仮想通貨取引所「Zaif」フィスコへの事業譲渡が正式決定:テックビューロは仮想通貨交換業の登録廃止へ

仮想通貨取引所「Zaif」への金融支援が正式決定
仮想通貨取引所Zaifで発生した仮想通貨流出事件に関して、顧客の資産等に関する支援の要請、及び契約締結の状況について、正式契約の締結を延期していたことで仮想通貨市場に懸念が燻っていたが、株式会社フィスコによる金融支援が確定したと報告したことでこれを払拭した。

フィスコとZaifが事業譲渡契約(正式契約)の締結を発表

テックビューロ社は10日、運営する仮想通貨取引所Zaifで発生した仮想通貨流出事件に関して、顧客の資産等に関する支援の要請、及び契約締結の状況について、プレスリリースを発表。

正式契約の締結を延期していたことで市場に懸念が燻っていたが、株式会社フィスコによる金融支援が確定したと報告。9月20日の発表時は資本提携という形で提携を結ぶ方針だったが、今回新たに「事業譲渡」の方法を採用することが発表された。

また、懸念点となっていた約45億円相当と言われる、消失した仮想通貨に相当する仮想通貨等の資産の調達は、すでに完了しているとのこと。

テックビューロ社は仮想通貨取引登録を廃止、解散手続きへ

テックビューロ社は、「本事業譲渡の手続が完了した後は、仮想通貨交換業の登録を廃止した上で解散の手続を行う予定」としている。

MONAコインなどの補償内容について

「市場流通量がビットコイン等と比較して乏しく、今回の流出事件により消失した分量に相当する仮想通貨を市場から調達することが著しく困難な状態」だと説明。

今回の流出事件により、預かり資産のMONAコインの約4割の部分が消失したとし、消失せずに残った約6割の部分については、お客様に対してMONAコインそのものを返還、約4割の消失した部分について日本円に換えて支払いをするとした。

仮想通貨の価値に相当する日本円をお支払いする方法による補償方法については、以下の通り。

<例:保有するMONAコインが100であった場合>

約60のMONAコインは残高にそのまま計上され、事業譲渡の実行以降は出金がdできる。

約40のMONAコインは残高からマイナスされ、その代わり約5,781.92円(40×144.548円)がお客様のアカウントにプラスされる。

出典:公式プレスリリース

また、ビットコインとビットコインキャッシュに関しては、消失した数量に相当する仮想通貨をすでに調達している事が明らかにされている。

CoinPostの関連記事

巨額の仮想通貨が不正流出した「Zaif」に新情報が続々|XEM(ネム)をコールドウォレットに移動
日本の大手仮想通貨取引所「Zaif」から不正流出した70億円相当の通貨のうち半数以上が3万件超の送金先に分散されたことが判明。また、10月5日に顧客の預かり資産のXEM(ネム)を「コールドウォレット」に移動した。
金融庁が「Zaif仮想通貨流出事件」の記者ブリーフィングを開催、最新の見解が明らかに
金融庁は25日、取引所Zaifがビットコインなどを流出させた、仮想通貨流出事件に関する記者ブリーフィングを開催。3度目の業務改善命令を発令したほか、記者からの質問に応じた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加