CoinPostで今最も読まれています

4年ぶりの最重要ファンダ「ビットコイン半減期」まで残り1年、仮想通貨市場への影響を探る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

1年を切ったBTC半減期、相場への影響は
2020年5月頃に見込まれるビットコイン半減期。2016年以来、4年ぶりの”最重要ファンダ”が仮想通貨市場に与える影響と、海外専門家の見解など今後の展望を解説。

ビットコイン半減期が価格に与える影響

仮想通貨ビットコインの価格に大きな影響を及ぼす傾向が過去相場からも伺えるため、今後の影響を考察していく。

ビットコインはブロック数が210,000に到達する毎にマイニング報酬が半分になっていく仕組みとなっており、これを半減期という。過去にビットコインは既に2度の半減期を2012年と2016年に経験しており、それに応じてビットコインの1ブロックを採掘してもらえる報酬も、50BTC→25BTC→12.5BTCと減少してきた。

2019年5月現在のビットコインのブロック数は57.7万ブロックだが、これが63万に達すると3度目のビットコイン半減期が発生して、マイニング報酬は現在の12.5BTCから6.25BTCとなる予定だ。一部ではビットコインのブロックが採掘される時間の平均を利用してより正確な半減期のタイミングを計算する仮想通貨サイトのBitcoinClockを参照するとビットコインの半減期が2020年5月20日に来ると表示されている。

出典:BitcoinClock

なお、ビットコインの半減期は日程ではなく、ビットコインのブロック数に準拠するため、ビットコインネットワークの稼働状況によって変動する可能性がある。実際、2016年の半減期は6月、2012年の半減期は11月と4年間隔と言っても一定の期間とは言えない。

半減期の影響とは

原則として半減期を迎える通貨は、加えられる量が減少するため、供給(Supply)も減少する。しかし需要(Demand)は変わらないため、これまでも価格が大きく上昇する傾向にあった。

仮想通貨取引企業Kronos社のCEO、Mark Pimentel氏は、以下のように指摘した。

仮想通貨市場はニュースや相場の関心に左右されやすく、ビットコインの価格上昇に伴い、相場に参入するトレーダーも加速度的に増える。

新しく参入したばかりのトレーダーは、まずビットコインを買う傾向にあるため、さらなる高騰につながるという好循環が生まれる。

このように、半減期がビットコインに注目をもたらし、価格上昇に後押しをかけると見る専門家は少なくない。

米CNBCの経済番組「Futures Now」などに仮想通貨アナリストとして出演するブライアン・ケリー氏は、1BTC=8000ドル(88万円)まで押し上げた要因として3点を挙げた。

  1. 機関投資家の参入(フィデリティ)
  2. 一般投資家向けのサービス展開(ErisX)
  3. ビットコインの半減期(長期トレンド)

ケリー氏は、ビットコイン半減期の前後1年、計2年間は「上昇トレンド」に入る傾向があると指摘。

独自調査によれば、多くのマイニング業者がこれからはビットコインを「HODL」していく体制に入っていると語っていたと述べ、これからさらに「供給」が減る中でビットコインが注目を集めれば、価格上昇を後押しするとの見解を述べた。

上昇トレンドのタイミングは

上述した通り、ビットコインの半減期にまでおよそ1年を切っているため、半減期を念頭に置いたビットコイン需要は、今後覚えておきたいトレンドだと言えるだろう。

米国の仮想通貨やブロックチェーン系企業に特化した大手投資運用ファンドPantera Capital社は、3月に公開したレポートにて、ビットコインの半減期に向けた上昇トレンドは2016年には320日前、2012年には376日から始まっていたことを明らかにした。

この平均データを元に試算すると、半減期の348日前は「6月6日」となる。

米仮想通貨アナリスト、長期トレンドの時期を予想

一方で、今年4月にビットコイン相場は「現在アキュミュレーション(買い集め)の真っ只中にある」というレポートを公開して界隈から注目を集めた仮想通貨投資アナリストのTuur Demeester氏は、今後の長期トレンドを以下のように分析した。

米国の仮想通貨投資運用ファンドAdamant Capital社の設立者の一人でもあるDemeester氏は過去相場のチャートに準え、現在の相場は一時的な「市場拡大」の過程にあると説明。過去の傾向から予測すると今後2ヶ月以内に、再び長期的な「アキュミュレーション(買い集め)」期間が続くと見ている。

アキュミュレーションとは、多くの投資家が失望売りから再び買い集める時期を指す用語だ。一般的には強気相場、または上昇相場の前兆となっており、実際4月から1ヶ月半ほど継続している上昇トレンドも、長期的な買い集め期間の後に訪れていたとされる。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物のスニーカーと引き換え可能なNFTドロップを実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧