BTC市場の急落は健全? 3名の著名アナリストが読み解く仮想通貨市場

著名仮想通貨アナリスト3人の予想とは
ビットコインは9月24日わずか1時間で15%以上価格が急落し、低調な相場が続いている。著名仮想通貨アナリストらがこの相場をどう見るか、内容をまとめた。

著名仮想通貨アナリスト3人の予想

ビットコイン(BTC)は9月24日、わずか1時間で15%以上価格が急落、その後も低調な価格推移が続いている。しかし、著名仮想通貨アナリストらからは、こうした「プルバック」を、ポジティブな兆候としてとらえる見方がでている。今回は、それら3名のアナリストの見解をまとめた。

関連ビットコイン急落 1時間で14万円幅 海外取引所で7万BTCのロスカット連鎖

Venture Coinist社:7800ドルを超えれば9000ドル台も可能

Venture Coinist社のLuke Martin氏の見解によると、先物SQ日の日を契機にBTC価格は再び上昇する。ただし、「7,800ドルを超えれば(耐えれば)」という前提に基づくものだ。

関連BTC市場の急落要因、CME SQ日の影響を指摘

Luke Martin氏は、長期的な価格のポイントとして、7800ドルのラインを重要視しており、今回の下落相場で同ポイントを明確に上回れば、BTCは9000ドル台に向かって上昇する可能性も考えられるとした。

今回のSQ日では、DeribitとBitMEXのSQ日が27日に終了したほか、28日にはCMEのSQ日を終えている。当時の価格推移では、SQ日に向けてビットコイン価格が下落した状況こそ見られているものの、直近7日間の安値7700ドルを付けた後、横ばいの推移を続けている。

Luke Martin氏の分析は、CME SQ日前後のリターン率の参照データをもとにしており(下記参照)、重要ラインを割らなければ、リターンが一時的に見込めるとみた分析だ。

  • 満期前2週間のリターン=‐6.79%
  • 満期前1週間のリターン=-2.28%
  • 満期後1週間のリターン=+11.4%
  • 満期後2週間のリターン=+9.9%

このデータを見ると、SQ日後は新たな先物サイクルに入りビットコイン市場は回復する、一巡の傾向を示している。

新たな市場反発の予感

人気トレーダーPlanBは、独自のビットコイン価格チャート「stock-to-flow chart」で、価格パターンを特定するためのフラクタル分析に基づき、BTC価格が「小さな上げ下げを伴いながら、徐々に上昇していく時期に差し掛かった可能性が高い」と説明した。

出典:https://digitalik.net/btc/

更新されたチャートでは、BTCフラクタルは時間とともに変化し、弱気、中立、強気などの段階を示している。青から緑、オレンジ、赤への変化、あるいはその逆への変化が、一貫して生じている点を見ると、現在はオレンジ~赤への移行段階の初期にある。

この「stock-to-flow chart」は、ストック・フロー比率を使ったビットコインのモデル価格だ。BTCのストック(現在の流通量)とフロー(年間BTC採掘量)にサトシ・ナカモトが持っているとされる100万BTCの存在もデータに入れて算出される。つまり、市場の流通量や新規発行量などから算出した適正価格にあたる。

ビットコインの市場価格は執筆時、約8,100ドルだが、ストック・フロー(1日)のモデル価格では11,207ドル、ストック・フロー(365日)では8,285ドルと示している。

下落が続き、その後強気に転じる

勿論、全てのアナリストが「すぐに強気に転じる」と予想をしているわけではない。

仮想通貨投資アドバイザリー企業BlockRoots社の共同設立者Josh Rager氏は、ビットコインの過去の価格変動と過去1週間の不安定な下落を比較し、風向きが変わる前にさらに下落する可能性もあると見ている。

2013年と2019年のビットコイン市場を比較すると、2013年の強気相場は89日間にわたり75%反落した後、1600%値上がりし当時の最高値を更新した。2019年現在は91日間で42%反落が続いている。このまま値下がりが続く可能性も考えられるが、最終的には強気に転じると予想している。

BTCに重要なマイニングの周期から見た市場分析も掲載した。マイナーの重要な時期が10月に迫っている今、ぜひ一読してほしい。

今後のBTC市場を読み解く、「採掘レート・半減期」仮想通貨特有要因に潜む裏事情
ビットコインマイニングや半減期、仮想通貨の特有要因の裏側。マイナーが要因となる暴落は再び来るのか、ハッシュレートや業者の動きから今後の展望を読み解く。

相場の重要ファンダ一覧はこちら

仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【10/15更新】
仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら