「今のビットコインは、仮想通貨バブル2017崩壊と類似」新値足チャートで海外アナリストが分析

現在のビットコイン相場、2017年末バブル崩壊時と類似
著名仮想通貨アナリストが「ラインブレイクチャート(新値足)」を使って現在のBTC相場を考察。2017年末のバブル崩壊時との類似点について解説した。

現在のビットコイン相場、2017年末バブル崩壊時と類似

著名仮想通貨アナリストのAlessio Rastani氏は3日、自身のYouTubeチャンネルにて、「ラインブレイクチャート(新値足)」を使って現在のビットコイン相場が2017年末のバブル崩壊との類似している点について解説した。

日本の代表的なチャートの一つである「ラインブレイクチャート(新値足)は、通常のローソク足ではなく、一定の価格変動時のみ新しい足を形成する「非時系列」のチャートのことだ。上昇相場では以前の高値を抜いた時に、下降相場では以前の安値を下回った新値時にのみ足を更新する。

新たな陽線の出現する陽転が買いシグナル、新たな陰線出現で陰転した場合は売りシグナルとなるほか、転換前の連続している足の本数で信頼度を見るなど、「相場の転換点」をとらえ、視覚的にトレンドの方向性が判断しやすいという特徴がある。

Rastani氏は、2017年末~2018年初頭にかけてのビットコインのラインブレイクチャートについて、以下のようなパターンを指摘した。

  1. 放物線のような急上昇
  2. 21日間EMA(指数平滑移動平均線)までの調整
  3. 強めの反発
  4. 21日間EMAを下回る急落

出典:Alessio Rastani「ビットコインのラインブレイクチャートと21日間EMA、2017年末〜2018年初頭」

Rastani氏によれば3番目まで起きるのは珍しいことではないが、4番目まで行くと弱気相場を警戒する必要があり、現在のビットコイン相場も1〜4のパターンが現れているという。

出典:Alessio Rastani「ビットコインのラインブレイクチャートと21日間EMA、現在」

CoinPostの関連記事

大幅反発のビットコイン、先導したリップル(XRP)高騰の背景は?|仮想通貨市況
国慶節明けのBTC市場はテザー砲の思惑やアルト市場の動きに連動して急反発、今回の相場を先導した仮想通貨リップルXRPの高騰要因を探る。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら