CoinPostで今最も読まれています

ビットコインの特徴や優位性とは──「Beyond The Price」の未公開内容や過去配信まとめ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

第11回 Beyond The Price

CoinPost Globalが2日に公開した11回目の「GM Radio:Beyond The Price」は、1回目から10回目までの配信をまとめている。また他にも、11月に東京などで開催されたイベント「Nostrasia」で行ったインタビューの未公開分を追加した。

▶️CP_GlobalのXをフォロー

Nostrasiaは、分散型SNSを開発するための基盤となるプロトコル「Nostr」のイベント。このイベントはツイッター(現X)を創設したJack Dorsey氏と、米中央情報局(CIA)の元職員Edward Snowden氏のセッションが行われるなどして多くの関心を集めた。

関連J・ドーシー氏 × E・スノーデン氏「インターネットを再び偉大なツールに」|Nostrasiaレポート

本記事では過去の配信分をまとめて振り返りながら、すでに公開した記事に書き切れなかった部分も記載していく。

過去配信分のまとめ

第1回のゲストはビットコインと環境問題のリサーチを行っているDaniel Batten氏。マイニングが地球環境に悪影響を与えると批判されることが多いビットコインについて、同氏は「ビットコインは重要な気候テック」だと主張した。

関連Bitmain営業部長が語る、浮き沈みの激しいマイニング業界をリードし続ける秘訣|WebXインタビュー

マイニングには「どこでも行える」「いつでも始めたり、やめたりすることができる」という特徴があり、電力系統の運営にとって好都合だと指摘。また、CO2よりも84倍も悪影響があるというメタンガスの排出を抑制できるというメリットも紹介した。

ビットコインを巡っては、環境への影響に対する懸念から、コンセンサスの仕組みに「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」を導入した方が良いとの指摘もあるが、Batten氏はこういったメリットを活かせなくなることも、PoSを導入しない理由の1つになるのではないかとの見方を示している。

関連「ビットコインは重要な気候テック」BTC研究者が語る——「Beyond The Price」 初回放送内容

第2回の配信には、ビットコインのエコシステムに特化して投資を行うベンチャーキャピタル(VC)「ego death capital」のファウンディングパートナーNico Lechuga氏が参加した。

Beyond The Priceは主にビットコインに特化して配信しているため、ゲストに「なぜ他の仮想通貨ではなくビットコインに特化しているのか」を聞くことが多い。

Lechuga氏はこの点について「他の多くのブロックチェーンは、拡張性のために分散性かセキュリティを犠牲にしている」と主張。基盤となるネットワークの分散性が損なわれて安全でなければ、グローバルな金融システムを構築することはできないと説明した。

また、Lechuga氏や同社は、ビットコインが最も寿命の長いブロックチェーンだと主張。開発者は各ブロックチェーンの持続性を考慮すべきだとし、長く利用されるようなブロックチェーンを選択すべきだとも語っている。

関連「ビットコインは最も寿命が長いブロックチェーン」VCパートナーが語る——「Beyond The Price」第2回放送内容

Beyond The Priceは価格(=price)などの数字や投機的な要素ではなく(=beyond)、ビットコインがグローバルな経済でどのような役割を果たすのか、どのように人や企業が実際にビットコインを利用しているのかといった内容を配信しているが、投資企業に参加してもらうこともある。

第5回の配信には、ビットコインやビットコイン関連企業に投資する台湾拠点のファミリーオフィス「Mimesis Capital」を創設したLouis Liu CEOが参加。ビットコインの思考で投資する意味をLiu氏に聞くことで、ビットコインの本当の価値が伝わるのではないかと判断して参加してもらった。

Liu氏は配信の中で、台湾を巡って中国と米国が対立しており、地政学的な緊張が高まっていることにも触れ、ビットコインの重要性に言及。ビットコインは政府のための通貨ではなく、グローバルな通貨であり、国に属さず対立を切り抜けるための新しい手段であるとLiu氏は話している。

また、Mimesis Capitalは「ビットコインは世代間で富を移転するための究極の価値の保存手段である」と考えているという。

関連「ビットコインは究極の価値の保存手段」投資企業CEOが語る——第5回「Beyond The Price」

Nostrasia

ここからはNostrasiaに関する内容やそこで行ったインタビューの内容をまとめていく。ここからは全て、過去の記事では触れていない新しい内容である。

10回目の配信にはNostrasiaのオーガナイザーであるAlex McShane氏が参加。その際、以下の記事に書いた以外にもNostrについて語っていた。

関連「真に分散されたSNSの構築へ」——11月東京開催「Nostrasia」の実行委員が語る

同氏は「今はNostrに参加しているのはほとんどがビットコイナーだが、全てのビットコイナーが参加しているわけではない」と指摘した。

そして「Nostrもビットコインも自由のための技術であるため、最初はお金を稼ぐためにビットコインを活用するようになったとしても、コミュニケーションの自由のためにNostrに参加すべきだ」と主張。「ビットコイナーは鍵の扱い方法を知っているため、通常の人々よりもNostrを始めやすいはずである」と述べている。

Nostrasiaでのインタビュー

Nostrasiaでは過去の記事で紹介した以外にもインタビューを行った。

まず、プライバシーに特化したビットコインウォレット「Wasabi Wallet」の開発を支援するzkSNACKsのMax Hillebrand CEOには、「ビットコインの世界は安全性が低いのか」を聞いた。

この質問に対してHillebrand氏は、それは間違いであると指摘し「ビットコインを盗難するにはお金がかかるため、潜在的には世界をより安全にする」と回答。そして「お金に関してサードパーティを信頼することは安全ではない」と話した。

「ビットコインの目的は、技術でユーザー保護や自動化を実現すること。また、インターネットに複数の層の暗号化レイヤーが存在しているのと同様に、ユーザーがほとんど意識することなく裏で安全な仕組みが作動し、その防御を安価に行えるようにすることだ」と語っている。

また、ビットコイン決済のプロジェクト「BTCPay Server」のCEOを務めるNicolas Dorier氏には日本の印象を聞いた。

同氏は日本について「ビットコイン企業がほとんどなく、ビットコインのコミュニティが小規模だと感じる。アルトコインの人気が高く、ブロックチェーンのカンファレンスが多く行われている印象だ」と話した。

そして「日本人は政府をかなり信頼しており、インフラなどにも満足していて、中央銀行に代わる金融システムとしてビットコインが提供されても心に響かないのではないか」とも語った。

ほかにも、ビットコイン・ウォレット「Wallet of Satoshi」のDaniel Alexiuc CEOはインタビューの中でライトニングネットワーク(LN)の課題を指摘。「LNの根本に問題はないが、まだ新しい技術のため限界があり、エンジニアのソリューションも不足している」と述べた。

関連初心者でもわかる「ライトニングネットワーク」とは|特徴と仕組みを解説

そして、従来の銀行と同様に複数のレイヤーで拡張性を向上させるのが最も良いアイデアだと主張している。

Alexiuc氏は、ビットコインやLNにとって一番の「敵」は従来の銀行システムだと指摘。いつかビットコインやLNなどの仕組みが従来のシステムに取って代わることを望んでいるとした。

関連「ビットコインは米国の利益を守る最善の手段」コインベースCEO

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。
06:20
バイナンスラボ、ビットコイン初のステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア