CoinPostで今最も読まれています

日本銀行『プロジェクト・ステラ』、ブロックチェーンと決済インフラの未来探究の模様を公開

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

日本銀行決済機構局、「プロジェクト・ステラ」
日本銀行決済機構局は、FIN/SUMのワークショップ「プロジェクト・ステラ:DLTと決済インフラの未来の探究」について、フェーズ3報告書とパネルディスカッション内容を公開した。

日本銀行、「プロジェクト・ステラ」

日本銀行の決済機構局FinTechは8日、日本経済新聞社・金融庁主催のFIN/SUM 2019における、ワークショップ「プロジェクト・ステラ:DLTと決済インフラの未来の探究」について、ステラ・フェーズ3報告書などの公式資料とパネルディスカッション内容を公開した。

プロジェクト・ステラ(Project Stella)は、2016年12月に日本銀行と欧州中央銀行が立ち上げた、分散型台帳技術(DLT)の金融市場インフラへの応用可能性に関する共同調査プロジェクトのことだ。

プロジェクトステラのプロジェクトリーダーを務める日銀決済機構局の岸道信氏は、プレゼンテーションの中で、「日銀の決済システムを取り巻く技術環境は劇的に進化しているため、DLTを直接採用するかどうかはさておき、深く理解する必要がある」との危機感から調査を開始したと強調した。

金融市場インフラには、金融機関相互間の内国為替取引をオンライン処理するシステムを運用する「全銀ネット(全国銀行資金決済ネットワーク)」や日銀ネット(日本銀行金融ネットワークシステム)、海外では欧州中央銀行(ECB)の大口決済システムのRTGシステムが存在する。

各フェーズと調査内容

ワークショップは、2017年から以下の3フェーズに渡って行われており、例えば2017年に行われたフェーズ1では、「銀行間資金決済システムの擬似環境」を用いることで、技術の有効性や課題を評価。スマートコントラクトを用いて、日銀ネットなどの流動性説宅機能を組み込むことができるかを確認した。

DLTを資金決済システムに応用する可能性について前向きに捉えるに値する検証結果が得られたとしている。

フェーズ 期間 内容
Ph.1 2017年9月 効率性・安全性の観点から、DLTを評価する
Ph.2 2018年3月 「証券と資金の同時決済」の可能性
Ph.3 2019年6月 クロスボーダー送金における支払いの同期化

フェーズ3

今年6月までに行われたフェーズ3では、「クロスボーダー送金における支払いの同期化」について検証。

クロスボーダー送金(異なる通貨圏への送金)は、複数の法域を跨いださまざまな期間が関与するため、国内送金と比べて時間とコストが掛かっている。他方、送金の安全性の観点からは、複数の台帳を経由することに伴う課題が残るなどと現状の問題点を指摘した。

そのほか、クロスボーダー送金には、中継銀行の破綻などの信用リスクが存在するが、円やユーロなど複数台帳間の送金がハッシュ関数を同期して行われれば、リスクは軽減され得ると言及。

処理性能からみた効率性の評価では、RTGSサービスのうち実験の対象となった部分については、DLTによって、現行の大口資金決済システムが求めるパフォーマンスとほぼ同等の水準を満たす可能性があるとした。

フェーズ3では、「DLT台帳と中央集権型台帳間」といったように、異なる種類の台帳間の支払を行う際に用い得る支払方法を、いくつか取り上げたうえ、安全性の観点を重視しつつ、分析(実験を含む)。

資金を固定しながら一連の支払を同期化できる支払方法を利用することにより、現在普及しているクロスボーダー送金スキームの安全性を技術面から改善することが可能であることを示唆している。

日本銀行決済機構局の北條氏は、FIN/SUM 2019のパネルディスカッションにて、「日本銀行の中でDLTを決済インフラとしてどのように使えば良いのか?技術面とビジネス実現の両面から検討を進めている。」としている。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア