マスターカード、仮想通貨分析企業CipherTraceを買収へ

ブロックチェーン分析企業を買収へ

米決済大手マスターカードは9日、ブロックチェーンデータ分析企業CipherTraceを買収すると発表した。

今回の買収は、マスターカードが暗号資産(仮想通貨)やNFT(非代替性トークン)を含むデジタル資産領域に参入するための取り組みの一環である。CipherTraceの技術を取り入れてセキュリティを高め、デジタル資産のエコシステムにいるユーザーが安心して新しい技術を利用できるように取り組んでいくという。

マスターカードはこれまでも仮想通貨やブロックチェーンという新しい技術に関心を示してきた。今回の発表では、消費者や小売店、企業らに対し、デジタル上の価値の利用について、より多くの選択肢を与えたいと説明。

また、これまでの取り組みとして、仮想通貨のカードを作るためにUphold、Gemini、BitPayと提携したこと、中央銀行デジタル通貨(CBDC)のためのプラットフォームの開発・実験を行なっていること、ブロックチェーンやNFTの利用拡大をサポートするプログラムを立ち上げたことを挙げた。7月には仮想通貨決済の本格導入に向けて、ステーブルコイン「USDC」を活用してテストを行うことが明らかになっている。

関連マスターカード、仮想通貨決済導入へ前進 USDCを活用したテスト実施へ

USDCとは

米ドル価格と1:1の価値となるように発行されているステーブルコインで、コインベースとサークルの共同事業体「Centre」が発行。ステーブルコインの中では、テザー(USDT)に次いで2番目に多い流通量を誇る。

▶️仮想通貨用語集

関連仮想通貨取引所コインベースとは|投資家向け情報と注目ポイント

CipherTraceは、詐欺への対策やマネーロンダリング対策(AML)など、金融犯罪捜査のためのソリューションを提供している企業。今回発表のプレスリリースによれば、900超の仮想通貨に対応している。顧客には世界各国の大手銀行や取引所、その他の金融機関が含まれ、世界の7,000以上の企業らにソリューションを提供しているという。

デジタル資産の普及のために

マスターカードは、デジタル資産が日常生活に浸透してくるにつれて、広く普及するには信頼とセキュリティが重要になると説明。新しい技術には新しいソリューションが必要で、従来の決済手段と同様に安心して利用できるようにしていくべきであると述べている。

これからCipherTraceのデジタル資産に関する技術と、マスターカードのサイバーセキュリティのためのソリューションを統合し、企業がリスクを認識したり、デジタル資産の規制に対応したりする取り組みを、透明性を高めてサポートしていくという。

マスターカードでセキュリティに関するプロダクトの開発チームを率いるAjay Bhalla氏は、今回の買収について以下のようにコメントを寄せた。

 

デジタル資産は、日常的な支払いなどの商業活動を再考させる可能性を秘めている。経済を変革し、効率性を高め、より多くの人々に金融サービスを提供できる可能性がある。

 

デジタル資産のエコシステムが急速に発展するにつれて信頼性や安全性を高める必要があるため、これからCipherTraceと協力していきたい。

買収に関する取引は年末までに完了する予定。買収額など契約に関する具体的な条件は明かされていない。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します