CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン市場の注目はこれからーBCH半減期は2週間後「仮想通貨市場に3つの注目点」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン、価格変動で「3つの注目ポイント」

仮想通貨市場は25日、ビットコインが75万円台に回復。年初から好調な推移にあった主要アルトコインにも一部買い戻しの動きが見られた。

株式市場では、日経平均が前日比1,200円高と高騰。米NY株式市場では、ダウ平均が過去最大の2,000ドル超高を記録するなど急反発した。新型コロナウイルスの感染拡大に対する、2兆ドル(約220兆円)規模とされる巨額の経済対策法案の可決を見越した買い戻しが先行した。

緊急避難的なドル買いの動きに一服感も見られたことで注目が集まっているのが、金市場とビットコイン市場の動向だ。ダウ先物連動が薄まる一方、FRBの無制限量的緩和の発表以降は、金チャートとの相関も指摘されるなど、「デジタル・ゴールド」の資産性が失われていない見方も出てきている。

BTCチャート 金チャート

「デジタル・ゴールド」のケースで見た場合に注目したいのが、通貨の価値下落に対するヘッジだ。

コロナウイルスによる経済・金融市場の混乱で行われる金融政策、特に米連邦準備理事会(FRB)が23日に発表した量的緩和を当面無制限にする方針を受け、通貨のインフレーション(価値減少)懸念も高まっており、このポイントが金だけでなくビットコインでも重要になる可能性がある。

MarketWatchが本日報じたところによると、ゴールドマンサックスのアナリストらは、FRBの金融政策を引き合いに、金の投資時期到来を主張。これまで1オンス1800ドルの12ヶ月間の価格目標を掲げていたが、それが変わりつつあると論じている。

現在、経験しているような経済的ショックを収束する目的で、政策立案者が動く時、金は通貨の価値下落に対するヘッジとして働く。

これは、私たちはこれまでも、金が最後の逃避先となり得る通貨であると主張してきたことと同様だ。

また、一時的に見られた株価暴落のみならず、リスク資産以外も投げられる「Flight to cash(現金への逃避)」の流れや、今回の高騰事例も踏まえ、リーマン・ショックの発生した2008年の事例に類似点が見られ始めていると指摘した。

2008年当時、株価とともに金が投げ売られる局面も見られたが、強力な金融緩和が講じられる中で、ドル価値下落の懸念が金市場の高騰に繋がった事例がある。

同社が挙げた今後の注目点は、FRBバランスシート拡大、先進国の財政赤字、欧州通貨同盟の持続可能性への懸念の3点となる。このような変化がリーマン・ショック後と類似した、通貨価値の低下懸念へ発展する可能性が高いと説明する。

ビットコインが、「デジタル・ゴールド」としての価値を高めるか。これからが見所と言えそうだ。

その他の注目点

そのほか、ビットコイン市場独自の注目ポイントもある。

約半日後に控える、ビットコインマイニング(採掘)史上最大級のデフィカルティ調整と、2週間後に迫ったビットコインキャッシュの半減期だ。

BTC.comのデータによると、次回の難易度調整で−14.27%を予定。2016年以降、過去2番目に大きい調整が予定される。

デフィカルティの調整は現在大幅に遅れが生じていたブロック生成速度や、一部のマイナーの撤退をリフレッシュするプラスの要素も強い。

半減期が約2ヶ月後に迫るビットコインの動向は、マイナーとより密接な関係にある。デフィカルティ調整後や、先に訪れるビットコインキャッシュの半減期のマイナー動向は、史上も注目する重要ポイントだ。(詳しくはこちらの記事から:ビットコイン、3日後に過去最大規模の難易度マイナス調整 半減期後の予想ケースでも注目

BCH半減期

ビットコインキャッシュの半減期は、約2週間後に迫る。

出展:CoinGecko

一方で、ビットコインキャッシュの収益率とビットコインの収益率(マイニング報酬は6.25BCHに)が均衡している状況にあるため、半減期後にマイナーが収益率の悪化を理由に、BTCやBSVに移る可能性も指摘されている。

出典:CoinDance

ビットコインキャッシュのマイナーがどのように動くか、ビットコイン半減期の予測ケースとしても注目したい事例に挙がっている理由だ。

いわゆる、希少性を鑑みて買いに転じるか、ハッシュレート動向への懸念が一層強まるのか。半減期からビットコイン半減期までの期間で、投資家の判断材料の一つに挙がる可能性がある。

留意点としては、ビットコインとマイニング難易度の調整タイミングが異なること。

ビットコインが、2週間に1回(2016ブロックごと)の頻度で難易度を調整するのに対し、ビットコインキャッシュは、約1日(144ブロックごと)に、その時点のハッシュレートにあわせた調整が行われる。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ビットコイン『降伏シグナル』から大幅回復傾向、メタル相場との相関も
米株式市場が史上最大の高騰となる中、先んじて好転傾向にあった仮想通貨ビットコイン市場。MVRVのグリーン・ゾーン到達は過去3度の歴史的転換点(大底圏)とも一致するが、世界的なリセッション懸念は依然燻っている。
「ビットコインの利用が国益に」米国で仮想通貨普及を目指す政治行動委員会が設立
米国で仮想通貨の普及を目指す政治行動委員会が設立。活動ミッションは、仮想通貨や非中央集権的な経済を促進する米議員をサポートすること、ビットコインのようなバプリックなネットワークの利用が国益になると語っている。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/28 土曜日
16:45
証人へのオンライン接触、米司法省がFTXサム前CEOに禁止要請
米司法省は、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOによる従業員関係者との連絡を禁止するよう連邦地裁判事に要請した。証人等買収罪につながる可能性があるという。
14:30
SkyBridge、昨年の運用成績は-39%
仮想通貨にもエクスポージャーを有す米大手ヘッジファンドSkyBridgeの昨年の運用成績が39%のマイナスだったことが明らかになった。22年9月末時点で同社基幹ファンドの運用顧客資産は1,690億円とされている。
12:30
米破産裁判所、BlockFiの従業員維持プログラムを承認
米国の裁判所は、破産手続き中の仮想通貨貸借サービス企業BlockFiの従業員維持プログラムを承認。BlockFiは、残っている上級社員にボーナスを提供できるようになった。
12:00
国税庁の「NFTの税金」に係るFAQ概要について詳しく解説|寄稿:泉絢也
今年1月に国税庁が発出して反響を呼んだ「NFTの税金」に係るFAQ概要について、著書『事例でわかる!NFT・暗号資産の税務」のある泉 絢也 千葉商科大学准教授が詳しく解説。
11:10
バイナンス、5通貨ペアを提供廃止
大手暗号資産取引所バイナンスは27日、一部の通貨ペアの取引廃止を発表した。
10:30
BTCマイニング企業アルゴ、IPOめぐる集団訴訟に直面
上場仮想通貨マイニング企業アルゴブロックチェーンの投資家らは同社に対して集団訴訟を起こした。IPOの際に事業リスクなどについて適切に開示していなかったと申し立てている。
09:50
Azuki、公式SNSが乗っ取り被害
NFTコレクションAzukiの公式Twitterアカウントが乗っ取られ、偽のNFT発行イベントを告知したことが明らかになった。少なくとも9,700万円相当のステーブルコインUSDCが奪われている。
09:00
FRB、仮想通貨銀行Custodiaのメンバー申請を否認
米FRBは、仮想通貨などのデジタル資産に関する銀行サービスを提供するCustodia Bankが提出していたメンバーシップ申請を否認したことを発表。否認の理由も説明している。
08:40
米IT・コインベースや仮想通貨も続伸 インフレ減速で利上げ緩和期待
本日のニューヨークダウやナスダックは6営業日続伸。ビットコインなどの仮想通貨も上昇。米物価統計などの最新データがインフレ減速と米FRB利上げ緩和の裏付けとなったもようだ。
01/27 金曜日
18:00
DEA、法定通貨でのNFT購入が可能に
ブロックチェーンゲームを展開するDEAは、NFTマーケットプレイスで法定通貨による決済を導入すると発表。株式会社イオレとの提携により新たなゲームプレイヤーの拡大も目指す。
17:51
BuzzFeed株急騰、OpenAIのコンテンツ強化策で
BuzzFeedの株価高騰 米デジタルメディア企業BuzzFeedが米OpenAIのAI(人工知能)技術を使ったコンテンツ提供を計画しているとの報道を受けて、同社の株価(BZF…
14:00
イーサリアムのL2、Optimism(OP)が過去最高値を更新
イーサリアムのL2ネットワークOptimismの仮想通貨OPは26日に過去最高値をつけた。同ネットワーク上の1日の取引量は1月12日に過去最高の80万件に急騰した。
13:13
ビットコイン高値圏で揉み合う、未実現損益(NUPL)にシグナルの変化も
暗号資産(仮想通貨)市場では高騰で過熱感のあった一部アルトコインが反落、ビットコインも上値を重くした。全体のトレンドでは大底圏を示していた未実現損益(NUPL)に変化の兆しも見られる。
13:10
Web3財団、「ポルカドット(DOT)は証券ではなくなった」
ポルカドット・プロトコルの開発・推進を行うWeb3 Foundationは、3年に及ぶ米証券取引委員会との積極的な関与を経て、ネイティブトークンDOTはもはや証券ではなく、調整用のソフトウェアであると主張している。
11:45
FTX「債権者マトリクス」が公開
破綻した仮想通貨取引所FTXの債権者に関する情報が公開された。116ページの債権者マトリクスにアマゾンやゴールドマンサックスなど、有名企業や銀行、有名スポーツ選手名が並び、注目を集めている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/02/10 ~ 2023/02/11
その他 羽田空港第1ターミナル6階 ギャラクシーホール・5階LDHキッチン/オンライン
2023/04/14 ~ 2023/04/16
その他 未定
重要指標
一覧
新着指標
一覧