米FDA、医薬品の来歴追跡に向けブロックチェーンの試験的導入へ

米国食品医薬品庁(FDA)、医薬品の追跡に向けブロックチェーンを試験的に導入
米国食品医薬品庁(FDA)は、サプライチェーンの品質向上のために、ブロックチェーンを医薬品業界に導入する計画を発表した。現在プロジェクト参加企業を募っている。

米保険当局、医薬品の来歴追跡に向けブロックチェーンを試験的に導入する計画

8日、米国食品医薬品庁(FDA)の最高責任者は、医薬品のサプライチェーンの品質向上のために、ブロックチェーンを医薬品業界に導入する計画を発表した。

これは、医薬品の来歴追跡及び偽造品の流通防止を目的とした、デジタルサプライチェーンのプラットフォームを2023年までに確立させるための必要段階である。従来アナログでサプライチェーンを保持していたため、ブロックチェーンの導入により、システム全体の発展が期待されている。

プレスリリース内で、当局最高責任者のScott Gottlieb氏は、

我々は、医薬品の安全を確保するために、加工・製造・流通などのサプライチェーンのセキュリティを向上させるブロックチェーンのような技術に投資して、医薬品の来歴追跡の精度を上げるための新しい方法を探索している。

と、コメントした。

医薬品の正規認証や来歴追跡の精度が上がれば、違法商品が発見された際にFDA及び業界は迅速に対応できるようになる。しかし、FDAは、当プロジェクトの規模、実施範囲や参加企業などの詳細は公開していない。

米国製薬市場は昨年192兆円越えの巨大マーケットである。また、処方箋なしの薬物乱用や偽造品の流出が多発しているなどの社会問題も後を絶たない。2017年には薬物過剰摂取による死亡数は7万件以上となった。

ブロックチェーン技術の本格導入により、業界の監視が及ぶ範囲が拡大が可能になるため、当試験プロジェクトはサプライチェーンのデジタル化及び使用者の安全を確保するための第一歩であると、FDA側は期待を示している。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

豪大手運送保険企業、高級牛肉における「食の安全」にブロックチェーンを導入
世界第3位の牛肉輸出国「オーストラリア」の大手運送保険会社NTIは、国産高級ブランド牛の信頼性確保のため、ブロックチェーン技術を導入し、牧草地から食卓まで追跡可能な仕組みの試験運用を実施する。
米保健当局、食品衛生管理にブロックチェーン導入検討|米国内O157流行が背景
最近アメリカとカナダにおいて、ロメインレタスを摂取したことが原因で、腸管出血性大腸菌O-157とみられる感染が急激に広がっている。そうした中、食品衛生管理の改善に乗り出すFDAはブロックチェーン技術の導入を検討している。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら