CoinPostで今最も読まれています

Bittrex:3/30に82個の仮想通貨のウォレットと取引を廃止予定

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Bittrex、流動性の低いトークンを取引プラットフォームから撤去
2018年3月30日をもって、82のトークンが取引プラットフォームから撤去されることが明らかになりました。撤去されたトークンに関しては、今後プラットフォームに戻ってくる見込みはないそうです。
流動性の欠乏は価格操作を容易化する
小規模仮想通貨や低出来高仮想通貨の取引では、価格操作やウォッシュ・トレード(実際に売買する意志もないまま、第三者を騙す目的で行う見せかけの売買)が起きやすいです。

トークンの撤去

最大手の仮想通貨取引所であるBittrexは、82のトークンを取引プラットフォームから撤去することを公表しました。

Bittrexのチームは以下のように発表しました。

「時折、Bittrexがコインのウォレットやマーケットを取引欄から削除することがありました」

2018年3月30日付のリストの中で人気のないウォレットを撤去する予定です。

ウォレットの撤去が終わったコインは、 今後取引のためにプラットフォームに戻ってくることはありません。

ユーザーは、2018年3月30日までに撤去が決定している通貨のウォレットから出金する必要があります

Bittrexチームによると、いくつかの仮想通貨はブロックチェーンが断続的になっているそうです。

断続的なブロックチェーンになっている通貨の存在は、ユーザーが残高を引き下ろすのを妨げるきっかけとなりました。

「星印のついたコインは、断続的なブロックチェーン、もしくは出金が許可されていない通貨です」

とBittrexは発表しました。

流動性の欠乏は価格操作を容易化する

主要の取引プラットフォームでは、仮想通貨が流動性にかけていたり、プラットフォームにおけるユーザーの需要が低かったりした場合、取引する上で安定した板を維持させることがとても難しくなります。

また、流動性の欠乏は、価格操作を招き得ます

価格操作は、仮想通貨トレーダーSyrivain Ribes氏(以下、リベス氏)の研究でわかったように、50,000ドルほどの資金のやりとりなどからでも始まります。

スリッページ(様々な理由で注文価格と実際に約定された価格に生まれてしまう価格差)が起きる取引方法を使い、取引プラットフォームで、50,000ドル価値の特定の仮想通貨を売り、それによるコイン価値の影響をはかります。

リベス氏は、OKExやGDAXのような主要な取引所での流動性を調査しました。

GDAXでは1%のスリッページが発生した一方で、OKExなどの取引所低時価総額な小規模通貨は、50,000ドル売られるたびに、2%から10%の下落を果たしました。

ウォッシュ・トレード(実際に売買する意志もないまま、第三者を騙す目的で行う見せかけの売買)と人工的な価格上昇は、まったく規制されていない市場では当たり前のものだったに違いないでしょう」

とリベス氏は述べ、以下のように付け加えました。

「多くのペアは、500万ドルほどの出来高がありますが、わずか50,000ドルの資産を清算するだけで、10%以上スリッページによる費用がかかる場合があります」

ウォッシュ・トレードと価格操作は、主要の取引プラットフォームではよくあることで、小規模仮想通貨や低出来高仮想通貨との取引では起こりやすいことです。

最近、米国証券取引委員会(SEC)は、投資家に仮想通貨市場でよくみられる価格操作により利益を出す計画に対し警告しました。

米国証券取引委員会(SEC)は以下のように発表しました。

「詐欺師は、大抵新たな誘惑方法と新技術を使って、被害者になり得る人々が詐欺師に投資するように説得します。

こういった詐欺には、価格操作により利益を出す計画や、新技術の提供をすることを約束した上で、公式取引会社を伴っての市場操作計画などが含まれます」

米国証券取引委員会の関与

今月初め、米国証券取引委員会(SEC)は、ICOトークンの廃止、もしくはトークンの支持を続けるためには登録を行うことを依頼しました。

CoinPostの関連記事

米証券取引委員会(SEC)公式声明:未登録の仮想通貨取引所は違法状態
米証券取引委員会(SEC)は、国内の仮想通貨の取引所はSECの登録なしでは違法状態である、と公式声明を出しました。アメリカでは国と州で各々が規制制度が検討している関係で、日本ほど国による取引所の管理がうまくいっていないようです。

Bittrexのようなアメリカを拠点としている仮想通貨取引は、トークン取引を行う前に米国証券取引委員会に登録することが義務事項となっています。

今後数カ月で、いくつもの主要取引ペアはリストから除外され、そして市場操作されてしまう小規模仮想通貨の取引は廃止されるでしょう。

Bittrex Will Remove 82 Tokens Due to Lack of Liquidity in Small Cryptocurrencies

Mar 16, 2018 by Joseph Yong

参考記事はこちらから
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/19 日曜日
12:00
ビットトレードのビットコイン・ピザ・デー記念キャンペーン シバイヌなどが当たるチャンス
暗号資産(仮想通貨)取引所ビットトレードの特別企画。ビットコイン・ピザ・デーを記念して、シバイヌ(SHIB)やドージコイン(DOGE)も含む豪華景品が当たるラッキールーレットキャンペーンが開催される。2024年5月20日から24日までの期間限定。
11:30
オプション市場では6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中、翌週の展望は?|bitbankアナリスト寄稿
CPI発表後のテクニカル分析や6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中するオプション市場を踏まえ、bitbankのアナリスト長谷川氏がビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊ニュース|金持ち父さん著者キヨサキ氏のBTC投資推奨に高い関心
今週は、金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏による仮想通貨ビットコイン・金・銀投資の推奨、ジャック・ドーシー氏のビットコインについての発言、GameStop株やミームコインの暴騰に関するニュースが最も関心を集めた。
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア