CoinPostで今最も読まれています

考察記事:「ジキルとハイド」中国の仮想通貨/ブロックチェーン施策に見る二面性

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

中国の仮想通貨/ブロックチェーン施策に見る二面性
中国当局は最近、ブロックチェーン重視の施策を打ち出し始めている。ここ数年、仮想通貨とブロックチェーンという「二兎を追う」状況だったことからすれば大きな変化である。仮想通貨は禁止、ブロックチェーンには門戸開放という一見相反する施策の背景を考察した。

はじめに

ここ数年の中国当局は、仮想通貨資産とブロックチェーンという「二兎を追う」方法を模索するような動きを見せていました。

それが今日では「ビットコインではなくブロックチェーンを」という方針がより顕著になっています。

今回、その背景と今後の展望を考察してみました。

中国当局が2018年8月に行った主要施策の振り返り

まず、中国当局が先月2018年8月に行った、仮想通貨関連の主要施策を振り返ってみます。

  • 中国共産党(CPC): ブロックチェーンの入門書を発行。技術解説のほか、主要機能/導入事例/課題に論点も紹介している
  • 中国人民銀行(PBoC): ブロックチェーン技術を元にした貿易金融プラットフォームの開発支援に乗り出した。銀行間で行われる国際決済を円滑にすると共に、中小企業が様々な形でそれらの取引に加われるようにする狙いがある
  • 最高人民法院(CSPC): 電子証跡の保管と認証を行うテクノロジーとしてブロックチェーンを認める趣旨を含む、新たな法規制を発表した
  • 中国銀行(BoC): フィンテックおよびブロックチェーンの技術開発に向けた積極的な投資計画を発表した
  • またこの間、中国当局は仮想通貨資産に関連するあらゆる活動に、公然と攻撃的な姿勢をとってきました。

    具体的には以下のようなものです。

  • 昨年2017年9月に行われたICOの全面禁止と、同月に出された国内仮想通貨交換所に対する業務停止命令。結果、この1年間で85のICOプロジェクトが終了、90の取引所が閉鎖を余儀なくされました。
  • 当局はさらに、100の国際取引所の禁止に踏み切っています。
  • さらにWebChatのような大手プラットフォームから暗号通貨関連アカウントをブロックする取り組みにも着手しました。
  • いまや、中国国内で仮想通貨取引を行うにはVPNを使うしかありません。

    ここで、次の2つの疑問が浮かびます。

  • なぜ中国当局はこうした「ジキルとハイド」のような極端な二面性のあるアプローチを取るのか。
  • そして、こうした動きは今後も続く可能性があるのか。
  • 2008年の米中対話の内容にヒントが?

    先に結論を記せば、残念ながら直接的な答えはまだ見つかっていません。

    しかし今から10年前、ブッシュ政権と中国共産党幹部の間で行われた米中関係に関する対話の内容が、現在の中国当局の考えを読み解くヒントになるかもしれません。

    その対話では、アフガニスタン侵攻やテロの脅威といった今に続く、国際問題が話し合われました。

    その際にブッシュ政権のある幹部は中国側に、

    「夜通し考えていることは何か」

    と尋ねました。

    これに対し中国高官は、

    「数字の8。どちらも国内の安定には不可欠な数字だ。GDP成長率であり、失業率の上限でもある。」

    と答えたと伝えられます。

    中国の為政者はその権力の安定性と正統性を何よりも重んじる――裏を返せばそれだけ危機を感じていることを思わず明らかにしたというわけです。

    同時に、それら安定性と正統性には経済発展が不可欠という認識も示しました。

    この意識はおそらく今でも変わっていないでしょう。

    もしそうだとするならば、中国当局はその権力基盤を脅かす可能性のあるテクノロジー(言うまでもなく暗号通貨も該当します)を、決して野放しにはしません。

    先端技術の「改変適用」は今回が初めての話ではない

    中国は過去にも先端技術を国内向けに「改変適用」したことがあります。

    それは「金盾(グレート・ファイアウォール)」です。

    アリババテンセントが時流に乗ったビジネスモデルを打ち立てて成功を収めた背景には、中国当局によるこの大掛かりな保護主義的技術施策がありました。

    Facebook等の米国資本の大企業を当局が締め出す効果は大きなものでした。

    結果、成功を収めたこれら国内企業は共産党幹部と蜜月の関係を築くことになります。

    当局のネット検閲にも協力的であると伝えられます。

    ブロックチェーン規制の現実味

    しかし、ブロックチェーンを当局がこれまでと同様のアプローチでうまく操れるかというと疑問が残ります。

    その最大の理由が、ブロックチェーン/P2Pが持つ「必然的に分散する性質」です。

    これまでにも当局は、仮想通貨取引や仮想通貨資産を禁止または規制するために、結局のところ「インターネット全体をブロックする」やり方を取らざるを得ませんでした。

    ブロックチェーンをどのようにして検出し、規制の網をかけるのか――そう考えれば、むしろ当局はビットコインを初めとする仮想通貨の広範な受容と、その延長にある経済発展を視野に入れるべきではないでしょうか。

    中国共産党公式の「ブロックチェーン入門書」

    出典: http://theory.people.com.cn/n1/2018/0813/c40531-30225582.html

    単純な開放政策でよいか

    その一方で、手放しで開放政策に向かえばいいかと言えば、それもまた疑問です。

    仮に仮想通貨が国際間貿易の基軸媒体になった場合、歴史的に中国の輸出産業を支えてきた為替コントロールが効力を失うおそれがあります。

    また、仮想通貨に特有の「揮発性(=消えてなくなるかもしれない性質)」があることは否定できません。

    中国には現在、約14億の人口があるとされます。そのうちのごく一部の人であっても保有する仮想通貨を喪失したら、社会的な影響は甚大です。

    開放政策と、システムの緊急停止のような備えを両睨みにする必要が出てきます。

    まとめに代えて

    中国は過去を重んじる国柄です。

    将来の施策もまた過去の影響を受けるのは間違いないでしょう。

    一方で、中国が仮想通貨分野での技術革新にとって、豊かな土壌であることも確かなことと思われます。

    先に触れたように、中国では、権力の正統と安定の裏側には必ず経済発展があります。

    仮想通貨やブロックチェーンのグローバルな発展を見て、現在の北京当局がどこまで柔軟な姿勢を示すことができるか、注目されます。

    参考記事: Making Sense Of China’s Grand Blockchain Strategy

    CoinPostの関連記事

    【速報】中国仮想通貨禁止政策に、国内最大手検索エンジン「バイドゥ」も協力|フォーラム内での仮想通貨に関連する投稿を禁止へ
    中国の最大手検索エンジン、バイドゥが仮想通貨、ブロックチェーンや電子資産などのフォーラムを一切禁止する事を発表した。中国では他にもWechatやAlibabaが仮想通貨に対する対応を厳しくしている傾向が見受けられる。
    【速報】中国規制当局、124の海外取引所へのアクセスをブロックへ|仮想通貨規制を大幅強化する方針
    本日、中国の金融規制当局の報道窓口とされている「上海証券タイムズ」は、中国の「国家フィンテックリスク対策局」が国内で利用可能となっている海外取引所を124社特定し、それらのIPアドレスを完全に封鎖する予定であると報道した。中国国内で密かに継続していた取引所へのアクセスを完全にブロックする意向だ。
    『超早割』終了まで
    0
    0時間
    0
    0
    さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
    クリックしてコードをコピー
    CoinPost App DL
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    05/24 金曜日
    17:59
    コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
    暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
    17:49
    深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
    仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
    17:40
    Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
    Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
    14:53
    トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
    KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
    13:00
    仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
    韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。
    12:16
    イーサリアムETFが米国初承認、PMIインフレ懸念で仮想通貨相場は乱高下
    暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム現物ETFの歴史的なSEC初承認を巡り、期待先行で高騰していたETHが乱高下した。米PMI発表時のインフレ懸念で米株指数が急落したほか、MEV会社Symbolic Capital Partnersの大量売りが影響を及ぼしたと見る向きも。
    11:15
    米シンシア・ルミス上院議員「仮想通貨推進軍」結成を宣言
    米国のシンシア・ルミス上院議員は、議会に「仮想通貨推進軍」を構築すると発言した。これはトランプ前大統領の声明にも呼応するものだ。
    10:50
    JPYCら3社、ステーブルコインの共同検討開始
    国内ステーブルコインの利用拡大を目指し、JPYC・北國銀行・Digital Platformerが共同検討を開始。協業の背景や今後の計画が明らかになった。
    09:50
    米下院、CBDCによる監視国家に反対する法案を可決
    米下院は、中央銀行デジタル通貨による国民監視に反対する法案を216対192で可決した。共和党と民主党で票が分かれている。
    08:15
    「STEPN GO」、STEPN運営FSLが続編を発表
    フィットネスアプリSTEPNにソーシャル機能を追加した新たなソーシャルライフスタイルアプリSTEPN GOが発表された。アプリの特徴や今後の予定が明らかになっている。
    07:45
    グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
    グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
    06:15
    イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
    米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
    06:10
    米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
    Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
    05:30
    コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
    2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
    05/23 木曜日
    14:45
    ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
    BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア