CoinPostで今最も読まれています

英Finderが12月版仮想通貨価格予想を発表|対象はビットコインやリップルなど11通貨

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Finder.comが最新の価格予想を発表
英比較サイトがフィンテック専門家9名による、主要仮想通貨の最新価格予想を発表した。直近の下落の影響か、予想価格の多くは大幅に修正、しかし現価格からは強気予想傾向は継続している。

英比較サイトFinderの価格予想

月初めに翌月の仮想通貨に関する価格予想を発表しているイギリスの比較サイト「Finder.com」が、2018年12月の価格予想表を公表した。

今回は以下の、11の仮想通貨が対象となっている。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • EOS(EOS)
  • ステラ(XLM)
  • ライトコイン(LTC)
  • カルダノ(ADA)
  • モネロ(XMR)
  • トロン(TRX)
  • バイナンスコイン(BNB)

今回の予想では、2019年1月1日時点での価格予想を掲載している。

下図がその価格予想表。

出典:Finder.com

ステラとカルダノ価格が最も伸びると予想され、カルダノは$0.28(約31円)、ステラは$0.06(約6.77円)と、11月27日時点と比べ価格が2倍になるとしている。

それに続きビットコインとなり、成長率は81%で$6,778(764,649円)まで回復が見込まれると予想を展開した。

一方で、バイナンスコインは32%のマイナス成長、ライトコインとトロンも、それぞれ13%、12%のマイナス成長と予測している。

時価総額に関する予想では、イーサリアム(ETH)は2019年末に350%まで成長するなど、強気な予想が挙げられており、今回BCHで大きく下落したビットコインキャッシュ(BCH)も、223%の成長と、長期的にはプラスの見方がされているようだ。

なお、英Finder社の価格予想配信は、定期更新で行われているが、前回の予想では年末価格が掲載されていたが、直近の相場は急落を受けてか、大きく予想価格が下げられていることには留意したい。

各通貨の評価と予想

ビットコイン

出典:Finder.com

Craig Cobb氏 (1月1日時点価格予想:4000ドル[約45万円])

現在の市場のボラティリティは最も高いと言ってもいい。

好材料があるため、3000ドル(約34万円)では留まらないだろう。

Sarah Bergstrand氏 (1月1日時点価格予想:8,000ドル[約90万円])

以前はサンクスギビングデー(アメリカ・カナダの祝日のひとつ。11月第4木曜)あたりで下落し、12月に最高値を記録したが、今年そのようなことは起きないと思う。

現在の価格から上昇はすると思うが、最高値を記録するようなことはない。

リップル

出典:Finder.com

Muneeb Khan氏 (1月1日時点価格予想:0.35ドル[約39円])

XRPは他の主要な仮想通貨に比べて、最もよく耐えた。

今年の終わりまで、0.35ドル(約39円)を維持し続けると予測している。

もしそうならなければ、価格は0.25ドル(約28円)になると思う。

Miko Matsumura氏 (1月1日時点価格予想:0.50ドル[約56円])

XRPは中央主権的であると批判する声もあるが、私は全く問題ないと考えている。

イーサリアム

出典:Finder.com

Desmond Marshall氏 (1月1日時点価格予想:250ドル[約28,000円])

アップデートの結果に左右される。

コミュニティの中で異なった考えを持つ人が現れ始めている。

その内の一部グループが、ハードフォークを試みる可能性があり、それが価格に影響を及ぼしうる。

Sarah Bergstrand氏 (1月1日時点価格予想:200ドル[約22,540円])

ETHにとって今年は厳しい一年だった。

今後数ヶ月で価格回復することを期待している。

ビットコインキャッシュ

出典:Finder.com

Desmond Marshall氏 (1月1日時点価格予想:200ドル[約22,540円])

ロジャー・バー氏を応援したわけではない。

この予測は、BCHが通貨として世界中で使われ始めるだろうという考えに基づいたものだ。

Sarah Bergstrand氏 (1月1日時点価格予想:200ドル[約22,540円])

BCHは騒動が多すぎる。

今後トップ20に残り続けることは厳しいだろう。

出典:Finder.com

カルダノ

Miko Matsumura氏 (1月1日時点価格予想:0.04ドル[約4.50円])

カルダノはしっかりとしたエコシステムの一つだ。

これと産業や企業との間には、深い結びつきがある。

この通貨は大丈夫だろう。

Alisa Gus氏 (1月1日時点価格予想:0.04ドル[約4.50円])

カルダノは昨年から、この弱気市場や先日の急落の中で、たった2%しか下落していない。

ビットコインの価格変動の影響をあまり受けないというのは、評価できる点だ。

ただ、今よりも価格上昇するほうが好ましいと思う。

カルダノのようなプロジェクトが市場に入る余地はある。

それが価格に影響を及ぼすだろう。

CoinPostの関連記事

計量経済学で分析する「年末ビットコイン価格」Forbesが掲載した3つの仮想通貨市場価格予想モデルとは
ビットコインは9月初旬から仮想通貨では珍しくボラティリティが低い横ばいの値動きが続いている。そんな中米ロングアイランド大で教授を務めるMourdoukoutas氏が年末までにBTC価格は97万になると予想した。
『将来ETHとXRPはビットコインのドミナンスを上回る』|deVere Group社CEOが大胆な強気予想
世界最大手オフショア投資顧問企業deVere GroupのCEOが、「BTCが5,000%の成長を達成する」等、仮想通貨に対する強気予想を披露。しかし実際に仮想通貨市場が回復する為のカギとは。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/27 火曜日
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
09:52
IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧