CoinPostで今最も読まれています

投機的なトレード視点でのビットコインチャート独自考察|仮想通貨市況(寄稿:響)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市況(寄稿:響)
直近のビットコインチャートから、出来高の少ない真空地帯と今後起こり得る「調整ライン」について解説。BTCFXでの投機的なトレード視点での独自考察も行なった。

ビットコイン(BTC)市況

出典:bitfinex

長らく機能していた移動平均線(100MA)を割り込み、短期トレンド転換のカギとなりそうなサポートライン9100$前後を再びアタックしそうな展開となる。チャネルライン下限では一定のリバウンドは見せるものの、新規で買われるというよりは突っ込んだショートを焼くような短期的なショートカバーにしか見えない動きともいえる。

出来高も細っており投機的な動きが多く見える市場だが、今後の流れとして見ていくと、引き続き9100$前後の水平ラインをサポートとして機能させつつ、トレンドラインの上限では売られるような展開を想像していきたい。

チャート形状としてはディセンディングトライアングル、もしくは緩やかな下降ウエッジのような形状を予測していく。しかしながら、早々にMA100を超えられずにチャネルライン下限に張り付いていくような流れになっていくと、サポートラインを一気に割り込む可能性も視野にいれたい。

8000ドル~9000ドルのラインは俗に「真空地帯」とも言われるゾーンで、可視範囲出来高(VPVR)を見ても出来高の少ないゾーンと言えるのが見て取れると思う。

仮にサポートラインを早々に割り込む展開となった場合は、サポートライン(下値支持戦)がレジスタンライン(上値抵抗線)となり、上値は非常に重たくなると予測する。その場合は今年の5月ごろに揉んだMA(移動平均線)200ラインまでを一旦の最終調整ラインとして見ていきたい。

*FXは1070000円付近を推移

出典:bitFlyerFX

著者もFX市場で投機的なトレードを多く行う事で、そちらの視点からも見てみたい。ビットコインを触られる方でbitFlyer社のFXを触られる方は、現物とFXの乖離も注意して見ておきたい、直近の動きを見ると3%~5%での乖離をしているが、4%以上乖離している状態でのFXの「ロング建て」は不利と言わざるを得ない。

FXはレバレッジの魅力はあるが、ビットコインを現物で購入する事で、有事の際はショートヘッジ等をレバレッジポジション建てとする事も出来るので、戦略の幅が広がる。

bitFlyer社は今年の8月からレバレッジ規制により4倍までの証拠金取引となったが、その点についてもトレードをしているとレバレッジ規制前と違うような動きに気がつく事がある。

一番は「髭(ヒゲ)」と言われるようなLC(ロスカット)連鎖によるミスプライスが少なくなったように感じる点、FXを数百枚単位で触る大口の動き(bitFlyer社のFXに限定して見た場合)がよりハッキリとわかりやすいと感じる事が最近は多い。

レバレッジ規制による環境の変化については、今後もしっかりと追っていきたい。

出典:bitfinex

仮想通貨市場全体の流れとアルトコインの方向性を広く見る上でBTCドミナンスも注意して見ておきたい。

BTCは上値の重たい軟調な展開が続く中、BTCドミナンスは70%前後の推移と高い水準をキープしている状態、現状の状態ではアルトコインのチャンスを探る事が非常に難しく、仮想通貨市場から資金が抜ける際は一部の投機的な動きをするアルトを除いて総崩れの様相となるのは免れない感じと見る。

ボラティリティが高く、投機的な動きも楽しめるアルトコインだが、仮想通貨の長期PF(ポートフォリオ)を考えた時に、現時点ではメジャーアルトをPFに入れるのは著者として選択は無いと考える。

寄稿者:@Whiskey_bonbon_
日本株に始まり投資投機の経験は20年、幅広く分散投資を心掛ける。生涯を見据えた長期の投資も行うが、仮想通貨はFXを使った投機を好み積極的に行う。

CoinPostの関連記事

『日本の仮想通貨市場復活のために』業界最先端のトレーディングツール、デコチャート開発秘話
仮想通貨業界の有志が共同開発する、最先端の仮想通貨トレーディングツール「DECOCHART」プロジェクト。CoinPostの取材で、開発の舞台裏や今後のビジョンが明らかとなった。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン Japan Open ChainのIEO実施を計画
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。
12/06 火曜日
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧