米SECが仮想通貨も対象としたフィンテック窓口部門を設立|金融の技術革新を支える

米SECがICOを含む新たなフィンテック窓口部門を設立
米国証券取引委員会(SEC)は日本時間本日、公式プレスリリース にて、ICOプロジェクト等のフィンテック企業がプロダクトにおける法的意味をより簡易にさせることができるために、『イノベーションと金融技術の戦略中枢(FinHub)』を開設すると発表した。

SECの新たな部門

米国証券取引委員会(SEC)は日本時間本日、公式プレスリリース にて、ICOプロジェクト等のフィンテック企業がプロダクトにおける法的意味をより簡易にさせることができるために、『イノベーションと金融技術の戦略中枢(FinHub)』を開設すると発表した。

FinHubの機能とは

SECの発表によると、FinHubは、

「SECに関わるDLT技術(デジタルアセット含み)や自動投資アドバイス、デジタル市場金融業務やAI等のフィンテック関連案件への窓口となる」

と記述してある。

このFinHubの窓口により、フィンテック企業はSECのスタッフと直接コミュニケーションが取れるという。例えば、SECのスタッフに明確な規制に関して問い合わせすることができたり、またはSECが米国内外の規制局と連携する特徴が見受けられる。

FinHubのトップとなるValerie A. Szczepanik氏(現在SECに属する法人金融部のデジタルアセットシニアアドバイザー)は、同公式リリースにて、以下のように述べた。

「FinHubを設立することによって、起業家・デベロッパー・それらのアドバイザーがSECのスタッフと連携し、ビジネスアイディアを試みるための明白な方向性を提供すると目論む。」

出典:SEC

また、SECの委員長Jay Clayton氏は同リリースでこのように言及した。

「SECは投資家と市場参加者と連携し、新たな金融体制における新たなアプローチに注力している。FinHubは我々が証券市場に対する監視とイノベーションとの関わりのための基軸となってくれる。」

「証券市場は将来性を持ちながらも、我々の規制方針を遂行するための迅速な規制対応を要する。」

出典:SEC

ICOに関して

以前から、Clayton委員長は以下のようにICOトークンに関して言及した。

ビットコインは例外だとも明言した。

「ベンチャー企業が資金調達のためにトークンを売り出し、一方で、投資者たちはお金でこのトークンを購入し、収益を望むというシナリオはまさしく有価証券に当てはまる。よって、我々は規制する。ICOもそれらのトークンの取引する事自体も我々の規制範囲内に入る。」

今回設立されたFinHubのホームページ には、『ICO』の特設セクションが設けてあり、ICOトークンが有価証券である可能性を開示している。

出典:SEC

FinHubの設立がICOプロジェクトにどのような法的意味、トークン市場全体にどのよう影響をもたらすか注目すべきだと言えるだろう。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら