CoinPostで今最も読まれています

次回ビットコイン半減期後のマイナー損益分岐点は1BTC=40000ドル|CoinSharesレポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

半減期がマイナーに与える影響

暗号資産(仮想通貨)投資企業CoinSharesは、株式上場しているマイニング企業および非公開マイナーの財務諸表を分析したところ、次の半減期後のビットコイン生産コストと収益性を分析したレポートを発表した。

採掘報酬の半減した後は高コストのマイナーは収益減少により苦境に陥る可能性があり、半減期後のマイナーの平均ビットコイン生産コストは1BTC=37,856ドル。損益分岐点は約40,000ドル(約580万円)になると予測した。

販売費と一般管理費の膨張が今後の課題となり、収益性を維持するにはコスト削減が必要だと指摘した。

レポートでは、マイナーによるビットコインの直接的な生産コストと、マイニング設備の運営経費を含んだコストの平均を推計。2023年第3四半期には、それぞれ16,800ドル(234.7万円)と 25,000ドル(362.6万円)だったが、半減期を迎えると、これらのコストが大幅に上昇し、27,900 ドル(404.7万円)と37,800 ドル(548.3万円)になると予測している。

今年4月に予定されているビットコイン半減期後、マイニング報酬は現在の6.25 BTCから3.125 BTCに減少する。

CoinSharesによると、ビットコインのマイニングネットワークは昨年、ハッシュレートが104%急上昇するなど大きな成長を遂げた。一方、このような急速なネットワーク拡大によって、環境と収益の持続可能性に関する懸念が引き起こされていると同社は指摘している。

収益性に関しては、多くの企業がマイニングフリート効率を改善しているにもかかわらず、半減期前と同量のビットコインを採掘するためには、電力消費量を増やす必要があるため、直接的なコスト構造は改善されないという。

また、高いハッシュレートを持つマイニング企業が、ブロック報酬及び取引手数料を獲得する確率が高くなるため、企業間で機器の拡充競争が生じ、より大規模なデータセンターが必要となる。その費用は大規模な資本支出によって賄われるため、ビットコインの総生産コストへ影響することとなる。

優位なマイニング企業

CoinSharesによると、ほとんどのマイニング企業が販売管理費の高騰による課題に直面しており、収益性を維持するためには、コスト削減が必須だという。

同社は、現金とビットコイン準備金を用いて、現金運営支出の支払いに何日間耐え得るかの指標を「滑走路」と定義。効率的なコスト構造と「長い滑走路」を有している米大手マイニング企業Riotが、半減期のさまざまな課題に対処するのに「最良のポジション」にあると評価した。

関連:米ナスダック上場のビットコインマイニング企業Riot、マイニングマシンを6万台以上発注

また、全体としてビットコイン価格が40,000ドル以上を維持できない場合、採算が取れるマイニング企業はほんの一握りであり、資金繰りに行き詰まり事業撤退を余儀なくされる企業が相次ぐと予想している。

CoinSharesが1BTC=40,000ドル未満で収益を確保できると評価したのは、以下の5社となった:

  • Bitfarms
  • Iris
  • CleanSpark
  • TeraWulf
  • Cormint

それ以外のマイニング企業は、「滑走路」を使い込むことになり、株式発行や融資による資金調達に頼ると思われるため、最終的には株価の低下を招くことになると、CoinSharesは予想している。

関連:豪アイリスエナジー、最新型マイニングマシンでビットコイン採掘能力拡大へ

関連:米テラウルフ、100%原子力のビットコインマイニング施設を稼働

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/24 水曜日
17:00
「BTCは上昇トレンドに入る可能性」SCB銀
仮想通貨ビットコインは再び上昇トレンドに入る可能性があるとスタンダードチャータード銀行が分析。今回もビットコインとイーサリアムの価格予想をしている。
16:23
Block社(Square)、ビットコイン採掘産業の分散化に向けて高性能チップを開発完了
デジタル決済企業ブロック(旧Square)が、3ナノメートル技術を採用した最新のビットコインマイニングチップ開発を完了。このプロジェクトはオープンソース化され、ビットコインマイニング業界の分散化を推進することを目指している。
15:09
WebX2024、最大73%割引の「開幕セール」終了まで残り1週間
株式会社CoinPostが主催する日本最大のWeb3カンファレンス「WebX2024」にて、チケット販売を開始しております。2024年4月30日まで、最大73%割引のお得な開幕セールを実施中です。
14:35
米ブロックチェーン協会ら、仮想通貨業界の声をまとめSECを提訴
米ブロックチェーン協会とテキサス州暗号資産自由同盟は、米証券取引委員会が新たに制定したディーラー規則の阻止を求めて、SECを提訴した。
13:00
香港の現物ビットコインETF 4月30日にも発売かー報道
香港でボセラとハッシュキーキャピタルが提供するビットコインETFが取引を開始すると報じられた。2社の現物ビットコインETFは、価格安定性が高く、投資家に直接的な市場価格連動のメリットを提供する。
12:09
半値戻しのビットコイン、投資家心理改善で買い先行
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが66000ドル台まで反発し、50MA手前で一服した。イランとイスラエルを巡る中東リスク後退で米国株式市場でも買い戻しが先行しており、投資家心理が改善した。
12:00
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」、70日連続流入を記録
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」が70日連続で資金流入を記録した。運用資産は約2.8兆円に達している。
11:00
リップル社、SECによる20億ドルの罰金提案を過大と反論
リップル社は、XRPをめぐるSECとの裁判で新たな書類を提出。リップル社に対して約3,100億円の罰金支払いを求めるSECの主張に反論した。
09:40
「BTC価格上昇は半減期から50〜100日後」QCP Capital
仮想通貨ビットコインの今後の価格が急上昇するのは半減期から50〜100日後であるとQCP Capitalが分析。また、Bitfinexも半減期後の相場レポートを公開した。
08:45
ソラナJupiter、DEXモバイルアプリ5月公開予定
既存のUltimateウォレットは5月22日から利用できなくなるため、その前に仮想通貨の一時的移転(PhantomやMagic Edenウォレット)を推奨した。
08:10
米国のイーサリアムETF上場申請、5月承認は見込み薄か
申請中の仮想通貨イーサリアム現物ETFの多くは5月に最終判断を迎える予定だが、多くのアナリストは承認の確率が低いと予測。背景には、イーサリアム財団への任意捜査で米SECがETHを有価証券に分類しようとしている点や、ビットコイン現物ETFが承認されてからまだそれほど時間が経っていない状況などがある。
07:10
ビットコインの機能を拡充する新提案が公開
仮想通貨ビットコインのブロックチェーン上でスマートコントラクトなどを実現する開発提案がBIP-420として公開。以前から関心を集めている提案の内容が改めて説明された。
06:35
バイナンスアプリの削除、フィリピン当局がアップルとグーグルに命令
フィリピンはバイナンスの顧客基盤における重要な構成国だが、同SECは2023年11月以降、バイナンスを投資に利用しないよう国民に積極的に警告していた。
05:50
エルサルバドルの国営ビットコインウォレット、ハッカーがコードを流出
今回の漏洩は、4月上旬に報告された510万人のサルバドル人の個人情報リークを含む、一連のChivoウォレット関連のハッキングに続くものだ。
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧