、月額約2760円(20ドル)の有料プラン「ChatGPT Plus」の加入者は、GPT-4の強力な機能を活用することが可能だ。このプランを通じて提供される機能や特典は、iOS上でも利用可能となっている。

ChatGPTアプリは、iPhoneとiPadの両方で利用でき、App Storeからダウンロード可能。ただし、発売当初は米国のユーザーのみが利用可能で、日本を含む他国のユーザーは当面の間利用できない。OpenAIは、今後数週間以内に提供地域を広げるとしている。

OpenAIはユーザーからのフィードバックを重視し、それを基にChatGPTの機能と安全性を継続的に改善していくと述べている。また、「ChatGPT iOSアプリのリリースにより、最先端の研究を有用なツールへと転換するという私たちのミッションが一歩前進した。その一方で、これらのツールがよりアクセシブルとなるよう、常に努力を続けていく」というコメントを発表した。

ChatGPTとは

対話型のAI言語モデルとして2022年11月にリリースされたChatGPTは、ユーザーの質問に対し人間との会話感覚で回答を得られるよう設計されている。その人気は爆発的で、リリース後1週間足らずで利用者数が100万ユーザーを突破し、2023年1月までには一部報道によれば最速で1億人ユーザーを獲得したとされている。

OpenAIによると、ChatGPTおよびそのiOSアプリは、料理や旅行の計画に関するアドバイスを求めたり、クリエイティブなインスピレーションを刺激するアイデアの提供や、専門的な意見やフィードバックの求められる業務の補助、個々の学習ニーズに合わせたパーソナライズされた教育など、様々な用途に活用することができる。

OpenAIのAI技術を用いたアプリとしては、米マイクロソフトの検索エンジン「Bing」が先行していた。マイクロソフトは、OpenAIの大規模言語モデルGPT-4を活用し、対話形式でのインターネット検索を可能にした「Bing」を今年2月にリリースした。

マイクロソフトによれば、その「Bing」はわずか90日間で5億回以上のチャットが行われるという急速な利用拡大を見せた。また「Bing」のデイリーアクティブユーザー数は1億人を超え、「Bing」モバイルアプリのインストール数は4倍に増加したという。その結果、マイクロソフトのブラウザ「Microsoft Edge」のシェアも8四半期連続で成長したと報告されている。

関連:マイクロソフト、Bingチャットボットを一般公開

AI言語モデルの懸念

AI言語モデルの開発と普及が急速に拡大している一方で、その使用に伴う懸念が増大している。中でも、AIが不適切な回答を出力する「ハルシネーション」現象や、チャットで入力されたデータ使用におけるプライバシー侵害のリスクなどが議論の的となっている。

こうした懸念について、ChatGPTの開発元であるOpenAIの共同創業者でCEOのサム・アルトマン氏が16日に開かれた米上院司法委員会の公聴会に出席、証言を行った。

アルトマン氏は、AI技術の潜在的な危険性に対する懸念を表明し「ますます強力になるモデル」のリスクを軽減するために、新たな監督機関の設立や専門家による独立した監査の実施を提案した。一方で、OpenAIモデルに及ばないAIの開発や研究に対しては負担の重い規制要件は必要ないとの考えを示し、特定の機能を実行するAIモデルに対してライセンス制度を導入する提案を行った。

関連:OpenAIアルトマンCEO、米上院公聴会でAIに対する規制整備を要請

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/06 火曜日
13:18
AI開発と著作権問題、基準を明示した文科大臣答弁が話題に
生成AIの開発段階で用いられるデータ利用について、著作権を問わず利用が可能だとの判断が、日本の行政トップから示されたことが、日本がAIの著作権問題で先鞭をつけたとして海外でも注目を集めている。
12:33
SECのバイナンス提訴で仮想通貨全面安、ビットコイン25000ドル台に急落
米SEC(証券取引委員会)が業界最大手の暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスの提訴に踏み切りビットコインが急落。新たに12銘柄の有価証券性を指摘されたアルト市場では大規模なロスカットが発生した。
11:55
JPモルガン、インドで6つの銀行とブロックチェーンベースの取引を試験
米JPモルガンは、インドでブロックチェーンベースの米ドル建て取引の試験運用を開始した。取引プラットフォーム「Onyx」を利用するもので、金融センター「GIFTシティ」の5行が参加する。
11:02
ドリコム、Web3ゲーム『Eternal Crypt -Wizardry BC-』開発へ
ドリコムが保有する「Wizardry」の知的財産権を活用し、チューリンガムと共同で開発を進めているブロックチェーンゲームの新タイトルが『Eternal Crypt -Wizardry BC-』に決定した。
10:15
米テザー社、エルサルバドルのビットコイン採掘企業に350億円出資
米テザー社は、エルサルバドルで仮想通貨ビットコインのマイニングファーム建設を目指すスタートアップ「ボルケーノエナジー」に出資したと発表した。専門知識なども提供する。
09:30
イーサリアム共同創設者Wilcke氏、取引所へETHを大量送金か
仮想通貨イーサリアムの共同創設者Jeffrey Wilcke氏のものとみられるウォレットから、55億円相当のETHが取引所に送金されたことがわかった。同氏のウォレットでは、15万ETH超がまだ保有されている。
08:15
米SEC、バイナンスとCZ氏を提訴
米SECは、仮想通貨取引所バイナンスと同社CEOのCZ氏を提訴。ソラナなどの銘柄を未登録有価証券と主張するなどして、合計13の容疑で訴訟を行なった。
08:05
仮想通貨関連株全面安、アップルはMRヘッドセットを発表
本日のNYダウは−199.9ドルと反落。ナスダックも−11.3ドル安で取引を終えた。市場は来週の米CPIとFOMCに向けて様子見の雰囲気を強めているようだ。
06/05 月曜日
14:40
バイナンスのWeb3起業家コンテスト、「zkPass」が優勝
大手仮想通貨取引所バイナンスは、メタバースで開催したWeb3起業家コンテスト「Build The Block」の優勝者を発表。ゼロ知識証明を開発する「zkPass」が助成金を勝ち取った。
12:39
露大手銀行ロスバンク、仮想通貨を利用したクロスボーダー決済サービスの提供開始=報道
ロシアの大手銀行ロスバンクは、同国の主要銀行として初めて、仮想通貨を利用したクロスボーダー決済システムの運用を開始した。同行はすでに企業及び個人の顧客との取引を試験的に行なっているという。ロシアのビジネス紙「Vedomosti」が報道した。
12:01
三菱UFJ信託銀行ら3社、ステーブルコインのクロスチェーン基盤構築へ
三菱UFJ信託銀行は2日、DatachainおよびTOKIと提携して、ステーブルコインのクロスチェーンインフラを構築していくと発表した。「Progmat Coin」を利用するトークンを対象とする。
11:58
ビットコインのボラティリティ、30日間変動率が過去最低水準に
米債務上限問題をめぐるデフォルト回避や利上げ停止観測で米株指数や日経平均株価が上昇する中、ビットコイン価格は今ひとつ冴えない。ボラティリティの30日間変動率は過去最低水準まで低下した。
06/04 日曜日
11:30
センチメント悪化でビットコイン下落、米ファンダ背景とした下げ止まりに期待|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、センチメント悪化で370万円付近まで下落した今週のビットコイン相場を解説。米ファンダメンタルズ好転で来週シナリオに楽観的な見方も。ビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|JPモルガンのBTC価格分析に注目集まる
今週は、JPモルガンのアナリストによるビットコイン価格分析について書いた記事が最も多く読まれた。このほか、国内仮想通貨取引所のトラベルルール対応など、一週間分の情報をお届けする。
06/03 土曜日
17:00
サンドウィッチ攻撃とMEVとは?
暗号資産(仮想通貨)イーサリアム基盤の分散型取引所ユニスワップなどで猛威を振るい手数料高騰の要因となっているMEV。サンドウィッチ攻撃など、分散型取引市場の脅威について詳しく解説する

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/06/15 ~ 2023/07/15
その他 未定
2023/06/16 09:30 ~ 20:00
東京 東京ミッドタウン八重洲
2023/06/18 10:00 ~ 19:00
Non Fungible Tokyo 2023 associated with Japan Blockchain Week
東京 東京国際フォーラム
重要指標
一覧
新着指標
一覧