CoinPostで今最も読まれています

国内初のトロン(TRX)上場先、仮想通貨取引所BITPointとは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

国内初のトロン上場

暗号資産(仮想通貨)トロン(TRX)を国内で初めて上場した取引所として、BITPointへの関心が集まりました。

トロンは、ゲームや動画などのデジタルコンテンツに特化した分散型(非中央集権型)プラットフォームであり、クリエイター支援やエンターテイメント業界の発展を目的に掲げています。

イーサリアム(ETH)ブロックチェーン規格の「ERC-20」基盤で開発されましたが、18年5月のメインネット「Odyssey 2.0」稼働で独自チェーンへと移行しました。

イーサリアム同様にスマートコントラクトを実装しているため、プラットフォームを用いた独自トークン(TRON-20)の発行やdApps(分散型アプリケーション)の開発が可能です。

TRONプロトコルと互換性を持つサイドチェーンプロジェクトとしては、メインチェーンと同じDPoSコンセンサスを使用する「DAppChain」があります。

TRON公式サイト

イーサリアムの送・受金時のトランザクション処理能力が秒間25件とされる中、トロンは秒間2000件に対応できるとされており、高い処理性能にも定評があります。

関連:トロン公式サイト

トロンの価格推移と上昇の背景

トロンの価格は年初に2.79円台でしたが、ビットコインなど仮想通貨の強気相場に伴い大幅上昇。4月18日にはおよそ6倍となる18円台まで高騰しました。21年4月19日時点で時価総額18位、18年1月の過去最高値26.24円に迫っています。

出典:coinmarketcap

大幅上昇の背景としては、以下のような材料が挙げられます。

  1. TRXのバーン(焼却)
  2. DeFi(分散型金融)インキュベーター「DuckDAO」との提携
  3. 「JUST NFT」ファンドの設立

TRXは、バイナンスコイン(BNB)同様、定期的にバーンしており、21年3月には1億円相当の約850万TRXが焼却されました。市場供給量が減少することでその希少性が担保される仕組みです。メインネットローンチ時にも、総供給量1000億TRXの1%にあたる55億円相当の10億TRXをバーンしています。

デジタル資産インキュベーター「DuckDAO」との戦略的パートナーシップにより、TRONブロックチェーンでアクセスできるようになりました。TRX基盤のDeFi(分散型金融)プロジェクトの開発促進が期待されます。

TRON Foundation Limitedの創設者であるジャスティン・サン氏による積極的な発信も業界の関心を集めています。

2019年6月には、トロンの創業者であるジャスティン・サン氏が、大手持株企業バークシャーハサウェイ社のCEOで、著名投資家のウォーレン・バフェット氏との「会食権」を歴代最高額の5億円で落札して大きな反響を呼びました。

関連:米富豪のバフェット氏、仮想通貨トロン財団CEOと会食へ|過去最高の5億円で落札

2021年以降は、市場規模拡大の著しいNFT市場へのアプローチを強化。 TIMEマガジンのNFT(非代替性トークン)を落札したほか、高額アート特化型の「JUST NFT」ファンドの設立を発表しました。

関連:仮想通貨トロン創設者、NFT高額アート特化型の「JUST NFTファンド」を設立

トロンの取扱いはビットポイントのみ

リミックスポイント傘下の国内仮想通貨取引所ビットポイント(BITPoint)は21年3月、TRXの取扱いを開始しました。TRXを取扱う唯一の国内取引所であるビットポイントの特徴を紹介します。

セキュリティ

ビットポイントは、顧客の資産管理を最重要課題と位置付けています。具体的には、ログイン時の二段階認証、資金移動時のメール通知システムを導入していることや、ホットウォレットの堅牢な管理体制、即座に異常を検知できる24時間365日の監視体制を敷いていることなどが挙げられます。

1. BITPOINTとBITPOINT PRO

ビットポイントでは仮想通貨の売買手段として、「BITPOINT」と「BITPOINT PRO」の2種類のサービスを提供しています。

「BITPOINT」では、売買したい銘柄の数量を入力するだけで簡単に取引ができるため、投資初心者に向いています。一方、「BITPOINT PRO」では、レバレッジ取引や売買板で成行・指値・逆指値の注文ができるため、株式投資経験などがある中・上級者向けのサービスとなっています。

2. 「貸して増やす」レンディングサービス

「貸して増やす」は、同社とユーザー間で消費貸借契約を締結し、ユーザーが保有する仮想通貨を貸し出すことで、貸借料を受け取ることができるサービスです。貸出時に「自動更新」を選択することで、更新前の貸借料を含めて再契約が可能。

同サービスを利用するには、公式サイトやアプリ上での募集に対し応募する必要があり、応募多数の場合は抽選となります。

3. 即時出金サービス

手数料無料でリアルタイム出金できるというメリットがあります。

取扱い銘柄一覧

ビットポイントでは、以下の7銘柄を取扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • XRP(リップル)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/28 水曜日
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧