北朝鮮、20億ドル仮想通貨ハッキングの国連報告を全面否定

北朝鮮、20億ドルの仮想通貨ハッキングを否定
北朝鮮は国営メディアを通じて、国連安保理による「仮想通貨取引所ハッキングなどで20億ドルを調達した」との指摘を全面的に否定している。米国による対北経済制裁の正当化と非難。

北朝鮮、20億ドルの仮想通貨ハッキングを否定

北朝鮮は、国連安保理による「仮想通貨取引所ハッキングなどで20億ドルを調達した」指摘を全面的に否定している。

北朝鮮政府は1日に、国営メディアKCNAを通じて否定する声明を行なった。声明によると、「米国などの敵対勢力による捏造は北朝鮮のイメージを損ない、さらなる経済制裁を正当化するものにすぎない。」

8月に、国連(UN)の専門家は、北朝鮮が複数国の仮想通貨取引所などに侵入し推定20億ドルの資金を集めた手口に関する詳細なレポートを公開した。中には、韓国の大手取引所Bithumbは、少なくとも4回の攻撃を受けており、累積損失は5000万ドル(約55億円)を超えた指摘もあった。

なお、それら不正に集めた資金は、「核開発プログラム」に充当していたことも報告された。

関連国連安保理報告書

参考資料:北朝鮮国営メデイア声明

CoinPostの注目記事

ツイッター社CEO、自身のツイッターアカウントが一時的に侵入された
ツイッター社CEOのJack Dorsey氏自身のツイッターアカウントが、ハッキング被害に遭った。アカウントに紐づいた電話番号の情報が漏れたことが原因だという。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/07更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら