大手送金企業マネーグラム、新たに4つの送金ルートを開設 Swell 2019

マネーグラム 新たに4つの送金ルートをオープン

Swell 2019へ登壇したマネーグラムのCEO Alex Holmes氏は、ODLを利用する新たな送金ルート(例:米ドルUSD⇨メキシコペソMXN)を年内オープンすると明かした。*現場ビデオでは「すでにルートをオープンした」と話したが、Rippleの広報では、「年内」としている。

参考:Ripple公式

我々はすでに4つの新ルートをオープンした。現在、スケールアップを進めている。」と話し、「トランザクションフォローを通貨ペアで処理することにより、効率性と拡張性が大幅に改善されている」と説明した。

すでに米ドル⇨メキシコペソ(主なルート)、米ドル⇨フィリピンペソのルートでODLを利用しているマネーグラムは、具体的にどの通貨ルートに拡大したかは明かしていない。

しかし、以前Garlinghouse氏が話したように、マネーグラムはRippleにODLの利用可能地域をプッシュし、より多くの地域でXRPでの送金を可能にしたい考えを持っている。

Holmes氏はSwellでGarlinghouse氏と対談し、「ODLによるUSD/MXN送金は、マネーグラムの全送金高の10%を占めている。ODLでお金はデータのように移動している」と説明し、「ODLは実に素晴らしいものだ」と称賛した。

先週Q3業績レポートを公開したマネーグラムも、Rippleとの提携事業を拡大する方針を表明した。

メキシコ取引所Bitsoに追い風

さらにUSD/MXNをXRPで変換する時に利用するメキシコの仮想通貨取引所Bitsoの責任者Bárbara González Briseño氏は、昨日のSwell対談にて、仮想通貨の普及とODL利用の送金ルートの拡大について語った。

現在取り扱っているODL利用高について、「週間あたり、USD/MXNにおいてBitsoは1.5%の送金高を処理している。USD/MXNは世界において最も金額の高いルートで、350億ドルに及ぶ。」と説明。

「USD/MXNは一例に過ぎず、世界を見れば、近い将来仮想通貨(デジタルアセット)の有用性普及は加速する。」と話した。

CoinPostの注目記事

「マネーグラムのXRP取引高は、Bitsoで約80%がODL(旧xRapid)利用」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse氏がポッドキャストに出演。現在のリップル社の提携状況や、xRapidの取引高について言及を行なった。
マネーグラム、リップル社との提携拡大を表明 実利用結果受け
仮想通貨XRPを介す送金ソリューション「ODL」を採用するMoneyGramが、リップル社とのパートナシップの拡大を計画を発表。実利用の結果を受け、運用効率が大きく向上したことがその理由にあるという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら