CoinPostで今最も読まれています

調整基調のビットコイン、4.5万ドル上抜けにはさらなる材料が必要か|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週12/9(土)〜12/15(金)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

12/9(土)〜12/15(金)の週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円は週明けに急落を演じるも、その後は底堅い推移が続いており、15日正午時点で、610万円周辺で推移している。

今週は14日未明の米連邦公開市場委員会の結果を控え、週明けからBTCには利食いが入ると、相場はロングのロスカットを伴って640万円周辺から610万円まで急落を演じた。この日の米時間にも売りが優勢となり、相場は一時600万円を割り込むも、4万ドル水準近辺(約580万円)で押し目買いが入った。

しかし、翌12日は4.2万ドル水準(約610万円)で上値を抑えられると、11月米消費者物価指数(CPI)が前月比で若干伸びが加速したことで、相場は再び600万円を割り込んだ。

一方、その後もBTCは4万ドル水準で買い支えられると、13日米時間には11月の米卸売物価指数(PPI)の下振れを受けて反発。さらに、14日未明にFOMCが俄かにハト派転換したことで、相場は一時620万円を回復した。

14日の米時間には、Ledgerのコネクターライブラリを使用するDAppsに脆弱性が見つかった他、11月の米小売売上高が上振れたことで、BTCはまたもや急落するも、Ledgerが脆弱性に迅速に対応したことや、FOMCの結果が引き続き好感され、相場はすかさず下げ幅を取り戻した。

第1図:BTC対円チャート(1時間足)出所:bitbank.ccより作成

FOMCは13日、3会合連続の金利据え置きを決定した他、経済見通しで金利の見通しを引き下げた。さらに、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は会合後の記者会見で、利下げ時期についての議論があったことに言及し、今回の会合は市場にとってハト派サプライズとなった。

この他、FOMCの注目ポイントとしては、11月の声明文の冒頭で「経済活動が強いペースで拡大した」とあった文言が、「経済活動が強い拡大ペースから減速した」に置き換えられたことや、パウエル議長が記者会見で、「会合参加者は金利を高水準で長期的に維持しすぎることの景気への懸念を示した」といった発言があり、FRBの景気への気配りが今年で一番強くなったように窺えた。

FRBによる利下げ議論の開始や景気への配慮が見えてきたことはBTCを含めリスクアセットにはポジティブな材料ではあるが、会合通過後のFF金利先物市場は、来年3月を皮切りに2024年は6回の25bpの利下げを織り込んだ。

第2図:BTC対円、ビットコインハッシュレート、マイナーネットポジション変化(30)出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成

FOMCの見通しでは2024年末のFF金利は4.75%での着地だったことに対して市場は4%での着地を織り込んでおり、先週も指摘の通り、市場が急ピッチな利下げを過度に織り込んでいる状態は変わっていない。

確かに現状では米国の景気が急速に拡大しているサインは確認できないが、減速のペースが緩慢であれば、FRBは様子を見ながら利下げのタイミングを後ろ倒しにする可能性は依然として残っており、引き続き市場の楽観が巻き戻す可能性には警戒しておきたい。

さて、今週は調整基調で始まったBTCだが、心理的節目の4万ドルでは粘り腰を発揮し底堅い推移となった。とは言え、相場は先週高値4.5万ドルまで戻す勢いもなく、週後半からは方向感に欠ける展開となっている。この先はテクニカル的な要因で上値を試す余地はあると見ているが、4.5万ドルの上抜けには追加で材料が必要そうだ。

来週は週後半にかけて米国の第三・四半期GDP成長率確定値や11月の個人消費支出(PCE)価格指数の発表を控えており、それまでは4万ドル〜4.5万ドルでの揉み合いが続くか。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:今週のビットコイン650万円まで高騰も、値幅調整リスクには要警戒

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/13 土曜日
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスク、企業決済導入の動きについて解説。イーロン・マスク氏との関係やXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。
08:20
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
07:25
ソラナミーム仮想通貨BONK、840億トークン焼却(バーン)へ
ソラナ基盤の大型仮想通貨ミームコインBONKの保有者たちは12日、約840億トークンを焼却する提案を採決した。
07:00
ビットコイン、短期保有者の取引活発化か
仮想通貨取引所のビットコイン残高が増加傾向にある。CryptoQuantの幹部によれば、短期保有者の取引が活発化している可能性が高いという。
06:55
ビットコイン保有の米マイクロストラテジー、1株を10株に分割へ
仮想通貨ビットコインを最も保有する米上場企業マイクロストラテジーは11日、株式の10分割を発表した。
06:20
韓国アップビット、仮想通貨Galxe(GAL)上場
韓国大手取引所であるアップビットとビッサムは11日に銘柄の新規上場を実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧