【速報】仮想通貨取引所コインチェック、ステラ(XLM)の新規上場を発表

コインチェック新規上場

仮想通貨取引所コインチェックは11月1日、新たに「Stellar Lumens(XLM)」の取扱い開始を発表した。

取扱いの開始後は、WEB版のCoincheckとアプリの最新版にて入出金・売買が可能となる予定だ。

取扱開始日は2019年11月12日 12時頃を予定する。

日本の新規銘柄の追加は、コムサ(COMSA)が追加された17年12月4日以来、22ヶ月ぶりの追加となる。

上場ケースでは、2019年6月のコインチェックにおけるモナコイン上場ぶりだ。

今回の上場発表に際し、和田 晃一朗氏は「今回のXLMの追加は日本の取引所にとって大きな一歩になった」と語り、これは国内全体で通貨上場のフローが整ったためであり、今後も様々な通貨が上場することになると思う、と今後の日本市場に期待感を示した。

上場の注目ポイント

上場の選定基準は明かされていないが、今回上場したステラは、コインチェックアプリ上のチャットで、「上場していない通貨」としてリストされていた。

チャットの選定基準としては、時価総額上位50銘柄からファン数順で上位20通貨を採用している。

出典:コインチェックアプリ

ステラは、独自のプロトコルSCP(Stellar Consensus Protocol)を採用する通貨で、新たなチェーンを利用した通貨が新規銘柄として採択されたことも注目だ。

JVCEAが公表しているデータでは、すでに会員が取り扱う仮想通貨の台帳上で発行されているか否かで、異なる確認手数料を取るとの表記があり、審査もより厳格なものであったことが予想されるためだ。

長い間、新規の上場ケースが停滞していた日本。コインチェックのステラ上場を機に、業界の新陳代謝もより活発化することが期待される。

CoinPostの関連記事

国内市場の起爆剤、コインチェックに仮想通貨ステラ(XLM)上場へ|ビットコイン市況
サトシ・ナカモト論文11周年を迎えたBTCは乱高下、直近最安値を底割れずに反騰するも失速した。そんな中、国内大手コインチェックにステラ(XLM)が上場するとの大ニュースが舞い込んだ。規制続きで閑散相場にあった国内市場にとって、”大きな転換期”を迎える。
リップル最重要カンファレンス『SWELL 2019』、注目ポイントと仮想通貨XRPへの影響
米リップル社主催の最重要カンファレンス「SWELL 2019」が迫るなか、仮想通貨相場に影響を与え得るポイントを特集した。前回、前々回のSWELL時のXRP価格推移も掲載。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら