CoinPostで今最も読まれています

Enjin(エンジン)、米企業と共同で歴史遺産NFTを発行へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ピラミッドがNFTに

ブロックチェーン技術を用いたエコシステムの構築と、NFT(非代替性トークン)関連の開発で知られているEnjinは17日、歴史的建造物のデジタル化を手掛ける米Virtual Worldsとの提携を発表した。

今回の提携により、Virtual Worldsはエジプトのピラミッドやスフィンクスなど、有名な建造物のレプリカをNFT限定セットとして制作開始する。デジタル化された歴史的建造物がNFTとして発行されるのは今回が初の事例となる。

NFT

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。

▶️仮想通貨用語集

Virtual Worldは今後、解像度60Kの測量スキャン技術を使い、世界中の歴史遺産をリアルに再現し、新たなインタラクションを可能にするとのことだ。これらのNFTは、Virtual Worldsのプラットフォーム内にあるバーチャル空間に設置できるようになる。

今後は、ペルーのマチュピチュ遺跡などもコレクションに追加する予定だという。

バーチャルコンテンツの新たな楽しみ方を提案

Enjinより提供

提携の初期段階においては、まずNFTを活用したゲーミフィケーションが提供される予定となっている。

プレイヤーは3D環境で歴史建造物のNFTを入手できるトレジャーハントに参加し、Enjinプラットフォームのスマートコントラクトを利用して、獲得したNFTをウォレットに送ったり、EnjinのJumpNetブロックチェーンをはじめ、Ethereum、Polkadot、Efinityなどの分散型マーケットプレイスで取引したりすることができるようになる。これらのNFTは今後、Enjinエコシステム内のVRやARアプリ、3Dゲームとも連携可能になる予定だ。

またVirtual Worldsは、レースや対人ゲームなど、リアルで高精細な環境を舞台にしたゲームを制作し、古代の歴史や文化的に重要なランドマークとゲーマーを結びつけるような構想のようだ。

今回の提携に関し、Virtual Worlds社CEO Elliott Mizroch氏は次のコメントを発表した。

Virtual Worldsは、世界的に重要な芸術品やモニュメントを新しいデジタルエコシステムに導き、次世代のために保存するとともに、これまでにない方法でアクセスできるようにします。Enjinの技術によって、過去の世界遺産が共有され、デジタルな未来に生き続けることができるのです。

EnjinのCEO Maxim Blagov氏は、Virtual Worldとの提携についてこのように述べている。

Virtual Worldsは、3Dグラフィックスとユーザーエクスペリエンスの最高の融合をNFTで実現させます。これは、NFTがいかにプレイヤーを惹きつけ、新しい仮想世界と経済を創造し、すべてのデジタルエコシステムを1つのマルチバースにつなげることができるかを示す、新たな事例となるでしょう。また、1対1のレプリカを通じてデジタルと現実世界をつなぐ素晴らしい機会でもあります。

Enjin社によるこれまでの代表的な取り組み

2009年創業のEnjinは、NFTを活用したゲームプラットフォームを提供するシンガポール企業。同社のEnjin Networkというゲームコミュニティ・プラットフォームでは、月間プレイヤー数1.2億、累計販売本数2億本を超える大人気ゲーム「マインクラフト」とブロックチェーンで連携した、オープンソースのプラグインツール「EnjinCraft」を提供中。

また、同社のメタバース(仮想世界)プロジェクト、MyMetaverseでは、マインクラフトにおける土地の所有権を「NFT」としてローンチしたことを発表した。現在、Enjin Networkは2,000万ユーザーを超えるプラットフォームに成長している。

関連:エンジン(Enjin)基盤のバーチャル空間プロジェクト、マインクラフトの土地をNFTに

Enjinは今月10日にヘルスエンゲージメントとテレヘルス(遠隔医療)のサービスを展開する、米Health Hero社とのパートナーシップを締結しており、先月5月12日にも、国内エンターテイメント大手のエイベックス関連会社との提携を発表したばかりだ。

関連:Enjin(エンジン)、ウェルネスアプリ開発のHealth Heroと提携発表

関連:仮想通貨プロジェクトEnjin(エンジン)、エイベックス・テクノロジーズと提携

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/23 火曜日
08:00
ウィンクルボス兄弟出資の英サッカークラブ、7億円相当のビットコインを購入
ビットコイン億万長者のウィンクルボス兄弟が設立した投資会社ウィンクルボス・キャピタルは4月に、レアル・ベッドフォードに7億円を投資している。
07:35
トランプ氏再選でビットコインが米国準備金に? 専門家の見解
米政府が仮想通貨ビットコインを準備金にすることは不可能ではないとDAIMのCEOが発言。この政策は共和党のDonald Trump氏が今週のイベントで発表するとの憶測が広まっている。
07:00
仮想通貨取引所Gate、日本国内向けのサービス提供終了
海外の仮想通貨取引所Gateは22日に日本の金融規制を遵守するために、日本国内向けのサービスを終了することを発表した。
06:30
米政府、6.26億円相当のビットコインをコインベースへ送金
米政府は未だ2.27兆円の価値に相当する21.3万 BTCの仮想通貨ビットコインを保管している。
06:00
米SECがイーサリアム現物ETFを最終承認、取引は23日より開始へ
SECは各仮想通貨イーサリアム現物ETF銘柄への最終承認(S-1登録)を行い、正式にゴーサインを出している。
05:45
東証上場メタプラネット、2億円相当の仮想通貨ビットコイン買い増し 
ビットコインが週末に上昇したことや買い増しを続けていることが好感されメタプラネットの株価は月曜日に19.31%上昇した。
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア