スイス証券取引所、BTC/ETHで組成する仮想通貨ETPを上場

スイス証券取引所に新たな仮想通貨ETPが上場
スイス証券取引所に、現物のビットコインとイーサリアムに裏付けられるバスケット型ETPが新たに上場した。現仮想通貨市場の約75%に相当する資産に投資できる商品として取引を開始する。

スイス証券取引所に新たな仮想通貨ETPが上場

スイス証券取引所(SIX)は3日、現物のビットコインとイーサリアムに裏付けられるバスケット型ETP(上場投資商品)の取り扱いを発表した。

フィンテック企業のAmun AGと仮想通貨カストディアンのBitcoin Suisse AGが連携してETPをローンチする。

「ABBA」の組成比率はビットコインが9割、イーサリアムが1割で、現仮想通貨市場の約75%に相当する資産に投資ができる商品として提供する。

ETNとは異なるため、法的に現物を100%担保しておく必要性があり、現物の保管をカストディアンのBitcoin Suisseが担当する。

ETPのティッカーシンボルは「ABBA」で、スイス証券取引所で取引を開始した。

Amun AGの証言によると、今回のETP商品は完全に現物資産で裏付けられる商品であるため、ETP商品需要に応じて、現物市場の買いに繋がる。

また、今回のETPは、スイスフラン建のETP需要に答えたもので、スイスの規制に則って運営する取引所(SIX)とカストディアン(Bitcoin Suisse)を通じた設計にしていると説明した。

なお、スイス証券取引所で仮想通貨関連ETP商品が取り扱いされるのは、今回で7例目。過去にはBTCベースやXRPベースのもの、また時価総額上位通貨のバスケット商品などがあった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら