ビットコイン上位銘柄で週間騰落率1位に・イーサリアムの週間取引量は減少傾向 CoinPost週次データレポート

仮想通貨市場の動向

6月第2週の暗号資産(仮想通貨)市場。週末6日に米マイアミ市で開催された「ビットコイン・カンファレンス」でエルサルバドルのブケレ大統領はビットコイン(BTC)を法定通貨に定める法案を提出する方針を示すと、9日には議会に法案を提出。同日、法案は可決して、世界初の事例となった。

ビットコイン(BTC)は9日には一時31,000ドル台まで下落したものの、その後6,000ドルの上昇を見せるなど反発。14日には5月26日以来となる4万ドル台を回復した。

出典:CoinMarketCap

イーサリアム(ETH)も下落基調で12日には2,300ドル台まで続落。取引量も一時期より低下した。

出典:CoinMarketCap

関連: 世界初、ビットコインを国の通貨に?専門家に重要性を聞いた 【動画解説】

時価総額TOP20の騰落率

時価総額上位銘柄の週間騰落率は以下の通り。(ステーブルコインは除く:14日時点)

ビットコインのオンチェーンデータ

ビットコイン(BTC)関連の注目のオンチェーンデータは以下の通り。

Taproot、ロックイン完了

CoinPostでも報道した通り、約4年ぶりとなるビットコインの大型アップグレード「Taproot」のロックインが12日、完了した。5月よりTaproot支持を示す「シグナルビット」を含むことが可能になるSpeedy Trialが実施されており、2016ブロックの90%(≒1815ブロック)を超えることでTaprootの導入が決定する仕組みとなっている。

Taprootの本格的な実装はブロック高709,632時点、時期的には11月頃に行う。主なメリットとしては、プライバシー機能の向上やライトニング・ネットワークなどの諸コスト削減などが挙げられる。

TaprootはSegWit以来とされる、ビットコインの大型アップグレード案。シュノア署名やMASTといった新技術を導入することで、ビットコインのプライバシー機能やスケーラビリティの向上などが利点として挙げられている。1月時点でも、すでに9割の大手マイニングプールが原則的な合意を示していた。

関連:ビットコインの大型アップデート「Taproot」の実装テスト開始

ビットコインのメイヤー倍数、20年3月以来の水準に

また8日には、ビットコインの「メイヤー倍数」(Mayer Multiple)が、20年3月以来となる低水準「0.79」を記録した。

出典:Buy Bitcoin Worldwide

メイヤー倍数は、「ビットコインの現在価格」を価格の長期的なトレンドを見るために使用する「200日移動平均線」で割った指標で、これまでのチャートと比較して現在の位置を測るものだ。著名仮想通貨投資家のTrace Mayer氏が独自で考案した仮想通貨専用の指標である。

一般的な株式と同様に、ビットコインの本質的価値を長期スパンで判断するために考案されたもので、倍数が「2.4」を超えると買い過多、「1.0」を下回ると売り過多を示す。

過去のデータによれば、メイヤー倍数が1.0を超えた場合、ビットコイン価格上昇タイミングと重なる傾向にあることが指摘されており、長期的なBTC分析に用いられる。15年6月には、16ヶ月ぶりに1.0を突破してからBTC価格が約100%上昇した。

出典:CoinMarketCap

なお、15日時点のメイヤー倍数は「0.92」。2021年1月上旬と2月に「2.4」を超えた時期があったが、5月中旬の暴落を経て、約1年ぶりに1.0を下回った。

イーサリアムのオンチェーンデータ

イーサリアム(ETH)関連の注目のオンチェーンデータは以下の通り。

ETH2.0 ステーキング額

ステーキングはブロックチェーン上で仮想通貨をロックすることで、配当として仮想通貨を得る資産運用手段を指す。前週から約2.4%ステーキング額は増加した。

総ステーキング額:約545万ETH(先週:約532万ETH)

出典:CryptoQuant

関連:仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

ETHのオンチェーン取引量

7日平均のイーサリアム・オンチェーン取引量は5月中旬以降、減少傾向にあることが伺える。

DeFi(分散型金融)

DeFiプラットフォームのTVLは6億ドルと前週比では0.5%の増加を見せた。TVL(Total Value Locked)は、DeFiプロトコルへ預入れされた仮想通貨資産の総ロック額を指す。

出典:Defi Llama

UNI、CAKE前週比推移

DeFi上位銘柄のユニスワップとパンケーキスワップの前週比は以下の通り。(12日時点)

  • ユニスワップ(UNI):21.62(-6.0%)
  • パンケーキスワップ(CAKE):15.97(-6.6%)

関連:PancakeSwapが稼働するブロックチェーン、バイナンス・スマートチェーンとは

NFT上位銘柄:前週比

NFT(非代替性トークン)関連銘柄の騰落率は以下の通り。(12日時点)

  • シータ(THETA):7.95(-11.3%)
  • チリーズ(CHZ):0.290577(6.9%)
  • エンジンコイン(ENJ):1.24(-17.7%)

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

クリプト指標

          
日程 指標
6/15 Secret NetworkはBSCブリッジをローンチへ
6/17 ビットコインETF VanEck社に対するSECの可否判断

Secret NetworkはBSCブリッジをローンチへ

6/15

2021年6月15日、Secret Networkはバイナンス・スマートチェーンとの接続をメインネット上でローンチ予定。

バイナンス・スマートチェーン上の資産をSecret DeFi(SecretSwapを含む)で使用したり、ETHベースの資産にスワップすることができる。また、ユーザーはプライバシーの確保と低い取引手数料を受けることができる。

ビットコインETF VanEck社に対するSECの可否判断

6/17

米SEC(証券取引委員会)はVanEckとCboeが申請する仮想通貨BTCの上場投資信託(ETF)に対し、判断を6月に延期するとしていた。最初の判断は4月29日前後だったが、SECは今回の書類にて、それに対する判断の日程を45日間延期し、次期判断を6月17日前後と認定している。

参考:米SEC、VanEckのビットコインETF判断を6月に延期

前回の週次レポートはこちら:ビットコイン暴落前後をデータから読む、その時仮想通貨投資家は

重要ファンダ情報などのクリプト指標カレンダーは、CoinPostアプリ(iOS)、TAOTAOアプリ(iOS/Android版)で好評配信中。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説|寄稿:Bit仙人

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します