CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム共同創設者ブテリン氏、仮想通貨「Worldcoin」の課題を考察

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Worldcoinの課題を考察

イーサリアム(ETH)の共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は24日、人間であることを生体認証で証明することに関して、自身の見解を公表した。

その中で、ChatGPT開発企業「OpenAI」のサム・アルトマンCEOらが進めるプロジェクト「Worldcoin」の課題を指摘。さらに、その課題を解決する方法を考察している。

Worldcoinは、世界中の人々に暗号資産(仮想通貨)を配布するという壮大な野望を掲げたプロジェクト。「Orb」という機器で目の虹彩をスキャンすることで個人を識別し、ユニークなID(World ID)を生成するという仕組みを立ち上げた。

WLDは24日にメインネットをローンチし、早速バイナンスやBybitなどの取引所に上場している。

関連仮想通貨「Worldcoin」、メインネットローンチ 取引所上場相次ぐ

ブテリン氏がWorldcoinについて指摘している4つの課題は以下の内容。

  • プライバシー
  • 利用のしやすさ
  • 中央集権化
  • セキュリティ

プライバシーについては、Orbが目の虹彩をスキャンする仕組みに言及。もし、他人が誰かの虹彩をスキャンすると、他人が、その人物がWorld IDを持っているかをデータベースで確認できてしまう可能性があるとした。

利用のしやすさについては、Orbの数の問題を指摘。安心して世界中の人々がWorld IDを作れるようにするためには、非常に多くのOrbが必要になると主張した。

また、中央集権化については、Orbが安全に作られているかどうかや、バックドアが仕込まれていないかを検証する方法がないと指摘。ソフトウェアが完全で分散化していたとしても、「Worldcoin Foundation」がバックドアを作ることもできるとした。

セキュリティについては、ユーザーのスマートフォンがハッキングされる可能性を指摘。そこで強制的にスキャンを行うよう誘導されれば、虹彩の盗難も起こりうると述べている。

解決策も考察

ブテリン氏は上述した4つの課題について、それぞれ解決策を考察した。例えば、プライバシーの漏洩のリスクには、生体認証に限らず、どんな仕組みにもゼロ知識証明を活用できるなどと説明している。

ゼロ知識証明とは

証明(Proof)プロトコルの一種。証明者が「自身の主張は真実である」以外の情報を検証者に開示することなく、その主張が「真実である」と証明するメカニズムを指す。

▶️仮想通貨用語集

また、解決策を考察するだけでなく、人間であることの証明について、別の認証方法もあると指摘。その1つとして「ソーシャルグラフ」に基づいた認証があると述べた。

ソーシャルグラフとは、互いに影響し合う人と人との結びつきのこと。ブテリン氏は、1人のIDを認証してくれる既存の認証済みIDが多くあれば、その1人のIDも認証されるという方法もあると指摘している。そして、ソーシャルグラフには機器が不要であることなど、Worldcoinと比較した場合のメリットも紹介した。

なお、ブテリン氏はWorldcoinを一方的に批判しているわけではない。今回の文章の冒頭では、Worldcoinの議論に応じてくれたとして、Worldcoinのチームらに感謝を述べている。

そして最後には、これから人間であることの証明の全手段が発展していくことを楽しみにしているとし、様々なアプローチが最終的に結束していくことを望んでいると結んだ。

関連ChatGPT創業者ら携わる「Worldcoin」の開発企業、シリーズCで約160億円を調達

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/17 水曜日
17:30
Polyhedra Networkがグーグル・クラウドと提携 ゼロ知識インフラ「Proof Cloud」を発表
Polyhedra NetworkがGoogle Cloudと提携し、ZK-as-a-service「Proof Cloud」を発表。ゼロ知識証明の生成を簡略化し、個別要件に最適なインフラストラクチャを提供する。Google Cloudは、AIの品質管理に関する機械学習機能を強化するため、ゼロ知識技術を活用するためにPolyhedraと協力する方針だ。
17:29
HashPalette『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画発表
メタバース型ファーミングブロックチェーンゲーム『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画が2024年4月24日に開始。特別な釣りイベントで万博チケットを獲得するチャンス!NFT関連事業を手掛けるHashPaletteが開催。
16:16
コインチェックTVCMを5月に放映開始、稲垣吾郎と鈴木もぐら出演
コインチェックが新CM「コインチェッくん篇」を、半減期後となる2024年5月から放映開始。稲垣吾郎と鈴木もぐらが出演。暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン買うならコインチェック」と訴求する。過去のCMからの一貫性にも注目だ。
12:18
ビットコイン推移は正念場、足元のETF需要は伸び悩む
イランとイスラエルを巡る中東情勢不安が株やビットコイン市場に重くのし掛かる中、6万ドルのサポートライン上で際どく推移するBTC価格。ビットコインETFへの資金流入は、過去4週間にわたって減少傾向にある。
12:10
住宅資産トークン化の「Homium」、アバランチ上で立ち上げ
住宅ローンのトークン化プラットフォーム「Homium」は仮想通貨アバランチのチェーン上で、トークン化住宅資産によるローンを立ち上げた。
10:10
韓国ウォン、対仮想通貨取引高で世界トップに 日本円は?
金融リサーチ企業Kaikoは、中央集権型取引所におけるビットコインなど仮想通貨取引高で、韓国ウォンが米ドルを上回ったと指摘した。
08:50
イーサリアム大口保有者、50億相当を売却
50億相当の仮想通貨イーサリアムを売却して約6億円の損失を出した大口保有者がいることをLookonchainが報告。このアドレスは先月から注目を集めていた。
08:30
Web3のMMORPGゲーム「EFAS」、ソラナ上で経済圏構築へ
EFASはソラナラボが提供する「GameShift」を用いる。「GameShift」とは、ソラナラボが2023年11月にベータ版をリリースした、ゲーム開発者がソラナ上でブロックチェーンを活用した体験をより簡単に作成できるように設計されたプラットフォームだ。
07:30
ソラナ混雑原因のOreマイニング、v2に向けて採掘活動を停止
仮想通貨OREマイニングの停止は永久的なものでなく、システムを最適するためのバージョン2をリリースするために一時的に休止するものだ。
06:50
14年動かなかったビットコイン、4.8億円相当が移動
3日後に半減期を迎える中、2010年4月から動いていなかったビットコイン4.8億円相当が送金された。送金先は仮想通貨取引所コインベースだと指摘されている。
06:30
10万円のイーサリアムOS搭載スマホ「ethOS」、一般販売開始 
ブロックチェーン基盤のethOSフォンは、グーグル「Pixel 7a」機種にイーサリアムのOSがプレインストールされた端末で、分散型のメッセージ機能や決済機能の利用が可能だ。
06:00
a16zが新ファンドで1.1兆円調達、Web3ゲームにも投資か
調達した資金がどのように投資されるかは不明だが、同社のゲーム・ベンチャーは以前、Web3・ブロックチェーンゲーム分野に関心を示したことから、関連の仮想通貨銘柄にも投資すると期待されているようだ。
04/16 火曜日
17:08
暗号資産取引関連の損益計算、約15%が「今回が初めて」と回答|Gtaxアンケート
株式会社Aerial Partnersが実施した「Gtax」利用者向けの2024年暗号資産(仮想通貨)確定申告アンケート結果。取引用途が多岐にわたり、計算処理が複雑化する中で、損益計算の計算ツールへの切り替え需要が高まっていることが示された。
16:23
テレ朝グループのBCGアクセラレータープログラム、競走馬育成ゲームを発表
株式会社テレビ朝日と株式会社テレビ朝日ミュージック、extra mileがブロックチェーンゲームアクセラレーター「tv asahi Blockchain Games」を立ち上げ。インキュベーションからパブリッシングまでのサポート。初のゲームタイトル「NEOBRED」も注目。
14:25
リップル裁判、23日の公判前にSECと和解する可能性は
米証券取引委員会対リップル社の公判が4月23日に迫る中、16日に公判前会議が予定されていることから、両者が和解するのではないかとの憶測が広まっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア