CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン1年半ぶり4万ドル水準へ、株式市場では「仮想通貨関連銘柄」が全面高に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

前週末1日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比294.6ドル(0.82%)高となり、年初来高値を更新。ナスダック指数は78.8ポイント(0.55%)高で取引を終えた。

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が現在の金利水準について、「すでにかなり引き締めている」との見解を示したことで、利上げ終了観測が強まった。

東京株式市場では、前場の日経平均株価は前日比177円(0.54%)安となった一方、ビットコイン(BTC)高騰を受け、大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックを傘下に収めるマネックスが前日比5.6%高の695円、同じく主要取引所bitbankの親会社セレスが前日比12.4%高の1032円となった。

米国株式市場でも、コインベースやマイクロストラテジー、マイニング関連銘柄など仮想通貨関連の株価が大幅上昇しており、セクターが物色されたものとみられる。

関連:日米株式市場、主な仮想通貨銘柄10選

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格は前日比2.52%高の1BTC=40,552ドル(約600万円)と続伸。40,000ドルの心理的節目を突破した

BTC/USD週足

関連:米経済減速続けばビットコイン上抜けは時間の問題か|bitbankアナリスト寄稿

暗号資産(仮想通貨)相場上昇に伴い、投資家心理を示すFear & Greed Indexは、「楽観」を示す74まで上昇している。

今年最も高い水準であるが、2021年の強気相場では、極度の楽観を示す90以上に達していた。

Fear & Greed Index

なお、kaikoのレポートによれば、バイナンスと米規制当局の和解を経てチャンポン・ジャオ元CEOが退任したことで、暗号資産(仮想通貨)取引所の市場シェアに大きな変動が起きている。

バイナンスは先週、米国司法省と40億ドルの違約金の支払いで和解し、独立監視員の雇用やマネーロンダリング防止プログラムの改善に合意した。

しかし、ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたところによれば、米SEC(証券取引委員会)との訴訟問題の方は片付いておらず、顧客資金にバックドアアクセスが可能だったかについても調査中としている。

ビットコイン(BTC)の市場シェアにおけるバイナンスの存在感は非常に大きく、市場シェアの変化率ではデリバティブ主体のBybitが50%、機関投資家の現物取引が主体とされる米コインベースが34%拡大した。

kaiko

これまでシェアを奪われ続けてきた競合他社の米国市場撤退のほか、ビットコイン現物ETF(上場投資信託)も上場承認期待もあり、コインベースの株価は1ヶ月間で77.4ドルから124.7ドル(前月比61%高)と高騰。18ヶ月ぶりの高値に到達した。

一方、強気相場の終焉間際の21年11月に記録した過去最高値の354ドルと比較すると、依然として大きく下回っている。

米規制当局による暗号資産(仮想通貨)関連企業への締め付けは米国で事業を行う企業全般に及んでおり、コインベースも例外ではない。今年6月には米SEC(証券取引委員会)から証券法違反(未登録証券の販売)で提訴され、株価が急落する局面もあった。

米国における暗号資産規制の行く末はアルトコイン市場にも多大な影響を及ぼし得るため、裁判結果が注視される。

関連:初歩から学ぶビットコインETF特集:投資のメリット・デメリット、米国株の買い方まで解説

ビットコインETF特集

アルトコイン市場

アナリストのMiles Deutscher氏は、「歴史が繰り返されるのであれば、アルトシーズンは再び到来する」との認識を示した。

これは、市場占有率を示す“ビットコイン・ドミナンス”を根拠にしたものだ。

弱気相場からのトレンド転換の局面では、まずは4年サイクルの「半減期」に向けてビットコインの市場価格およびドミナンスが大きく上昇し、利益確定後にビットコイン・ドミナンスが低下する過程で個別銘柄(アルトコイン)へと資金が循環することを示している。

また、Santimentによれば、クジラ(大口投資家)のウォレットは、過去3日間で6200万ドル相当のチェーンリンク(LINK)を購入した。

ビットコインETF特集

ビットコインETFの仕組み、基本から徹底解説 ブラックロックが仕掛けるビットコインETF、投資家必見のポイント
ビットコインETF上場承認後のBTC価格はどう変わる? 米投資会社の資金流入予測 ビットコイン半減期とは?市場価格への影響と注意点
初心者が学ぶべきトレード知識まとめ CoinPostアプリで個人投資家に優位性を

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。
06:20
バイナンスラボ、ビットコイン初のステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア