CoinPostで今最も読まれています

急拡大中のドローン企業ではなく、仮想通貨メディアを選んだ理由|コインポスト社内インタビューVol.2

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost社員の中辻、ブロックチェーン業界にかける想い

こんにちは、編集部担当の坂巻ノアです。

今回の記事ではCoinPostで営業部を担当している中辻 諒(以下、Ryo)さんに社員インタビューを受けていただきました。日本最大級の仮想通貨メディアCoinPostの営業部で活躍する社員インタビュー第2弾。職場の雰囲気や業界に対する想いなど、社内から生の声をお届けします。

―CoinPost入社前は何されてたんですか

4年間イギリスに留学し、ロンドンの大学で学業に励んでました。大学中ではロンドンにてビジネスコンテストに4回出場するなど、様々なことにチャレンジしており、大学3年生の時に就職活動の一環として、ドローンベンチャーにてインターンを経験しました。

(英国の大学卒業式にて:諒さんの英語はブリティッシュな発音が特徴的です!)

当時からハイテクノロジーに興味があり、ドローンでエンターテイメントを作る、日本のスタートアップ企業に4ヶ月ほどお世話になりました。また、その会社を通じVR関係の方々と繋がりを築いたり、360度カメラやLIVE動画なども一緒に学ばせていただきました。

仮想通貨のことはインターン中にニュースで偶然知って。独自に勉強する中で、この業界に入りたいと思い始めたんです。当初はドローン関係での起業、就職を考えていましたが。

(DJI Phamtom 3 Standardを持っていて飛ばせるとのこと:写真はロンドンのサッカーチーム練習の撮影前 )

なぜドローンから仮想通貨業界へ

調べれば調べるほど、国内の仮想通貨・ブロックチェーン業界は、世界から注目される将来性の高い分野だと思ったからです。

実際に海外に出てみて、日本のIT業界が世界的に見ても素晴らしいことはわかりました。しかし、アメリカ、イスラエル、中国、インドなどの友人と話すうちに、「現在」の日本のIT成長速度は著しく遅れているのではないかと感じたんです。ドローンも覇権は中国市場が握っており、仮想通貨・ブロックチェーンが日本のIT発展の望みだと考えるようになりました。

コインチェックハッキング事件などを経て、仮想通貨・ブロックチェーン市場は、規制面で世界でもどこよりも早く進んでおり、誰もが名前を聞いたことがあるような日本の大手企業も続々と参入し始めています。仮想通貨は「黎明期のインターネット」と呼ばれており、今後何十年にも渡って注目される分野でしょう。

この業界の進化スピードは凄まじく早く、毎日のように世界中でさまざまな出来事が起こり、たまに映画の世界が現実に起こっているような感覚に陥るんです。そんなスピードで将来どう変わっていくのか・・・私も直に体験したいという思いが募り、思い切って業界に飛び込んでみました。

実際に働いてみて、この業界は本当に楽しいなと。メディアで配信しているニュースを通じて、世界中の企業の成長度合いを日々感じることができるのは魅力的です。

Ryoさんから見た、CoinPostの長所は

CoinPostの長所として挙げられるのは、組織力です。

CoinPostは、まだ設立1年半ほどの若い会社ですが、その間に社員だけでも倍以上になり、インターンやアルバイトの方もどんどん増えています。

この成長の背景には、チームワークと士気の高さがあったからではないかと思っています。平均年齢は比較的低いですが、その分バイタリティに溢れ、それぞれの分野で秀でたスキルを持っています。組織力においては、他の名の知れた企業にも引けをとらないと思っております。

職場の仲間とは、長年の付き合いと錯覚するほど親近感が湧くこともあり、社内はとても仕事がしやすい環境です。

CoinPostでは、どのようなスキルを活かせますか

私の場合は、大学でマネジメントと経済学を学んでいたので、その知識をそのまま活用できています。

あとは英語力ですね。海外の会社に取材することもありますし、特に海外ニュースの情報収集には英語が必要になってくることが多いので、この業界では重要度の高いスキルですね。仮想通貨は投資に関係していますから、株式・為替の投資経験など、金融系の知識も役立つことが多いと思います

どんな方がCoinPostに向いている

やはり、仮想通貨・ブロックチェーンに関する知識をさらに身に付けたいという意欲的な方は向いていると思います。また、スタートアップの一員として、積極的に考え行動できる方や企業家精神のある方など、成長に貪欲な方ですかね。

CoinPostを通して、この業界をどのように変えていきたい

目的としては、第一情報をいち早く正確にユーザーへ届けることです。日本から世界へ発信するメディアとしてもっと大きく成長したい。CoinPostは日本と世界をつなぐブリッジ(橋)のような役目を果たせたらと。

日本で数多く立ち上がっている仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトを世界に認知いただけるよう、より大きなメディアに成長することが弊社のミッションです。

ゆくゆくは、東京を「ブロックチェーンのシリコンバレー」と呼ばれるようにしたい。これは本気で考えています。仮想通貨メディアCoinPostを通じて、僕なりに業界の発展・成長に貢献していければと考えています。

最後に

Ryoさんは、持ち前の英語力だけでなく、類稀なる行動力と積極性で、国内外の仮想通貨著名人に取材を行ってきました。

今回は、そのRyoさんが逆にインタビューを受ける側となりました。いつもインタビューを担当しているのですが、実際にインタビューされる側となった今回、意外と緊張していたようです(笑)

インタビューでもありましたように、学生時代に仮想通貨・ブロックチェーン業界に興味を持ち、「もっと知りたい」と勉強したことで今の自分があると語ってくれました。

コインポストでの仕事に興味を持った方は、ぜひ気軽にご応募下さい!

関連情報

CoinPost、月間訪問者数で暗号資産(仮想通貨)メディア世界3位に

国内最大の仮想通貨メディアCoinPost、ライターなど複数の職種で人員募集

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア