金融庁、投資家保護のためICO投資を制限:金商法を改正か

金融庁がICO規制のため金商法、資金決済法を改正か

金融庁が、投資家保護のためICO規制に取り組む姿勢を見せた。

1日に時事通信社は、金融庁が独自通貨を販売する事業者に登録を義務付ける方針であると報道した

現在、ICOでは海外を中心に詐欺まがいの案件が横行しており、個人投資家がトラブルに巻き込まれるケースも多々報告されている。同局は、投資家保護を図るべく、新たにICOを行う事業者に対し登録制を設ける方針で、”来年の通常国会に金融商品取引法、資金決済法の改正案の提出を目指す(ニュース原文)”とのことだ。

さらに、不正確な情報を意図的に流して仮想通貨の価格を不当に釣り上げるような行為に対しても金商法で禁止条項が盛り込まれる方針だ。

金融庁の介入により、日本人投資家がICO投資に参加する機会が制限されることは必至だ。しかし、規制当局が許可したプロジェクトが明確化されることで、長期的には投資家が不利益を被るリスクを低減することに繋がるだろう。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれるLINE@。大好評につき、登録者5,000名突破しました。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ICOなどの仮想通貨規制に対し、「金商法」ベースに検討|金融庁 第10回 仮想通貨研究会
仮想通貨規制に関する第10回討議では、配当を出すICOなどに関して金融商品として扱い、有価証券同様「金融商品取引法」に基づく登録制の導入や、プロの適格投資家に対象を限定する案を検討した。
金融庁認定後初となる大きな動き 仮想通貨取引所が自主規制案に基づく「取引ルール変更」を実施
金融庁公認の規制団体JVCEAが定めたレバレッジに関する自主規制案に基づき、正規仮想通貨交換業者「DMM Bitcoin」が新たな取引ルールを適用する。今後の自主規制ルールによって日本の取引所がどのように変化するか、注目すべき自主規制案をまとめた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら