CoinPostで今最も読まれています

リップル シンガポール展開で重要な一歩、 MASから原則承認ライセンス取得

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップルのシンガポール展開

米リップル社は21日、シンガポール金融管理局(MAS)から「原則承認ライセンス」を取得したことを明らかにした。これは大手決済機関(MPI)として事業を展開するための重要な手続きの一つだ。

今回は、「Ripple Markets APAC Pte Ltd」が、規制されたデジタル決済トークンのプロダクトおよびサービスを提供する許可を得た格好だ。同企業はリップル社のグローバル事業部門のシンガポール支社に当たる。

この動きは、シンガポールだけでなくアジア太平洋地域全体における暗号対応決済の顧客利用をさらに推進するための一環だと、リップル社は説明している。リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOは以下のように述べた。

MASから原則承認ライセンスを取得したことで、我々はシンガポール地域への強いコミットメントと、世界各国の規制当局との持続的かつ積極的な協働を再確認できたことを非常に誇りに思っている。

関連:ビットコイン投資信託GBTCの「マイナス乖離」、反発の背景は

シンガポール中銀のビジョン

リップル社によると、2022年に同社の決済ソリューションは、アジア太平洋地域全体での顧客数の大幅な伸びを遂げたという。シンガポールオフィスのスタッフも倍増し、地域のニーズに応えるべく取り組んでいる。

MAS(Monetary Authority of Singapore)はシンガポールの中央銀行に相当する金融機関だ。”原則承認ライセンス”は、特定の活動やサービスを提供するための正式なライセンス取得の前段階を意味する。

リップル社の最高法務責任者スチュー・アルダロティは、「この原則承認ライセンスは、リップル社が特定の活動を開始するための重要な一歩だ」と強調した。

仮想通貨の規制枠組みを整備する多くの国がシンガポールの先進的な取り組みを参考にしている。MASからのこの承認により、我々はブロックチェーンや暗号資産技術を中心に、国境を超えた金融システムの構築を図る顧客への支援をさらに強化できるだろう。

MASはシンガポールをフィンテックの中心地として推進し、革新的かつ責任のあるデジタル資産のエコシステム(経済圏)をシンガポールに確立しようとしている。

その一環で、MASはこれまでに20社弱の仮想通貨関連企業に対して原則承認とライセンスを付与してきた。米サークル社も6月初旬にシンガポールで主要決済機関ライセンスを獲得したことを発表。この結果、同社はシンガポール市場において、機関顧客がUSDコイン(USDC)を利用できるようにする送金サービスやデジタル決済トークンサービスを提供できるようになった。

MASはまた、中央銀行デジタル通貨(CBDC)、トークン化された銀行預金、ステーブルコインなどで使用できる共通プロトコル「Purpose Bound Money:PBM(目的限定型マネー)」のホワイトペーパーを21日に発表したばかり。PBMプロトコルは、MASが国際通貨基金(IMF)、イタリア銀行、韓国銀行、その他の金融機関やフィンテック企業と協力して構想したものである。

関連:ビットコイン投資信託GBTCの「マイナス乖離」、反発の背景は

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。
11:49
ビットコイン週足陰線、初期OGホルダーの売却傾向も
暗号資産(仮想通貨)市場はマクロ経済の逆風を背景に軟調に推移。Willy Woo氏は、ビットコイン現物ETFが機関投資家に買われる中、ビットコインOG(Original Gangsta)と呼ばれる初期ホルダーの売却行動を指摘した
10:38
松本潤、新会社「MJC」設立 「仮想通貨の企画」に期待と懸念
旧ジャニーズのメンバーで嵐の松本潤がSTARTO ENTERTAINMENTを退所し、新会社「MJC」を設立。創造性と絆を重視し、仮想通貨(暗号資産)プロジェクトを含む多岐にわたるビジョンを掲げて注目を集めている。
06/16 日曜日
11:00
週刊ニュース|バイデン大統領の仮想通貨寄付を巡る動向に高い関心
今週は、バイデン大統領の選挙活動での仮想通貨寄付受付開始の可能性、イーサリアム現物ETF審査に関する米SEC委員長の発言、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析に関するニュースが最も関心を集めた。
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア