CoinPostで今最も読まれています

BitMEX、ビットコイン半減期後のハッシュレートなど「4つのシナリオ」を試算

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BitMEXが解説、半減期影響の筋書き

BinanceAcademyのBitcoin Halving Countdownによれば、ビットコイン(BTC)の半減期まで、あと38日と迫る。

大手仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのリサーチ部は、来たる半減期がマイニング産業にもたらし得る影響に関するシナリオを考察。採掘業者の利益、およびマイニングハッシュレートへの影響について試算した。

ビットコイン価格の上下を考慮せず、一定値であることに基づいた場合、採掘報酬の半減の影響で採掘業界全体の収益率は約5割減となるが、現在の採掘業ストラクチャー(業界形態)を前提に、ハッシュレート(採掘速度)について30%〜35%の低下を予測する。

「ハッシュレートの減少は、ブロック報酬の減少だけによる影響ではない。採掘難易度の調整幅と産業ストラクチャー関係にも左右される」と説明した。BitMEXリサーチは、ビットコイン(BTC)半減期が影響を及ぼす試算シナリオについて、4部構成で解説している。

1. 採掘インセンティブ

短期的概観では、仮に収益がマージナルコスト(限界費用とも、電気代・機械代・土地代等)を上回れば必ずしも利益が出るものとは限らないが、既存の業者の多くは事業続行できると見る。

マシン本来の価格ではなく、限界費用が実際に稼動・シャットダウンを左右する最も重要な基準であることを踏まえ、理論上は、ビットコインの価格が下がったとしても、採掘業者の収益自体がコストより高ければ、マイニング施設をただちにシャットダウンする可能性は低いとしている。

コストのカーブ

レポートでは、マイニングのコストカーブ表を利用し、3つのシナリオについて考察。発行上限の変わらないビットコインでの価格変動で、採掘業者の採算も変化することになるため、採掘難易度に依存する形でハッシュレートも変化する。

そのため、カーブ表ではビットコイン価格が半減した場合、ハッシュレートがどのように影響を受けるか測定。ここでは仮説上、価格の半減がブロック報酬半減を代表して利用されるモデルになる。

まず図1では、直線チャートで表示。価格が6,000ドル台から3,000ドル台に半減した場合、ハッシュレートは約29%低下する試算に。

出典:BitMEXリサーチ

2つ目のシナリオでは、同じ価格の減少だが、使用するチャートはより『リアル』なカーブ型で、ハッシュレートは47%減になる。

出典:BitMEXリサーチ

最後は二次方程式チャートを利用。上記とまったく同じ価格の推移で算出されたハッシュレートの低下は、わずか-12%にとどまるという。

出典:BitMEXリサーチ

ここの方法論として、「価格が少しばかり変動すれば、図3のような小幅調整で済むが、BTC価格が暴落すれば、図2のようにハッシュレートも大幅減少傾向となり得る」と指摘した。

報酬半減期への応用

多くの採掘業者は上場企業ではないため、運営費用のストラクチャーは公開されていない。

先日、マイニングマシン商社Blockware Solutionsが公開した業界レポートデータによれば、過去幅広く普及した旧型ASICマシンのAntminer S9から最新鋭のS17に至るまでの所用電気コストを掲載。これらのデータを踏まえた上で、新たななコストカーブを作成した。

新たなチャートでは、最小コストを0ドルとして算出した結果、BTC=6,000ドル台から3,000ドル台まで急落した場合の均衡値としては、34%のハッシュレート低下に至る。

出典:BitMEXリサーチ

結論

BitMEXリサーチは、企業の費用ストラクチャーが非開示の側面もあることから、試算した結果の一部は推測にすぎない可能性があると認めつつも、半減期後のハッシュレートは30%〜35%の減少幅となる公算が高いと総括。「収益面で極めて高い負担がのしかかる」との予測を示した。

ただし、同レポートはあくまでハッシュレートへの影響のみを考察したものであり、半減期前後のビットコイン市場における希少価値を踏まえた需給の変化や、過去の相場のように材料視されてBTC価格が大幅上昇するケースは考慮していない。

ストック・フロー比率から算出する半減期後のBTC理論値については、以下の記事で詳しく考察している。

関連「半減期と仮想通貨ビットコインの高騰」なぜ一緒に語られる? ストック・フロー比率から算出する理論価格を用いて解説

参考:BitMEXリサーチ

CoinPostの注目記事

ビットコインキャッシュ半減期まで1週間、これから仮想通貨市場で何が起きるのか
ビットコインキャッシュの半減期まで1週間。マイナーの撤退と売り圧力、ハッシュレートの転換など、これから仮想通貨市場で起こりうる事例について、Coin Metricsがレポートを公開。
米BofA『史上最も深刻なリセッション』Fitchの世界GDP予想も大幅下方修正
格付け会社フィッチは新型コロナのパンデミックに伴い2020年の世界GDP予想を大幅に引き下げ、リセッションが明確に。一方、仮想通貨ビットコインは一時7000ドル超まで大幅続伸、重要局面で推移する。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧