CoinPostで今最も読まれています

米FINRAの承認待ち企業が40社超え|セキュリティトークン発行に立ちはだかる難壁

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米FINRAの承認待ち企業が40社超え
アメリカで証券仲介ブローカー業務を営むには、FINRAへ登録・認定される必要があるが、40にも上る仮想通貨企業の可否判断が滞っていたことが判明した。規制の壁が立ちはだかるか。

米FINRAの承認待ち企業が40社超え

米仮想通貨メディアCoinDeskの報道によると、40にも上る仮想通貨企業が何ヶ月にもわたり、米金融取引業規制機構(FINRA)からのブローカー・ディーラーの承認を待っているという。

FINRAの承認を1年以上待っているスタートアップも多く、中には14ヶ月以上、申請が進展のないまま滞っているという企業も何社か存在すると情報筋は伝えている。

FINRAはアメリカ政府の公的機関ではなく、投資家の保護や不正行為の摘発、証券取引の透明化などを目的として設立された非営利の自主規制団体であるが、アメリカで証券仲介ブローカー業務を営むには、FINRAへ登録し、認定を受けなくてはならない。

また、民営ではあるが、株式、社債、証券先物、およびオプションの取引を規制し、規則に違反するブローカーおよび証券会社に対し罰金を科したり、業務を禁止する権限を持っている。なお、FINRAは米政府機関であるSEC(証券取引委員会)の監督下にある。

注目される仮想通貨ETFの承認をはじめ、どのトークンを証券と定義するかなど、SECが仮想通貨規制に与える影響は大きいため、関係者の中ではFINRAがSECの要請に応じて証券業務ライセンスの承認を留保しているのではないかという意見も散見されるようだ。

また、SECからの要請ではないが、FINRAは証券法の下で仮想通貨がどのような扱いになるのか、SECが明確なガイドラインを提示するのを待っていると考えるグループもあるという。

一方、承認の遅れは、仮想通貨という新しい資産クラスをどう扱うかという問題に起因しており、規制当局が故意に承認を遅らせているという指摘は誤りであるとする専門家もある。

このような状況に対し、FINRAのメディア担当責任者、Ray Pellecchia氏は次のように答えている。

デジタル資産ビジネスへの参入を企画中の企業からの会員申請は、新しい複雑な問題を提起しており、我々はそのような問題に対処している過程にある。

いずれにせよ、アメリカ国内で規制に準拠したブロックチェーン製品・トークンを開発し販売することは、一筋縄ではいかない様子がうかがえる。

スタートアップがブローカー・ディーラー免許の取得を目指す理由

規制に準拠した仮想通貨商品の数が限られている中、アメリカではトークン化された証券という形で、国内の顧客に仮想通貨を提供することができるようにするため、まずブローカー・ディーラーとして登録するという方法を選ぶスタートアップが多く存在する。

そのようなスタートアップが最終的に目指すのが、販売するトークンの取引やカストディサービスを提供することであっても、カストディ業務や代替取引システム(ATS)運営に従事する申請を行う前に、まずブローカー・ディーラーとして登録されていることが必要となる。

そして、その登録承認を行うのがFINRAであるため、ある意味、FINRAがカストディアンとなるためのゲートキーパー的な役割も果たしていることになる。なお、FINRAはATSの監督は行うものの、その承認はSECが担っている。

しかし、最初のブローカー・ディーラーの登録の段階で、多くのスタートアップに待ったがかかった状態となっているのだ。

あるスタートアップの弁護士は、FINRAとSECの間で中ぶらりんの状態に置かれているこのような状況を、非常に苛立たしく感じると述べている。米国の規制に準じた事業を行なおうと努力する企業を、規制側が妨げる形になっているからだ。

さらに、同弁護士はSECは仮想通貨の市場操作や不正行為に対する懸念を頻繁に表明しているが、法に準拠し、事態を改善しようとするプレイヤーを参入させないのは如何なものかとも語っている。

このような状況では、米国内で業界に参入す規制のハードルの高さに辟易したスタートアップが、より好意的な規制環境の国外に流出してしまう可能性も高い。

FINRAのガイドラインでは、通常、申請を承認するかどうかの決断に6ヶ月の期限を与えているが、申請内容によってFINRAは、この期間を長期延長することが可能だという。証券関連弁護士の一人は、この期間が18ヶ月を超えても驚かないと述べている。

仮想通貨業界の発展に伴い、ブローカー・ディーラー申請に加え、ETF、ATS、Regulation A+(SECのクラウドファンディング控除)など、規制当局が対応すべき申請件数は増加する一方だ。SECによる規制の明確化を望む声は、ますます高まっている。

CoinPostの関連記事

米ネバダ州、ブロックチェーン関連の規制緩和法案を承認|企業の新興技術採用に積極性示す
ネバダ州は、ブロックチェーン関連の規制緩和を求めた法案を承認。「規制のサンドボックス制度」などを含む今回の法案によって、同州における企業のブロックチェーン技術の導入ハードルが下がる見通しだ。
ビジネスアワード受賞の米大手フリーランス求人サイトがリップルネット参加へ|XRP利用の可能性も示唆
米フリーランス向けの求人サイトを運営するgoLanceがリップルネットに加入した。国をまたいで企業とフリーランスをつなぐ同社が目指すのは、国際送金の効率化と送金速度の向上で、すでにBTCとETHを利用。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧