サッカーのNFTゲーム「Sorare」、英国の賭博委員会が調査

サッカーのNFTゲームを調査

NFT(非代替性トークン)を利用したファンタジーフットボールゲーム「Sorare」は、英国の賭博委員会から調査を受けていることが分かった。

Sorareが提供するサービスが賭博に相当するのか、運営するためのライセンスが必要かどうかを現在調べているという。賭博委員会は8日に「現時点でSorareは、賭博委員会のライセンスを取得していない」とだけ説明し、Sorareを利用するか判断する際は、この点に留意するようにと英国の消費者に伝えている。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームのデジタルアイテムやアート作品などで幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連:大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

ソフトバンクらが出資するSorareは、ユーザーが実名のサッカー選手のトレーディングカードを集めて自分だけのチームを編成し、ポイントを獲得するゲーム。現実の試合の戦績がゲームに反映されるなどの特徴を持ち、それぞれのトレーディングカードがNFTになっている。

関連ソフトバンク主導でサッカーNFTゲーム「Sorare」に出資、750億円規模のシリーズBで

SorareのNFTは今年8月、国内大手取引所コインチェックのNFTプラットフォーム「Coincheck NFT(β版)」で取扱いが開始されることも発表された。

関連仮想通貨取引所コインチェックとは|投資家向け3つのおすすめポイント

現在はSorareに明確な賭博の要素はないと見られている。しかし、サッカー選手のトレーディングカードの価値が実際の戦績に左右される点から、ユーザーが未来の試合のパフォーマンスを予想してカードを入手する行為が、賭博に該当すると判断される可能性があるとの見方も上がっている。

Sorareの見解

一方、Sorareの担当者は、CoinPostの提携メディア『The Block』に対し、以下のようにコメントしたという。

 

新しい技術のサービスを行っているため、規制に関する質問が来るだろうということは予想できていた。

 

我々は、規制が必要な賭博のサービスは提供していないと確信している。

そして「規制が必要な賭博のサービスは提供していないことは、企業の創設以来、資金調達を含む全ての段階で法律の専門家に確認してきた」とし、「我々のゲームについて連絡してくる当局とは常にオープンな対話を行っている」と説明した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します