CoinPostで今最も読まれています

米8月CPIが予想外に上昇もハイテク株値上がり 来週FOMCに注目シフト|14日金融短観

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

9/14(木)朝の相場動向(前日比)

伝統金融

  • NYダウ:34,575 -0.2%
  • ナスダック:13,813 +0.3%
  • 日経平均:32,706 -0.2%
  • 米ドル/円:147.3 +0.2%
  • 原油先物:88.8ドル +0.01%
  • 暗号資産

  • ビットコイン:26,222ドル +0.5%
  • イーサリアム:1,604ドル +0.3%
  • 本日のNYダウ・ナスダック

    「期待外れ」の米CPIを受け、米NYダウは小幅に下落したが、ナスダックとS&P500は持ち直した。市場は、来週のFOMCに注目をシフトしつつある。CME金利先物市場では21日の会合で金利据え置きへの観測が圧倒的で97%に達したが、11月会合の追加利上げ懸念は一時上昇した。

    出典:CME

    8月の米CPI結果(消費者物価指数)

    • CPI(前月比):結果+0.6% 前回+0.2% 予想+0.4%
    • CPI(前年比):結果+3.7% 前回+3.2% 予想+3.6%
    • コア(前月比):結果+0.3% 前回+0.2% 予想+0.1%
    • コア(前年比):結果+4.3% 前回+4.7% 予想+4.3%

    昨夜発表の米8月CPI(消費者物価指数)は総合CPIで前月比で14ヵ月ぶりの大幅な伸びとなり、年率も6月と7月に比して急上昇した格好だ。今回の統計は米経済の勢いが再び増してインフレ圧力が再燃しているとの懸念を強めると示唆する内容だったが、主にはガソリン価格(先月+10%)および夏季における航空券価格の変動(+4.9%)が影響したため、変動しやすい点からFRBが重要視する問題点ではないとの見方がある。

    出典:BLS/FRED

    一方、自動車保険料は数カ月にわたって続伸したものの、浮き沈みの激しい食品とエネルギー価格を除いたコア財価格(前月比-0.1%)の伸びは明らかに減速しており、年間のコアインフレ率の継続的低下につながったようだ。

    なお、先日報じたように消費者からのインフレ期待は全体的に安定。1年先のインフレ期待は3.6%と前月の3.5%から微上昇した一方、3年先のインフレ期待は2.8%と前月の2.9%からやや低下。一方、米消費者は経済に対して悲観的な見方を強めている状況でもあるようだ。家賃や食料品、医療費などの物価上昇の加速を見込んでいるため、多くの米国人がクレジットカードや貯蓄に頼らざるを得ない状況になっている。

    また、米学生ローンの返済再開が間近に迫ってきており多数の借り手にとって新たな負担となると見られる。背景には、米野党協議により2020年3月から3年以上延長してきた学生ローンの支払い猶予措置が8月末で打ち切られたなどの動きがあった。

    関連ドル指数年18年ぶりの連騰記録、サウジ減産などで国内ガソリン代高騰

    有識者の見解

    ブルームバーグによると、ハイ・フリークエンシー・エコノミクスの米国担当チーフエコノミスト、ルビーラ・ファルキ氏は今回のCPIデータについて「9月の利上げ休止を支持するものだ」と指摘し、「しかし、2%の目標に向けた改善のさらなる証拠を確認するまで、FRBが勝利宣言する可能性は低い。必要に応じて追加利上げの可能性を維持するだろう」と述べたという。

    また、アライアンス・バーンスタインで先進国市場経済調査のディレクターを務めるエリック・ウィノグラッドは「今日のアップサイド・サプライズが来週の利上げの引き金になるとは考えておらず、FRBは引き続き据え置くと予想している。しかし、インフレは粘り強く、成長も底堅いことから、FRBは明確な引き締めバイアスを維持する可能性が高い」と意見したという。

    米FRBパウエル議長は8月末のジャクソンホール会議で、「適切だと判断すればさらに利上げする用意がある」と述べ改めてインフレ2%への抑制を優先するタカ派的な姿勢を示した背景がある。

    関連「ジャクソンホール」米パウエル議長発言

    インフレ率が2%に戻せる時期について、JPモルガン・アセット・マネジメントのチーフ・グローバル・ストラテジスト、デビッド・ケリー氏によれば、来年後半には年率2%を下回る可能性が高まる。「実際、ガソリン価格の上昇が他の個人消費を冷え込ませる程度であれば、最近のエネルギー価格の高騰は2024年に向けて成長率の鈍化とインフレ率の低下をもたらす可能性もあるだろう」、「さらなるショックがない限り、2024年第4四半期までに、前年比のヘッドライン消費デフレーター・インフレ率(PCEデフレーター)はFRBの目標である2%を下回ると考えている」との見方を示した。

    米ドル/円

    13日の米為替市場でドル/円は147.3円。CPIの結果を受けてドル買いは一時的に進行したが、9月FOMCの金利据え置きへの期待が依然として高く売り戻しに転じた。

    また、今回のCPIがFRBの政策金利見通しに大きく影響するような内容ではないとの見方が強いため、2年債利回りや10年債利回りも低下した。

    出典:ブルームバーグ

    重要経済指標(注目度:★★★★☆)

    米国株 IT株反発

    IT・ハイテク個別銘柄の前日比:エヌビディア+1.4%、AMD+2.2%、テスラ+1.4%、マイクロソフト+1.3%、アルファベット+1%、アマゾン+2.5%、アップル-2%、メタ+1.1%。

    関連株式投資初心者でもわかるPER(株価収益率)とは|株価の割安・割高指標を解説

    AI関連では、エヌビディアなど大型ハイテク株の大半は値上がりした。米国の上位10社のうち、アルファベットやマイクロソフト、テスラ、IBMなどトップらが人工知能(AI)規制に関する非公開の上院会合に出席した。イーロン・マスク氏は会合後に「審判がいることは重要だ。AI関連の規制者がいれば、企業が安全で一般市民の利益になる行動をとることを保証してくれるだろう」とコメントした。

    また、エヌビディアやIBM、AdobeなどのAI関連大手数社は12日に、AIの能力が有害な目的に悪用されることを防ぐ目的として、米ホワイトハウスが7月に発表したイニシアチブに参加したことが発表された。参加企業は15社に上る。

    アップル 中国側の主張

    中国外務省は13日、アップルの「iPhone」に関するセキュリティー上の問題を認識していると主張。先週、政府機関内での使用禁止令が報じられて以来初の公式コメントだ。

    また、同省の報道官は今回、「アップルや外国ブランドのスマートフォン購入を禁止する法律や規則は発効してはいない」と明確にしつつ、中国政府はセキュリティーを重要視しており、中国で事業を行う全ての企業は中国の法規則を順守する必要があると改めて指摘したという。

    関連アップルiPhone15発表で事実売り、2011年からのビットコイン建てiPhone価格推移も

    仮想通貨関連銘柄反落

    • コインベース|79.8ドル(-1.8%)
    • マイクロストラテジー|341.8ドル(-1.7%)
    • マラソン・デジタル|9.8ドル(-2.6%)
    • ストロングホールド・デジタル・マイニング|4.5ドル(-2.3%)

    関連CPI発表控え金融相場は様子見基調 Glassnodeは流動性枯渇要因に「無関心」を指摘

    国内仮想通貨・ブロックチェーン関連銘柄

    • SBIホールディングス|3,233円(+0.9%)
    • メルカリ|3,018円(-2.2%)
    • ドリコム|548円(+2.2%)
    • コロプラ|645円(-0.1%)

    関連9月株式市場見通し

    『早割』終了まで
    0
    0時間
    0
    0
    さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
    クリックしてコードをコピー
    CoinPost App DL
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    06/15 土曜日
    10:10
    バイナンス前CEOのCZ氏、BNB総供給量の64%を所有=フォーブス
    仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
    08:50
    ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
    仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
    08:30
    金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
    金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
    07:55
    BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
    仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
    06:50
    ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
    仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
    06:00
    マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
    より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
    05:45
    DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
    暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
    06/14 金曜日
    17:45
    オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
    国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
    17:26
    チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
    Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
    15:37
    トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
    暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
    13:10
    韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
    仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
    12:30
    リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
    リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
    12:19
    ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
    暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。
    11:30
    BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
    BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
    10:40
    ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
    仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア