金融庁、DeFi(分散型金融)などフィンテック関連の活動報告書を公開

FinTech Innovation Hubの活動報告

日本の金融庁は7日、「FinTech Innovation Hub活動報告 第2版」レポートを公開。暗号資産(仮想通貨)やDeFi(分散型金融)を含めたブロックチェーンに関する取り組みについても紹介した。

FinTech Innovation Hubは、ブロックチェーンなどフィンテックに関する最新のビジネスやトレンドを把握し、今後の金融行政に役立てていくことを目的として、2018年に金融庁が設立した組織。日本経済新聞社とのフィンテックの国際シンポジウム「FIN/SUM」の共催やBlockchain Governance Initiative Network(BGIN)への貢献などの活動実績がある。

DeFi

DeFi(分散型金融)とは、ブロックチェーンを活用し中央管理者不在の状態で行われる金融サービス、またはそのシステムを指す。

▶️仮想通貨用語集

DeFiなどに対する取り組み

20年夏ごろから急速に拡大し大量の資金が流入しているDeFiについて、金融庁は以下のように見解を記した。

ブロックチェーン技術に基づく分散型金融システムでは、仲介者がいない完全にP2P(Peer to Peer)の金融取引を実現する可能性があります。

そうした分散型金融システムは、様々な機会や便益をもたらし得る一方、既存の規制の執行能力が失われる恐れもあります。

また、FinTech Innovation Hubでは、DeFiにおける複数のガバナンス上の課題に取り組んできたと説明。DeFiを含むブロックチェーン関連の取り組みについては、以下のようなものが挙げられている。

  • 国際カンファレンスBG2Cで、DeFiのガバナンスの重要性を議論し、その他ブロックチェーンに関わる幅広いテーマを議論
  • BGINに、ステークホルダーの一員として関与し、DeFiの重要論点についてドキュメント策定などを行う
  • FATFガイダンス改訂に係るアウトリーチ会合において、BGINでの議論の成果を踏まえ、ガイダンス策定の議論への貢献

2020年8月24日、25日に開催された国際カンファレンスBG2C(Blockchain Global Governance Conference)では、ブロックチェーンやDeFiのガバナンスのあり方について、幅広いステークホルダーが参加し議論。その他ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)のコミュニティや、中央銀行デジタル通貨(CBDC)についても話し合われた。

2020年3月にブロックチェーンコミュニティの持続的な発展のために設立されたBlockchain Governance Initiative Network(BGIN)。その設立に貢献しており、「Blockchain Global Governance Conference (BG2C)」や「BGIN第1・2回全体会合」において、世界中から集まったステークホルダーとDeFiにおける諸課題について議論も行った。

BG2Cでは、遠藤金融庁元長官が講演し、DeFiの可能性や規制の必要性について語っている。

ブロックチェーンに基づく分散型金融システムにおいては、高いプライバシー性と耐改竄性を有した、仲介者がいない完全にP2Pの金融取引を実現する可能性がある。その中では、既存の規制の執行能力が失われる恐れもある。

こうした分散型システムにおいても、金融の安定、消費者保護、AML/CFTといった規制目標を達成し、イノベーションがもたらす社会的な便益を享受するために、我々規制当局は、今まで出会ったことの無いステークホルダーとも調整をする必要があるかもしれない。2019年のG20では様々なステークホルダーとの対話の重要性について合意が得られた。

また、21年4月にBGINにより行われた、FATF(金融活動作業部会)ガイダンス改訂に関する会合では、規制目的を達成するために必要な論点(規制範囲の明確化、P2P/M2M取引の拡大による規制執行能力の低下リスクなど)が提示されたが、そのガイダンス策定の議論に貢献している。

FATFは3月に仮想通貨ガイダンスの最新更新案を公開しているが、これまでの世界的なコンセンサスを覆す問題点が多く含まれると、米ワシントンDCに拠点を置く仮想通貨業界団体、コインセンター(Coin Center)が警鐘を鳴らしている。また、日本暗号資産ビジネス協会(JBCA)も、ガイダンス内容に対して関係者の意見を取りまとめた意見書をFATFに提出するなど各方面から批判が出ていた。

関連:日本暗号資産ビジネス協会、仮想通貨の新ガイダンスに対する意見書をFATFに提出

FIN/SUM開催

金融庁およびFinTech Innovation Hubは、2016年から日本経済新聞社と複数回にわたり、国際フィンテックカンファレンス「FIN/SUM」を共催している。

直近の3月に開催された「FIN/SUM 2021」は、ブロックチェーンやDeFi、デジタルアイデンティティなどの先進的なテーマについて、50人を超える有識者登壇し議論。日銀黒田東彦総裁が、日銀が主導して開発を進めるCBDCについて、「この春からは、いよいよ実験を開始する予定です」と言及するなど注目を集めるイベントなった。

関連:日銀黒田総裁「この春からデジタル通貨(CBDC)の実験を開始する」FIN/SUM2021で言及

日銀もDeFiをレビュー

DeFiなどの分散型金融技術については、前述の通り、金融庁およびFinTech Innovation Hubは、その可能性とともに規制の必要性やリスクを指摘しているが、日銀もDeFiについて言及している。

4月、日銀の決済機構局に所属する北條真史氏および鳩貝淳一郎氏が仮想通貨に関する「自律的な金融サービスの登場とガバナンスの模索」のレポートを公開。

同レポートは、DeFiの仕組みを紹介するもので、暗号資産のスワップや貸し借り、イールドファーミング、デリバティブ、カストディ、保険、ガバナンストークンなどに幅広く触れている。

また、金融安定理事会(FSA)の報告書を引用し、DeFiなどの「分散型金融技術」がもたらしうる潜在的メリットのほか、規制による利用者保護の欠如やスマートコントラクトの不具合といったリスクも伴うと説明。「規制で禁止しようとしても、自律的に稼働し停止不能であるうえ、改竄耐性が高く不正があっても後から修正するという方法を取ることが難しい」とし、規制の難しさについても指摘した。

関連:日銀決済機構局がDeFi(分散型金融)レビュー、潜在的メリットとリスクにも言及

著者:T.Kobayashi
参考:金融庁(レポート) , 金融庁

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します